ここから本文です
むーむーむらっちの林道公園
もしあの道をまだ覚えていたら 目覚めの音を聞かせておくれ

書庫全体表示

午前中は寺院やら景勝地巡りで時間を費やし、お昼の時間も迫る
ここまで来たら須川峠を越えて横手の焼きそばやん
残雪がたっぷりと残る雪山模様の須川峠は余裕の標高1100m超え
そんな所へ行くのにホテルに上着を忘れてくる始末
ホムセンで買った安物なので対して痛くはないが
サイズ、保温、着心地と去年末の四国九州ツーでも活躍したお気に入りであった
一関のホーマックで代りを調達し、R342を駆け上る
それにしてもなんて暑さだ
早く涼しくなりたい
真湯あたりまで高原風景でたんたんと進む
この先は高度を稼ぐためか、きついカーブなどが連続する
高度の上昇と合わせて雪壁の高さも上昇
気付けば周囲はすっかり真っ白

イメージ 1
日差しが結構あるため、意外と暖かい

イメージ 2
大阪では真冬でもこんな景色は望めません

イメージ 3
雪壁ももう少し高い状態で残っていれば嬉しかった

イメージ 4

涼しげな景色とは裏腹に写真を撮りながらなんでかなり汗だくに
須川峠につくと更に熱いものが

イメージ 6

イメージ 5
須川高原温泉

峠にある岩山からドクドクと温泉が湧いているのである
その恩恵を生かして温泉施設もあります
しかし全てが使い切れずに小川並みにお湯が流れ放題
ここに浸かればタダやん!
手で触ってみたらCMが出来る温度でした やばいっす

地図で目的の横手焼きそばの店を確認し出発
峠を越えたのでめでたく秋田県突入でっせ!!

イメージ 7
遠くに三角の頂が強烈に輝く山が見える

イメージ 8
その正体は秋田を代表する鳥海山

ちなみに峠から分岐する県道282は冬季通行止め
去年の夏走った同じ岩手〜秋田の峠越えクネクネ国道397より
国道342は圧倒的に走りやすい
直線道路の下りが長く続くため、速度が出やすいのが欠点だが
とにかく驀進できる
トレールの非力なブレーキでは恐怖さえも感じる
交通量もほぼ無く横手へ
増田から大好きな広域農道へ入り柳田にある藤春食堂へ

イメージ 9
一見、町の食堂屋さん
しかし実態は横手焼きそば四天王に名を連ねる有名店
30分程並びようやく店内へ

店内に入るとちょっと潰れそうな歴史ある民宿みたいに散乱とテーブルやらソファやらが並び
本当にここへ座っていいのか?そしてここで食うのか?と迷ってしまいそうな造り
メニューは一番安い並焼きそばが350円
トッピングごとにメニュー表示があるが少々ややこしい
ならば全てが入った特製焼きそばだ!
(キャベツ・ひき肉・目玉焼・豚スライス・麺ダブル)
なんとこれで600円!

イメージ 10
おばちゃんが一人で焼いて作っているため、混雑時は相当時間がかかります
イライラして待てない野郎は静かに退散するがよい

やきそばの味付けはあっさり目なんでズルズルと食える
少し濃くしたい場合は目玉焼きの黄身を潰してかき混ぜてみよう
かなり昼も過ぎていたので空腹も手伝ってか一瞬で食い終わる
もう一皿食いてーとこだがすでに閉店時間も過ぎていたのでやめた

満腹になり、時間も時間なので本日の宿の盛岡市へ向かうことに
本来なら八幡平と寄りたかったのだがそこまで回る時間は無いため、途中にある田沢湖だけ寄ることに
R13は普通に混んでいるので東側にある広域農道、みずほの里ロードをこれまた驀進する
快走出来る農道があるのは幸せだぜ

角館市を回避した位置の国道46へ合流
爽やかな湖岸道路を走るぜ!と思いきや突然の眠気が
焼きそばを食ったばかりのと連夜のカラオケが効いているようだ
田沢湖名物たつこ像へどう辿り着いたか記憶が全くないのはどういうことか
困った困った

イメージ 11

ちょっと休憩して盛岡の宿へ向かうもR46の峠にある仙岩トンネルで事故があって大渋滞発生!
旧道は廃道で抜け道も見当たらず
反対車線は緊急車両がたまに登っていくのでUターンもままならず
かなり待ったのち事故現場が少し片付いたのか徐々に動き出す
トンネル内で車同士の正面衝突があったようだ
さっき少し居眠り運転をしていたオイラも下手したら、、、、
今日はしっかり寝るぞ!!

宿につくとゲストが一人
以前茨城の林道を一緒に走った同じシェルパ乗りのodeonさん
かなり遅れて到着したのにニコニコ顔でお出迎え
早速夜宴の準備をしてすぐ近所のノリのいい居酒屋へ
終わるとまたカラオケへ
沢田研二祭りが始まり持ち歌を披露
おいらはヤマトより愛をこめてぐらいしか歌えませんが
今日こそは早く寝るつもりだったのに
しかしharuさんが明日佐野へ帰るため、お別れ会だから仕方がないか

この記事に

  • 炎の残雪焼きそばツーリング、最後に事故渋滞のおまけつきでおなか一杯の1日でしたね。そんな疲れも関係なく、夜宴は続くよどこまでも♪、またこんな旅ができる日が来ることを夢見て日々を過ごします(^_^;)。

    haru

    2017/8/4(金) 午後 7:38

    返信する
  • 顔アイコン

    >>haruさん
    後半はちょっと疲れが出ましたがこの時期ならばでの東北ツーリングが出来ましたね
    以前川内の居酒屋で家庭の事情でへこたれていたオイラを強くはげましてくれた事がありましたね
    haruさんの馬力ならすぐの事でしょう
    おいらもまだまだ落ち着いてはいないのでへこたれずに行きましょう

    [ むらっち ]

    2017/8/17(木) 午後 7:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事