◎思ったこと。

◎ここは思ったことを書くところ。 HP→http://busino.tyonmage.com/または頭の樹で検索。

放置しすぎてる。。。

日記こちらに移転しています!

http://atamanoki.blog20.fc2.com/
















開く コメント(23)

かけることば

わかってもらえない人認めてもらっている人
何も出来ない人何か出来ている人
出来ている人が出来なかった人にその気持ちわかるよ
とか言う
でも
実際それは予想であってほんとに痛感するわけでない
安全圏での感想
そんな言葉をかけられて嬉しいはずがないのだ
気遣いだろうが
そいつをいわれた人間は空しいのさ
そっとしてほしい
だから余計
独りになっていくんだろうけど
たからリア充なんて言葉ができるんだろうけど

ネットいうのは暴言非難中傷
にあふれてる気がする
相手の素性を予想して批判したり遠ざけたり
でも
それはある意味とても貴重だ
とても現実では得られない
本音が聞ける
多くの思念に満ちてる
だから面白いそれでいい
ここはそれでいい
それを見ないでいたらもったいない
隠してたらもったいない

何か暗い。

ホームページで漫画15日に更新します。

開く コメント(0)

ホームページの絵を更新しました。 http://busino.tyonmage.com/mokuji.htm
DTM作曲コンテスト応募しました!
ほんとにこのゲーム音楽コンテスト楽しみに待っていたのだった。
1年待った!(言い過ぎか)
↓2曲まで応募可能だったので2曲応募
戦火の城内 http://www.dtmer.com/songs/show/2031
青い森と廃墟跡 http://www.dtmer.com/songs/show/2030

なるべく展開を増やすように意識して作ってみた。
どちらもゲーム音楽なので繰り返しで使えるようにして。
フィールド内を歩いているときに流れてるような
変にエフェクト使わないようにシンプルにした。
出したものは2回繰り返して終わりというかたちにしてある。
実は二つとも一日で作ったので
何かおかしなとこあるかもしれない。
でもよく出来た。たぶん。
結果を待つ。
でもみんな何かレベル高すぎる。参加者もいつもの倍以上だ。

アニメを作ってます。
実はいくつか完成しているんですが
どう公開しようか考えています。

またアニメとか借りてきて見ました。
カフカ田舎医者と
劇場版クラナドと
みなみけおかわり
キサラギ

カフカは「頭山」の山村浩制作の20分くらいのアニメで
文化庁メディア芸術祭で大賞とったり
とにかくいろんな賞をとりまくったアニメ

表現がとても特有で感覚的でうまくよかった。
でも一度見ただけでは理解できず何度か見た。
そのDVD特典のインタビューの中で山村浩が
アニメにするのは言葉に出来ないもの感覚的ものを
表したいからわざわざアニメにするのであってそれを
どこかで弁論しあうとか
ここはこういう意味だとか解析しあうのは違うと言っていた。
(ここまでいっていたか忘れたけど)
なるほどと思った。
言葉で言えないもの感覚的もの。
こういうものは雰囲気を感じるものなのかもしれない。
そう思った。

キサラギよかった。展開とか伏線、推理しあうシーンが
よかった。三谷幸喜の「12人のやさしい日本人」に
少し似ている感じもしたけど
正体が現されていくところとか
意味があった事がわかるところとか面白かった。
2回くらい見た。
劇場版クラナドはひどかった。あれはいかんと思った。
監督は出崎統というあの「あしたのジョー」を作った人宮崎駿と並ぶほどの
人だというのも知っていたが
雰囲気壊していると思った。あの人が監督するものじゃないだろ。
パンとかカメラとか止め絵とか効果がとにかく何か古臭い
あの人はセル画アニメのときの表現がうまい人だと思う。
デジタルでやれる事を熟知していると思えない。(言い過ぎか)
とにかく全部見終えるのも辛かった。(言い過ぎ)

みなみけおかわり。作画崩壊してる。
ニコニコ大百科見たけど何か
評価悪いみたい。これから見ていく。

何か酷評ばっかだ。


人が自分を見て受ける印象や感じること
それが本質と食い違うことがある
勘違いや思い込み
だがそれは仕方ないことだ
人同士というのは頭を交換しない限り
感覚も感情も何もかも理解することはできない
(と寄生獣でも言ってた)
だからこう対応し合っているときというのは
本質ではないのだ
そんなことでわかるわけがないのだ


