ここから本文です
ふじさわ昌隆 ブログ
日々奔走 今日より明日へ

書庫全体表示

帯広市の定例議会、今日は一般質問の二日目でした。
今日は大石議員の一般質問で、政権交代で補正予算の執行停止などに絡み
帯広市の影響などについて質問しました。
その中で、子ども手当になった場合、配偶者控除、扶養控除の廃止に伴った場合の
本市の影響を質問しましたが、その中で特筆すべき事が明らかになりました。

今までは、子ども手当がもらえる事で得することと、各控除の廃止により
(民主党の言い分では)若干増税になる世帯があると言うことしか言わなかった訳ですが、
ふたを開けてみるとかなり内容が違いました。

つまり、配偶者控除・扶養控除の廃止により課税限度額が下がり、非課税世帯が課税世帯になったり、そのことにより、保育料が増額になったりと言うことが分かりました。


例えば本市の場合、年収300万の夫と90万の収入のある妻、小学生と幼児のいる
一般的な世帯をモデルケースを見ると、現制度では非課税世帯であり、幼児が保育所に
通っている場合、保育料は12,300円(帯広市の場合)となります。

しかし子ども手当が施行され配偶者控除・扶養控除が廃止となると、このモデルでは課税世帯となり、48,000円の所得税がかかります。 そして、保育料は30,000円となります。


保育園の料金は年収により細かく設定されておりますが(帯広市はさらに独自に細かい料金体系にしています)両控除廃止後は保育料金は17,700円の値上がりとなり年間212,400円の負担となります。

子ども手当13,000円(初年度)もらっても56,400円の持ち出しとなり、さらに所得税が48,000円かかります。

さらに年収500万のモデルで試算しますと、所得税は49,800円から116,100円で66,300円の増税、保育料金は30,000円が37,000円にとなります。

ここで注意すべき点は、年収300万の保育料金は17,700円の値上がりに対し、年収500万の保育料は7,000円しか上がらないのです。

明らかに低所得者のほうが負担が大きくなります。

こういうのを「格差」というのではないでしょうか。

イメージ 1


このことが、今日の一般質問で明らかになりました。もちろん、これは帯広市のケースですが、
非課税世帯が課税世帯となり、保育料が上がる。このことは何一つ議論されなかった事です。

もしこのブログを見ている議員さんがいれば、自分の自治体で試算してみてください。今まで子ども手当がもらえることで喜んでいた人が、予想以上に負担増になると言う世帯が出てくるはずです。特に保育所に子どもを預けている家庭は、上記のような事が起こりうる可能性があります。

子育て支援は大いに結構ですが、配偶者控除・扶養控除は撤廃すべきではありません。

配偶者控除・扶養控除の廃止は、予想以上に負担がのしかかります。

この記事に

  • 顔アイコン

    配偶者控除・扶養控除は共に国税(所得税)だけで廃止(停止)されるのであって、地方税に関しては現行どおりというはずではなかったのでしょうか? 今回のようなことが記事として報道されるなら、民主党は、制度に対する説明が不十分且つ不明瞭なんだと思います。

    選挙用のマニュフェストはもういいから、現実に即したものを提示して欲しいですね

    [ yam*ha*an*horn ]

    2009/10/19(月) 午後 10:20

    返信する
  • 顔アイコン

    yam*ha*an*horn さんへ
    「 現実に即したものを提示して欲しいですね」と言うことですが、
    私の示した数字は市が答弁した数字です。これが現実に即した数字です。
    非課税世帯が課税世帯になる。帯広市の数字を示しました。現実に増税になります。これこそが帯広市の現実に即した数字です。私は皆さんに提示している数字は帯広市の「現実の数字」であります。それ以上のものでもなければそれ以下のものでもありません。
    先にも述べましたが、所得により健康保険料、年金保険料、公営住宅の家賃などが変わるんです。このことを理解していただければ、あなたが言う「地方税に関しては現行どおりというはずではなかったのでしょうか」と言う質問は視点がちがう、と言うことをご理解いただけると思います。

