A-Pad店長(雇われ)向山 志は空よりも高く

A-Padの雇われ店長。自らしっかり走ることがお店でのサービス向上に繋がると信じ、今日も競技にまい進しております。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2/24は茨城シクロクロス・土浦ステージでした。

イメージ 1
(写真:たんねん氏)

 

思い起こせば、9月初めの中国のUCIレースに出るために、真夏の河川敷で基礎練しながら『やっぱりシクロクロスは冬の競技だな』とつくづく痛感したあの頃から半年。長いシーズンでしたが、この土浦のレースで今シーズン終了。イイ形で終わりたいところ。

 

土浦は2年前のレースに出ており、今回も細かいところは違うけど、概ね前と同じようのレイアウト。

平坦の高速コースだけど、かなり徐行しないと走れないキャンバーとか、180度ターンなど鋭角なコーナーが多いコース。

 

シーズンの終盤と言うことも有り、スタート地点はのどかな雰囲気。

そんな中で今回の優勝候補筆頭は加藤ケンゴ選手。

今年に入ってJCXのレースでもかなり良い位置走ってるし、ローカルな大会で優勝もしている。

まあ、彼を中心に今日のレースが動いて行くことは間違えない。

 

そんな感じでスタート。

やはりスタートと同時にケンゴが一気に前に出る。最初から全開で後続を千切りにかかる。

もうこうなってしまうと、平坦のレースとは言えパックなんか出来なくてバラバラになる。

自分も序盤は4番手か5番手辺りで様子を見る。


イメージ 2
スタートと同時に動いたケンゴ。一気に差を付けられた(写真:岡元氏)
 

ケンゴが早くも独走態勢になっていたけど、自分の前でケンゴを追っているメンバーは明らかに余裕がなくて、恐らく中盤にタレそうな感じ。しかも、追っているメンバーの後ろに付いていると、後ろなのにあんまり楽じゃない。


イメージ 4
あえて単独で走ってペースを一定に保つ(写真:たんねん氏)
 

このコース、180度ターンが多く、1列にならないと走れないキャンバーとかも有り、パックの後方に入ってしまうとストップ&ゴーが激しくて、かえって脚を削られる。

 

そうなると、もう割り切って、前に人がいようが、後ろにいようが1時間、たんたんと個人タイムトライアルをしようと腹を決める。

他の人のポジション争いには参加せず、ただただ省エネ走法でペースを上げていく。


イメージ 3
自分と同じように省エネ走法だった代田兄さんに一旦追い付かれる。そのまま一緒に行こうかとも思ったけど、リズムが違うので、単独で行くことにした(写真:岡元氏)


 

そうこうしていると、目論見通り、ケンゴ以外の選手を抜いて、中盤に単独2位に上がった。

しかもよくよく前を見てみると、ケンゴとの距離が詰まっている。

『追い付けるなら、とりあえず追い付いてみるか』とここから追走を開始。

一気にペースを上げると足攣ったりしそうなので、少しずつ差を詰めていって、ラスト3周でケンゴに追い付く。


イメージ 5
手が届きそうな位置まで来ても、焦らず一定ペースで差を詰める(写真:たんねん氏)
 
ただ、追い付いてみたのは良いけど、そこからどう動くか全く決めていなかった。
 

とりあえず追い付いた勢いで、そのまま行ってしまえればと、長い直線で仕掛けてみたけど、やはりケンゴもまだまだ脚を残しているらしく、簡単には逃がしてくれない。

 

これで、『イイ感じの直線が有れば千切りに行こう』と言う自分の手の内を見せてしまったし、今の脚の感じも見せてしまった。

打つ手がなくなって、ここから自分を先頭に完全にけん制状態に入る。半端な仕掛けは通用しない相手だから策が思いつかない。

逆にケンゴも直線のダッシュ力を見せられてるから、アタック仕掛けるタイミングを逸していたんじゃないかと思う。


イメージ 7
ラスト2周はお互い決定打を出せずけん制状態(写真:岡元氏)


 
結局そのまま最終周回に突入したが、動きが無いまま最後の直線へ。

この直線が終わるとシケイン⇒シケインの先は1列にならないと走れないキャンバー⇒キャンバー抜けるとすぐにゴールと言う感じ。

 
つまり、シケインに先に入ったらほぼ勝利が確定する。
 

最後の直線で自分が目いっぱいしかけて見たけど、結局ケンゴは降り切れず、おまけに直線最後の緩い左コーナーで勢い余ってコーナーの外側に大きく膨らんでしまう。

 

するとすかさずケンゴがイン側から抜きに来て、外に膨らんだ分を戻そうとする自分と少し交錯。

思わず「悪りぃ、悪りぃ。ごめん!」叫びながらラインを譲る。

 

これでケンゴが先頭に立ちそのままシケインへ。

『あ。こりゃもう2位だな』と諦める。

 
しかし、ケンゴがシケイン通過後の乗車にもたつく。

それを見て反射的に左から抜いて、先頭に立つ。


イメージ 6
ゴール前の直線は短いので、先頭でスプリント開始すればその時点でほぼ優勝が決まる(写真:岡元氏)
 

そこからはキャンバー等細々した箇所を抜けて、短い直線で一気にスプリントし、そのまま先頭でゴール。

もう最後は殆どまぐれ勝ちだった。

 

振り返ってみれば、AJOCCのカテゴリー1での優勝は、20年くらい前、学生の頃に勝った富山シクロクロス以来。

思いがけず、今シーズンラストレースで勝ってしまいました。

 

