蔵王の大ちゃん

喜怒哀楽をかみしめながら・・・

Liberte 自由

自由 ノートに 教室の机や木々に 砂や雪に ぼくは君の名前を書く 全ての読み終わったページに 全ての白紙のページに 石 砂 紙 あるいは灰に ぼくは君の名前を書く 夜な夜なの不思議に 日々の白いパンに 愛を誓った季節に ぼくは君の名前を書く 与えられた肉体すべてに 友のおでこに 互いに差し出すそれぞれの手に ぼくは君の名前を書く 望んでもいない不在に むきだしになった孤独に 死のマーチに ぼくは君の名前を書く 取り戻した健康に 消滅した危機に 思い出なき希望に ぼくは君の名前を書く ことばの力によって ぼくは人生をやり直す ぼくは君に出すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

10年ぐらい前だっただろうか、オルセー美術館で「ミレーとゴッホ展」が開催された。 日本の新聞紙上でそれを知り、どうしても見たくて、その展覧会にあわせて当時娘が住んでいたフランスに出かけた。 ゴッホの大好きだった画家・・・フランソワ・ミレー ゴッホが大好きな私にとって、その展覧会はどうしても見逃せなかった。 本当に素晴らしい作 ...すべて表示すべて表示

フゥー疲れた!!! モン・サン・ミシェルからパリに戻った時は、すでに夜の9時を過ぎていた。 何も考えず、バスに乗っているだけだったのに本当に疲れてしまった。 そのわりには・・・遠くまで出かけたのにもかかわらず・・・ いまいち感動しなかったモン・サン・ミシェルだった。 旅も人生も同じ。苦労しなければ感動は得られないのだ! ...すべて表示すべて表示

同行している姪が、モン・サン・ミシェルへ行きたいと。宿泊せずにパリからの日帰りバスツァーで 出かけることにした。 オペラ座ちかくにある日本人用のツァー会社「マイバス社」に出かけ、モン・サン・ミシェル日帰り コースを予約した。 当日、早朝7時30分にパリを出発した。目的地まで350キロほどバスに揺られるのだ。 往復、700キロ・ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事