いろいろなこと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

日本一危険な国宝 三徳山三佛寺 入峰修行(投入堂)に行ってきました。
夕方、自宅を出発して役500㎞
イメージ 1
朝、6:30 大鳥居前に着きました。
前の晩 コンビにで買った朝飯を まだ一台も居ない駐車場でとり、正面階段へ
イメージ 12
参拝受付は8;00からなので、まだ 誰もいない受付案内所で待つことにしました。
その間 案内全図や入峰修行心得を
イメージ 23
 
イメージ 25
8:00少し前に案内所の方が見えて、受付。
イメージ 26
 
 
 
道中の安全を守ってくれる御札を頂き、靴と底の確認。登山靴同等くらいで無いとわらじ着用になる。
 
 
 
 
イメージ 27
 
響き日本一 水琴窟
イメージ 28
まだ、登山口ではありません。
イメージ 29
 
登山参拝事務所で 入山手続きをして、輪袈裟をお借りして、いざ、入山門〜宿入橋を渡って入山。
イメージ 2
 
イメージ 3
しょっぱなから こんな感じ
イメージ 4
野際稲荷 右奥にかずら坂が見えるところを登っていきます。
イメージ 5
かずら坂
イメージ 7
根っこにつかまって〜
イメージ 6
かずら坂〜文殊堂
イメージ 8
どこから登ろうか 迷います。
イメージ 9
文殊堂の手前のくさり坂 ロッククライミングじゃ
イメージ 10
文殊堂(国重文)に到着 一休み。イメージ 11
文殊堂から地蔵堂をながむ。
イメージ 13
文殊堂〜地蔵堂 これまた ロッククライミング 滑落事故で亡くなった人も出ている。
足元に木々があるから恐怖感がうすらぐけど、下は断崖絶壁
イメージ 14
地蔵堂(国重文)
イメージ 15
鐘楼堂(県文)あとで思ったけど、こんな大きい鐘どうやって運んで、取り付けたんだろう。
イメージ 16
納経堂(国重文)
イメージ 17
観音堂を回って 行くと いきなり 最終目的投入堂 が現れる。
イメージ 20
 
イメージ 18
 
イメージ 19
みごと!せり立つ岩盤のくぼみに すっぽりはまった様に 懸造り建築 日本最古らしい。
しかし、人間を寄せ付けないような、垂直の崖に 黄金比のような優美な姿。
1時間余かかったが、「来てよかった」満足感。
来た道を 登ってくる人たちに 挨拶しながら 下山。
 
行き会う人に「後どれくらい?」ってよく聞かれた。自分たちが登るときには、逢う人居なかったけど、
未知の世界へ入り込むようで そのほうがよかった感じ。
休日ともあってか、列状態で多くの人が 登ってきた。
係りの方が言ってたけど、「近年 人気が出て多くの参拝があるのはいいのでけど、道が荒れて困ります」
なるほど・・・。
下山してから、お山に登れない人も投入堂が拝める「投入堂遥拝所」へ回り、登った後を振り返りました。
イメージ 21
 本当に1300年前に 役行者が法力で投入たんだと思えた。
 
イメージ 22
 
イメージ 24
下山すると気温も上がってきて、朝一番のりでよかったと つくづくおもった。
 
帰り道 三朝温泉の割り引き券をいただいたので、温泉に漬かって、疲れを癒し、次の目的地へ
 

この記事に

開く コメント(0)

9月8日19:00から下條村民吹奏楽団の第19回定期演奏会がコスモホールにて行なわれました。
イメージ 1
今年で19回ということは、村民吹奏楽団結成してから20年が経過したとのことです。
1993年に行なわれた信州博覧会の「下條の日」のイベントにあわせてたかたちで結成され、今日まで活発に活動されています。
イメージ 2
下條中学校の吹奏楽部との合同演奏会も行なわれ、生徒のレベルアップにもなっていると思われます。
イメージ 3
村吹Jr.の演奏も披露され、小さなうちから、楽器を手にして演奏できるすばらしさと、親子でステージにたっての方も多くあり、ほほえましさを感じました。
イメージ 4
 
曲に合わせた コスチュームや団員の仕事道具を使った演奏もあり、会場を盛り上げて、アンコールの拍手が鳴りやみませんでした。
イメージ 5
人口4,000人余りの小さな村にこれだけ立派な楽団が活動を続けておられることに団員の皆さんの努力と熱意を感じました。
今後もがんばって いい音楽を聴かせてください。
 