    [ kmqhg970 ]

    2009/10/20(火) 午前 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    yam*ha*an*horn さんはきっと地方税に適用されている控除は廃止ではないということを言いたいのだと思います。

    それはyam*ha*an*horn さんの言うように現状では地方住民税にかかる控除は継続という方向性を民主党は言っていますね。
    でも、ふじさわさんがはっきり書かれているように国税・所得税への控除廃止だけでこれだけの負担増が各地方それぞれの行政制度の中で発生するということです。

    自治体によって率は全国的に同じでも金額が違ってくる場合がありますよね。東京などはある種、社会福祉に関する徴収料金は財源の苦しい地方より金額的に低かったりしますね。

    [ seigi552007 ]

    2009/10/20(火) 午前 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    後期高齢者医療制度のときに保険料のバラつきがあったのもそういう理由ですね。

    そういうことを鑑みても控除はいしにより確実に所得税が増える以外にも社会福祉関係の徴収料金(国保とか年金とか)の算出基準になる数字が控除廃止で大きくなり今までより負担増になるものが続々と二次的に出てくるというのがふじさわさんの明快なご指摘ですね。

    それを帯広市においていち早く算出させ示させたのが今回のふじさわさんということです。

    皆さんもご自分の地域の議員にでも行政に算出させるよう働きかけ議会などで行政や首長から発言をさせるといいと思いますね。
    明確にご自分たちの所得税以外の部分での負担増が判明するでしょう。

    ちなみに
    『民主党は、制度に対する説明が不十分且つ不明瞭』なのではなく民主党議員自身が理解していないだけなのです。

    僕らのこういうここでの疑問点などを民主党国会議員もしくは当事者の長妻にぶつけてもちゃんと説明出来ないと思いますよ(笑)

    だって所得税だって負担増世帯は4%程度などと間違った主張をするわけですから(笑)

    [ seigi552007 ]

    2009/10/20(火) 午前 10:58

    返信する
  • 顔アイコン

    seigiさん、補足ありがとうございます。
    民主党は配偶者控除廃止を据え置くような動きに出ておりますね。
    ますます財源不足が際立っております。そして、その不足分を子ども手当ての地方負担という手法に変えているところが、地方としてさらに危惧しているところであります。
    一日も早く国会を開き、配偶者控除・扶養控除について、政策論争をしてほしいと思います。

    [ kmqhg970 ]

    2009/10/20(火) 午後 8:42

    返信する
  • 顔アイコン

    国が1箇所変えたなら、地方の管轄の部分は地方が変えれば済むでしょう。
    自分らの仕事が増えて面倒だから反対ということでしょうか。
    所得が増えたら課税額が増えるのは、当たり前です。
    増税になれば税収増になり、そのお金で増税になった人らへの支援など新たな政策が行えるでしょう。
    それなりの所得が有った人には、控除廃止前にもそれなりの課税されていおり、負担感を持っていたでしょう。
    その負担感を無くす為にあなたは自公が作った現制度を非難していないと、先ほどのあなたの批判は嘘になります。
    しかしそれには感知せずに、制度改変により所得増になる人の負担感にだけは敏感なのは説明がいきません。
    続く

    [ kam**agu*o20*0 ]

    2009/10/20(火) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    続き
    同じ負担感でも制度改変後にだけ関心があるなら、要は負担感は慣れだということでしょう。
    なら、制度改変で負担増の人にも慣れろと言えば済むだけの話です。
    自公による現制度での弱者は無視しているのは、弱者の味方をしているポーズでしかないと思います。
    自分の主張に都合のよい非課税から課税に変わるなど境目にあるサンプルを恣意的に選ぶのは、最初に反対ありきでしょう。
    国民が選んだ与党への批判は、有権者批判でもあるでしょう。
    改正案に弊害が有ると予見したのなら、それを抑える国と地方への提言をすべきです。
    それでほぼ打ち消せる程度の問題でしょう。
    その努力のそぶりは一切見せず、弊害が一部にあるというだけで他政党の政策を阻止しようと批判ばかりしているような議員は、私には不要です。

    [ kam**agu*o20*0 ]

    2009/10/20(火) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    扶養・配偶者控除:住民税も控除廃止で検討 所得税に加え
    http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091021k0000m010099000c.html

    住民税にも手を伸ばし始めるようです 削除

    [ masakis15 ]

    2009/10/20(火) 午後 11:52

    返信する
  • 顔アイコン

    kam**agu*o20*0さんの言っていることっ非常に矛盾している!!