でも雰囲気だけでわかるということがある
だがそれは「勘」なのだ
理解したわけではない
偶然当たることでわかったつもりになるな
事実は少し食い違うものだ

人間には本音とたてまえ
やはりそれはあるものだろ
僕はそいつを否定されたくはない
それでいいと思っていたいがやはり実際はこうであってほしい。
そうした二つの相反した逆の考え意見
どちらも存在するものだ
自分は常に二つの逆の考えを持っている。

だから僕は自分の意見をすべて自分でもやっぱりこうだとか
そうは思っているがとか、でもこうだとか
とにかく決めたりはしない。
俺は決めておくのが嫌いだ。(前にも言ったが)

だが決めなければならないときもある
そのときは選ぶ
だが完璧だとは思わん

俺は天才だ。
だから俺に間違いはないのだという気持ち
だが
俺は今一番まぬけだから上がらねばという気持ち
二つどちらも持っているのだ。

正論を言うときもあれば愚痴を言うときもあれば
ポジティブなときもあればネガティブなときもあるのだ
こいつはこういう人間だと
ひとつには絶対絞れない。

まあとにかく俺は大丈夫だ。

開く コメント(0)

嫌気

自分をそのまま通すのはいいけど
でも
誰もついてきていないと
誰も気にかけてないと
誰も何も感じていないとわかったとき
自分ひとりで何盛り上がっていたんだと
何だ何も思っていなかったのか
何勘違いしていたんだ
一人でなにやってたんだろ
それが
すごい嫌気が襲って嫌な気分になって
悲しくなってどうでもよくなって
全部消したくなってこのまま
何年も触れるのをよそうかとか
そんなことを考えてしまう。

そういう考えが時々襲うのだ
でも
次の日にはまた
もっと新たなことを始めてみようかという
切り替えにもつながったりする。

まあ嫌気から抜けるのが難しいんですが。
この繰り返し。
それが進歩につながればいい。

今日家の犬ビッキーの誕生日だった日で
もう亡くなって1年2ヶ月立つのだった。
去年のビッキーが亡くなった日11月15日は
お墓の前にバナナをお供えした。

アニメがひとつ完成。
アニメをいくつか作りニコニコようつべで
10日連続くらいで公開したいと思う。
だがいきなり始めても
誰もついてきてなければ意味がない
そこで予告作ってみようかと思う。
まあもう少しかかりますが
こんな感じでいろいろ計画中。

いろいろありますが。よろしくお願いします!

開く コメント(0)

始めること。京アニ。

最近いろいろアニメを見ている。
兄弟がよく借りてきてDVDを借りてはとにかく見ている感じ。
最近はみなみけ、クラナド、AIRとか
そんなのばっかですが
クラナドの見終わってAIR見てるんですが同じ京都アニメーションで
ゲーム原作で作り方というかパターンが似ていて
一気にどっとキャラ出すとことか始め展開速いとことことか
AIRであったこと、物がクラナドもネタにされてるとことかあって面白かった。
やっぱり京アニクオリティーが高いと思った。
京アニは涼宮ハルヒとからきすたとか作るものほとんどメジャーになってる
だが始め虫プロで仕上げをしてた八田陽子が
近所の主婦仲間と始めた会社らしい(ウェキペディア)
そういうのを見ると
何かがないとだめとじゃなくて揃えないとだめとかじゃなくて
とにかく好きで始めてやってみることが大事なんだろう。
だから自分もこういうことできないか考える。
まあ会社起こすとかまだまだ全然無理なんだが。

ケモノズメ全部見た。
結構後味が悪い話が多かったけど
物語に入り込め、そして動きがやはりうまく画面の構図や見せ方
線が多い絵柄、実写を使ったり表現がうまかった。
面白かったです。だから自分もやりたいと思った(そればっかだ)。

兄は今日の16時くらい帰った。帰る前に残りのケモノヅメ見た。
帰える時みんなで写真撮ったけど。
自分達は寝起きだったので服も寝巻きで髪の毛ぼさぼさのままだった。
そしてみんなで見送りして二人は帰っていった。

今、作品を作っているのだが。面白いことやりたいと思う。
やはりやるべきは連載ものか。

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事