建設業

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

下條村の最上部(標高800M)にある 社会福祉法人萱垣会 盲老人ホーム光の園の西側の急傾斜の法面の安全対策工事の受注しました。
イメージ 1
(裏山の法面を 掘削しなおし、小段を付け 勾配を緩くして 法面の緑化をします。)
 
昭和47年に 光の園がこの地の山を掘削し、開所して以来、施設の増築と充実を図ってきました。
近年類似した 老人ホームや福祉施設が、土石流や山崩れにより 被災され、入所されていたお年寄りが犠牲になる事故が たびたび報道されました。
ここ光の園も地形柄 急傾斜な山を背負っており、現在まで 災害こそ無かったものの 懸念されることもありました。
このたび 安全対策の工事を計画し、工事を発注され、着手にあたり、地鎮祭と工事の安全祈願祭を8月22日に行いました。
イメージ 2
祭壇と供え物
 
イメージ 5
朝から 荒縄張 工事区域内の4隅に ヘイソク 竹 榊 砂盛山。等準備しました。
 
 
イメージ 3
萱垣光英 理事長による 祈祷
 
イメージ 4
 
関係者や 施設の入所者の代表の方々に参列していただきました。
 
工事中 何かと ご迷惑をおかけしますが、完成後には より安心してすごせますように 工事をしたいと思いますので、宜しくお願いします。
 

この記事に

開く コメント(0)

住宅基礎工事と上棟式

4月に火災に遭われたお宅の住宅の基礎工事を施工させていただき、上棟式が行われました。
 
6月下旬から基礎工事に着手しました。
イメージ 1
床堀、基礎砕石工、外側の型枠の建て込みが完了。
 
イメージ 2
鉄筋配筋工の全景
本棟造りの純日本家屋 基礎面積約210㎡もあります。
地盤調査の結果も良好ですが、鉄筋量も5t近くあり、普通の住宅の3倍はあるかな。
イメージ 3
 
イメージ 4
基礎外回り配筋の状況。
 
イメージ 5
地中梁配筋状況。少し前までは 住宅の全面土間コンクリート基礎では地中梁の構造はみられなかったのですが、耐震構造及び住宅瑕疵保障の安全確保の為、十分すぎるくらいの構造になってます。
イメージ 6
コンクリートポンプ車により コンクリート打設作業。50m3も打設しました。
イメージ 7
型枠を脱型して、あとは、大工さんに引渡ししました。
 
8月は盆月ということで、お祝い事は避けたい風習もあるため、7月中の上棟式の運びとなりました。
イメージ 8
今にも 夕立が来そうな空模様です。
イメージ 9
大工の棟梁による祝詞、清め、上棟式の最中に 土砂降りの雷雨となってしましましたが、これも鎮めの雨ととらえて、家のもちが良いように、お祝いの餅投げが行われました。
火災という不幸に遭われましたが、りっぱな住宅ができる運びとなられ、一日も早い復興が出来ますように応援したと思います。
 

この記事に

開く コメント(0)

7月20日飯田建設事務所主催「平成23年度 技術者セミナー」が地場産業センターにて開催されました。
28日と二日間に分けておこなわれますが、660人余りの飯田下伊那郡下の建設業に携わる建設技術者が集まり、技術の研鑽と工事書類の作成についての講習会です。
 
イメージ 1
1)事故防止と安全対策
2)検査の概要
3)工事施工における留意事項
4)廃棄物の適正処理
5)留意事項及び連絡事項  等
について説明がありました。
 
入札制度の改革以来 受注価格の低価格競争の激化により 不正工事の防止 適正工事の施工の為、工事書類等非常に煩雑になってしまい。工事低価格受注による利益をあげることの難しさに加えて 工事施工手続き工事書類作成に膨大な時間と労力と費やさなくてはならなくなってしまいました。
技術者としては よい工事をし 地域社会に貢献したい という思いは誰しも持っていますが、なかなか思うように出来ないことに 矛盾を感じます。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

極楽峠作業道整備

極楽峠旧浪合半掘からなの巨木付近まで 森林組合の皆さんが森林整備作業に入る為の作業道を整備しました。
 
半掘 中馬街道入口
イメージ 6
 
しばらく車が通行していなっかた山道は、山側の崩落や路肩の決壊で 通行できなくなっていました。
 
イメージ 2
 
ミニバックホウを搬入し 道を整備しながら 幅員を確保。
 
イメージ 3
 
標高1,300m近くとは言え 猛暑の為 エンジンがオーバーヒートしそうな為、エンジンカバーを開けて作業しました。
 
イメージ 4
幅員2.5mは確保して、軽トラックくらいは通行して作業に通えるようにしました。
 
 
イメージ 5
「ぶなの巨木」付近までは軽トラックの4輪駆動車なら いけるようになりました。
ただし、路肩の草木が覆いかぶさっている為、ボディはキズだらけに、車底もボコボコになりそうです。路肩の軟弱な為 細心の注意が必要です。
一般車は絶対通行できませんし、方向転換もする場所がないので、遭難しますから 進入しないでください。
イメージ 1
下條山脈縦走眺めて感動コースの遊歩道を歩いてトレッキングして、伊那谷や南アルプスの絶景を楽しんでください。
(熊が出没するかもしれませんので、ラジオや鈴をつけて、人がいることを 熊に教えてあげてください)

この記事に

開く コメント(0)

極楽峠線 道路整備

極楽峠へあがる林道は、冬の間は路面凍結や積雪で通行止になっています。
イメージ 2
 
今年は 気温が低く 日陰のところにはまだ雪が残っていました。
 
イメージ 1
ゴールデンウィーク連休前に、毎年 落石や落ち葉等の除去の為に ペイローダーを上げて 路面掃除の作業に行きます。
イメージ 3
 
側溝などの落ち葉等も除去しておかないと、路肩に雨水が流れて 路肩決壊の恐れがあるため 取り除きます。
 
イメージ 4
 
法面からの落石対策等や路肩等十分ではないので、通行される場合は 十分注意して 通行してください。
展望公園からの 伊那谷を一望できるポイントは 天気が好ければ 南アルプスの眺めは最高に絶景です。
イメージ 5
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事