    自公政権も時に国民が選んだ政権だ!
    そっちはダメ今は良いはおかしい!
    自公政権への批判もその時の国民への批判だ!

    masakis15さんがご指摘したことが実行されたならばまさに公約違反だ!
    住民税の控除は廃止しないと明言していたはずだ!!
    まさに嘘つき政党とはこのことであり詐欺政党だ!!

    民主党こそ不要だ!!

    ちゃんと現証が出てくるから見ているがよい!!
    一年もたたずに国民に見放され鉄槌を下されるのだから(笑)

    [ seigi552007 ]

    2009/10/21(水) 午前 2:15

    返信する
  • 顔アイコン

    何を勘違いて矛盾などと言っているのか知らんけど。
    民主の政策は批判して、前政権の自公の同種の政策は批判しないという市議の自己矛盾を指摘している。
    民主の政策への批判は、それを選んだ国民への批判です。
    市議の主張は、有権者は馬鹿だと言うに等しいです。
    自分を市議に当選させてくれた有権者への言葉として適当では無いでしょう。
    しかもその批判の根拠は恣意的に選んだサンプルによるもの。
    もしかしたら、特定の集団だけが自分の支持しているので、それ以外は気遣う必要が無いということでしょうか。

    >見ているがよい!!
    >鉄槌を下されるのだから(笑)
    まるでカルト集団の外は敵だというが如くの物言いですね。

    [ kam**agu*o20*0 ]

    2009/10/21(水) 午前 5:46

    返信する
  • 顔アイコン

    民主への批判がそれを選んだ国民への批判なら自公への民主党議員の批判もそれを選んだ国民への批判という事になる。
    テレビなどで自公批判してきた国会議員も有権者は馬鹿だと言ってたんだな。
    違うと言うなら矛盾だろ。
    都合のいい解釈だね。
    何がカルトか納得いく説明をしてみろよ。 削除

    [ 庶民 ]

    2009/10/21(水) 午後 9:29

    返信する
  • 顔アイコン

    kam**agu*o20*0 ]へ
    >有権者は馬鹿だと言うに等しいです。
    議論がずれていませんか?
    あなたは「現実に即したものを提示して欲しいですね」
    といったはずです。そして、私はこの部ログの冒頭の数字は、帯広市の現実の数字です、といいました。
    私は、私のブログで帯広市の影響を公表しました。そしてその影響を受ける市民がいるのです。その問題点を公にしたわけです。
    その問題点を、地方が、そして国が取り組まなければならないんです。

    >見ているがよい!!
    鉄槌を下されるのだから(笑)
    まるでカルト集団の外は敵だというが如くの物言いですね。

    結局、あなたの意見は偏見の何者でもないということがこの言葉から感じられますし、そのような議論のすり替えであればあなたに答えるものはありません。

    [ kmqhg970 ]

    2009/10/21(水) 午後 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    kam**agu*o20*0 くんってバカなんだ(笑)自公のいや公明党の児童手当は国税だけでやるという公約もしていないし地方自治体の負担もちゃんと納得してもらい議会でも予算措置を通してもらっている。

    民主党は国税で賄うと選挙前にちゃんと公言しているのを地方負担もというふうに言いだしているだけで公約破りだろうに!!

    自公と全く違うよ政策は似通っているがな(爆)
    更には児童手当は財源捻出に控除廃止みたいな国民負担などしていない。

    どこが同じだ??そんなことも比べられないで偉そうに書くなボケ!
    有権者がバカなのではなくお前みたいなやつが個人的にバカなんだよ!!