この記事に

開く コメント(0)

4月5日 午後より しらさぎ荘社長が 昨年11月に厚生労働大臣表彰を受賞された披露と祝賀会が行われ、出席しました。
イメージ 1
 
長年 調理師として 活躍され また調理師会の発展にも寄与されたことが 認められ 栄えある厚生労働大臣賞受賞となったわけです。
おおくで湖畔の しらさぎ荘は 親田高原の辺地にありますが、料理にいろいろと工夫があり、味もよく 量も豊富で、地元ではもちろん 近隣の宴会場には ない良さがあります。
 
イメージ 2
 
奥さんの貢献度も多大です。
ますますのご活躍をお祈りします。

この記事に

開く コメント(0)

8月25日平成23年度富士総合火力演習 総合予行に行きました。
8月28日(日曜日)に静岡県御殿場市の富士演習場で行われる 略して『そうかえん』と呼ばれる陸上自衛隊が行うイベントの中でもっとも人気がある一般公開の演習ということです。本番と同様に行われる予行演習です。
イメージ 1
『チケットあるから 結構面白いし、めったにいけないから一緒に行ってみまいか』と誘われ、朝5:30に役場を4人で出発。
(後で 知ったが 入場券とるのは 申し込んでも 抽選で 倍率30倍とか 高くなかなか入手できないようだ。ネットオークションで2枚5,000円がついていた)
中央道に入ったころから、雨降りとなり、どういった会場で、どのようなことをするのか予備知識がなかったので、この降りでどうなるんだろう。と 不安を抱きながら、演習場会場にむけて車を進めました。
自衛隊員の案内が各所にあり 駐車券があったので、高塚駐車場(普段は牧草地)に車を止め、イメージ 2
雨で足元がぬかるむ中、シャトルバス乗り場に向かいました。
イメージ 3
大型バスに乗り、富士の裾野と思われるところを5分くらい乗車。
バスを降り 結構な数の人がいる中会場へ。
 
イメージ 4
大降りの雨にもかかわらず、既に 仮設のスタンドは満席(5000人位の席数?)
スタンド前面のシート席へ行きました。
イメージ 5
雨と霧で視界が悪く、傘もじゃまする為、これじゃ前見えないわ。
イメージ 6雷も鳴り出し、靴も靴下もズボンの裾もびしょびしょ。
10:10からはじまる予定でしたが、雨と雷雲が上空にあるため、開始時間を変更し、10:50からとする場内アナウンス。
富士山はどこだろう?家に帰ってから 『そうかえん』のホームページをみて判りましたが、正面に富士山があったのです。
いよいよ、演習の始まりです。
始まる前に、係り方が『後ろのひとが見えないので、しゃがんで 傘を閉じてください』との注意!『えっ!水たまりのシートの上にしゃがむの?こんなに雨降ってるのに 傘たたむの?』少しは調べてくればよかった。家に帰って帰ってから みた情報に拠れば (雨対策や 天気のいい日には暑さ対策に 重装備していくように!)とありました。革靴にスラックス ワイシャツに傘だけではまずかった。カッパは売り切れのようだし・・・・。
演習開始の前に 東日本大震災で犠牲になった方々のご冥福を祈り 会場の方全員で黙祷をささげました。
 
イメージ 7 それにしても 実弾射撃の爆音と迫力に 濡れることなど気にせず 見入ってしまった。
イメージ 8
悪天候の為、航空火力やヘリコプター演習は一部取りやめられてしまい。残念。
イメージ 9
8月28日(日)の演習本日はネット同時配信(http://www.mod.go.jp/gsdf)ライブ配信するようなので、天気もよさそうだし、見てみたいものです。
戦争を肯定するわけではないが、日本を守る為に がんばっている自衛隊の実践さながらの姿を見るいい機会となった。
 

この記事に

開く コメント(0)

商工会総会

第51回商工会通常総会が 村長をはじめ多数のご来賓ご臨席の中 開催されました。今年は会員の出席者も多く 厳しい経済状況の中 商工会に期待するところも 多き年になりそうです。
イメージ 1
 
議事に先立ち 永年勤続従業員表彰 又 役員功労表彰の伝達がありました。
イメージ 2
 
すべての議事もとどこおりなく 議決されました。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事