過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

6月蚊の発生する頃となり、フィラリア薬を投与の前に、フィラリアに感染していないか血液検査を受けたところ なんと恐れていた結果がでてしまった。
 
イメージ 1
ちゃんと昨年も一昨年も欠かさず、予防薬投与してたつもりなのに・・・。
ジャックは陰性。クイーンが陽性で感染しているとのこと
結果でてから、朝から治療のために検査して、を打って フィラリアを殺してで溶かす。
夕方経過が良好ということで、退院。
ところが、車にのって少し経ったら、『ゼイゼイ ヒッヒッ』息も絶え絶えになってしまった。家に帰って、病院に連絡
再び 病院へUターン。
『危険な状態だ』ニトロ飲ませて、安定剤打って 酸素カテーテル着けて鼻の横に固定。不安そうなクイーン。
イメージ 2
後は お医者さんに任せて入院。
 
次の日の夕方 安定したというので、連れに行ってきました。
イメージ 3
 
20日間 朝夕5種7錠の薬飲ませて、やっと元気になりました。
今日診察にいって 普通のフィラリアの薬もらいました。
暑い夏を乗り切ってがんばろー。
 
 
 
平成23年度 下條村成人式が盆休み中の8月15日に行われました。
イメージ 1
51名の新成人を迎え、厳粛なうちに 式典が行われ、成人のなった若人を皆で祝い。新成人も自覚と責任をもち大人の仲間入り。
イメージ 2
中学三年生のときの生徒会目標の話が、恩師の猪切先生よりありました。
『一人一人の自信と誇り』という大きな目標だったそうですが、成人となっても 通じる目標と思います。
 
イメージ 5
成人代表 大野君の謝辞。
 
イメージ 4
 式典のあと 第1回下條大学講座として 講師に登山家・冒険家として活躍されていらっしゃる小西浩文さんを迎え『無酸素社会を生き抜く』と題して 成人式記念公演が 行われました。
 
イメージ 3
小西さんの情熱とエネルギーに圧倒されつつ、講演に聞き入りました。
自分自身もがんと戦いながらも、8000m峰14座全座無酸素登頂を目指している実践からの映像とお話しは、感動を得る 貴重な講演でした。
奥さんに先立たれ、一緒に挑戦した五十数名の仲間をなくしてしまい挫折しそうになったことからの再起。『一分一秒先は誰も保障されていない』ということばが印象的でした。
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事