    『特定の集団だけが自分の支持している』
    残念ながらふじさわ議員を含め公明党議員は創価学会員だけの支持を受けているわけではない(笑)
    そんな事実も知らずにデマを飛ばすな!各議員の獲得している票の約半分は学会員ではない方々の支持だ!

    ウソだと思うならば君の地域の選挙区でも学会員有権者数と公明党議員の得票数をちゃんと調べてみな!!

    君の言っていることがまったくのウソだと判明する!!

    何も

    [ seigi552007 ]

    2009/10/21(水) 午後 11:48

    返信する
  • 顔アイコン

    要は何も理解していないで自公を批判したいだけであり理論的に民主党を批判されると悔しくて訳のわからない矛盾の言い分を振りかざして反論するがまったくズレテいて笑えるくらいのバカな論理だ(笑)

    しかも悔しくてデマの学会批判まで持ち出す始末だ!!

    カルトなどといいまったく根拠のない言い方をする!カルトの証明をしてみろ(笑)お前みたいなバカには無理だなそんな議論は!

    ホントガキに言い分だよ盲目的に民主党を支持しているバカどもは!

    [ seigi552007 ]

    2009/10/21(水) 午後 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    kamなんとかも北風のグループ入り。
    嫌がらせ四天王だ。 削除

    [ 庶民 ]

    2009/10/22(木) 午前 0:52

    返信する
  • 顔アイコン

    この突っ込みどころ満載の増税に・・
    自民党は何寝てんだ!

    ってか低所得層ってこんなにも税金払ってないのが驚きだ。
    2000万ぽっちの年収で中間層でも所得税350万、住民税150万、年金健保で年120万も払わされている。
    これで扶養控除廃止で増税されて、子供手当てで所得制限?
    ふざけるな。こんな国消えてなくなれ。って本気で思った。

    ちなみに子供を保育園とか預けようとすると、最高の月8万円だと・・
    自分の居住地では。民間の託児所のほうが美味しいご飯も出てちゃんと面倒見てくれるのにね。

    TX大好き

    2010/7/6(火) 午後 3:57

    返信する
  • 顔アイコン

    認可保育料への影響は24年の4月からだそうです。民主党は住民税の年少扶養控除の廃止も24年から行うのでさらなる負担増や基準の見直しが必要です。 削除

    [ 匿名 ]

    2011/1/17(月) 午後 4:53

    返信する
  • 顔アイコン

    実際に我が家も、配偶者控除廃止の為に昨年の6月から娘の保育料が上がりました。
    我が家は主人が障害者の為、私のパート収入と主人の障害年金で生活しております。昨年、保育料が突然上がった為、市役所に問い合わせたところ、私の収入が増えたのではなく、配偶者控除がなくなったからと言われました。
    子供手当が8千円増えましたが、保育料が1万100円増額となったので、負担額が増えただけとなりました。
    子供手当に目がくらみ投票に行った方も多いと思いますが、今までの実績などを見て、しっかりと考えてから投票したほうがよいと思います。 削除

    [ 母は太陽 ]

    2011/2/21(月) 午前 6:05

    返信する
  • 顔アイコン

    配偶者控除、扶養控除は撤廃すべき。保育料に大きな差が出るのがそもそも不平等。この制度があるせいでパートの女性が年収をあえて100万以下にわざわざ抑えてる。健康なのに働かないで控除の目的で労働を大幅に抑制する人に対して非課税や減税する制度は不平等極まりない。 削除

    [ 不平等だ ]

    2011/7/9(土) 午後 7:00

    返信する
  • 顔アイコン

    不平等さん、
    専業主婦や事情があって働けない主婦の家庭はどうするのですか?
    帯広市も年収200万未満の世帯(国保加入者世帯)は約8割もいます。
    パートで共働きをしても、子育てをしている世帯は大変です。
    パートで年収を100万以下に抑えていても、現実はきびしい。非課税が課税世帯になれば、保育料金、市営住宅、国保や年金の支払いなどの料金体系は変わってしまうのです。

    [ kmqhg970 ]

    2011/7/9(土) 午後 10:14

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事