とうとう40の大台にも乗ってしまいましたが、まだまだやり方次第では前より速くなれるなと感じた今シーズン。

色々得るものが有りましたが、もっと速くなれるよう、サマーシーズンもオフトレを頑張ります。

 
 

開く コメント(0)

2/17は湘南シクロクロスでした。

 

SNEL CYCLOCROSS TEAMでは、チームとしてまとまって出走するレースは今シーズンこれがラスト。

エリート男子は5名全員が集結。

これが意味するところは『チームの誰かが絶対に優勝しないといけない』と言うこと。

 

直近のレースの成績等から考えて、主軸になるのは連と、もじゃ。そして自分。

誰も何も言わないけど、今日は勝たないといけないことは全員自覚していて、JCXのレースと同じような緊張感。


イメージ 1
この布陣!逆に緊張する PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 

湘南はローカルなレースだけど、強い人もけっこう出てくる。

今回最も危険な選手は松田選手。

自分もハマる走りが出来た蔵王のレースで終盤に抜かれて負けており、とても怖い存在だと思っていたし、彼さえ抑えられれば誰かが優勝できると思っていた。

 

理想としては数を活かして、松田選手と51の展開に持ち込みたいところ。

まあ、そんなにレースは甘くないんだけど。

 

そんな感じでスタート。

 

スタート直後は予定通りSNELで列車を組んで先頭を固めたが、その中にしっかり松田選手も入り込んだ。

 

そして、2周目で早々に松田選手がアタックをかけてパックをバラしにかかる。

お互い手の内は見え見えだから、一緒に行っちゃ不味いと踏んで、早めに仕掛けてきた感じだろうか。

ただ、そこには若くて速い連がしっかりマーク。

 

自分は少し遅れたけどSNELで固まって追走作れば万全だな」と思った。

しかし、チェックに行ったはずの連が1周くらいで振り落されて、落ちてきた。

 

しょうがないから連を吸収して、2人で追走パックを組む。

30秒弱差を開けられたけど、まだ序盤だし、この平坦コースで21なら終盤にチャンスが必ず回って来ると思った。

駆け引きが下手な連に2人居るからこっちの方が有利だから焦るな」と声をかけて、焦らず徐々に差を詰める。


イメージ 3
連と一緒に先頭を追う。この時点では自分たちが有利だと思っていたが PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 

しかし、中盤で自分が芝に滑って落車。

連に「構わず行け」と声をかけると、そのまま連はペースを上げて追走を開始。

今思えば、まだまだ周回が残っていたので、連をひとまず待たせて2人で行くべきだった。

 
 
 

自分は単独3位になった後、もじゃが追いかけて来ていたので、少しペースを落としてもじゃと合流。

もじゃのすぐ後ろには、トム・ボシスが迫っていたので、3人バラバラに走って消耗戦するより、もじゃとジョインして21になった方が確実にトム・ボシスを振り切れると思ったので。


イメージ 2
終盤はもじゃとランデブー。さすがにロードレース分かってるから一緒に走りやすい PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 

もじゃもそれは分かっていたから、自分と合流後、きれいにローテしてペースを上げる。

ただ、前の2名には大きな差が付いて届きそうにない状況。

 

優勝に関しては連に託すしかない。

 

結局、連はだいぶ追い上げたけど届かなかったらしく、優勝は松田選手。連は2位で、自分は3位。

 

またしても湘南で勝てなかった。

特に今回は平坦なコースでチーム力を活かせば有利なはずだったのに、上手く連携が出来ず、松田選手の強いフィジカルと積極的なレース展開に完敗した感じ。
 

もう終わったことはしょうがないので、来シーズンはこう言う時にもしっかり連携して勝てるように、チームとしても色々改善していきたいです。


イメージ 4
チームとして動くのは今シーズンこれが最後。シーズン終了後にチームを抜けるメンバーもいるけど、皆最高の仲間だぜ! PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 

開く コメント(0)

稲城クロス2019春

2/11は稲城シクロクロスでした。

 

前日の前橋シクロクロスの疲れはあまり残っていなかったけど、前回の稲城クロスと同様に朝から運営ボランティアをしながら自分のレースだけ走らせてもらうスタイル。

ただ、前回は9月で温かかったから良かったけど、今回はずっとくもりで気温5℃。これが朝からずっと続いていて身体の芯まで冷え切って、レース走るより、家帰って風呂入りたい気分。

 

まあ、駐車場から会場までが遠いことも有り、ローラー持って来てアップしている人も少なくて、周りも殆どノーアップでレース走る感じなので、皆条件は一緒。

 

そんな感じでスタート。

 

スタートしてすぐにGRMの上野君が一人で飛び出す。若い選手のこう言う積極的な走りは良いですね。

 

と言いつつ、自分はスタートしてすぐは身体が全く動かず全然追えない感じ。

とりあえずは一番逃がしてはいけない安藤の後ろにピタリと付ける。

安藤は前を追いたそうな感じだったけど、安藤の前には数名いて蓋をしている状態。

ペースが上がらず上野君との差は開く一方だけど、自分はまだ身体が温まっていないので、この方がむしろ好都合。

 

ただ、そんな状態が長く続くわけもなく、しびれを切らした安藤が2周目に蓋しているメンバーを抜いて追撃に出た。

自分も一旦は安藤の後ろに飛び乗るものの、まだアップが完了していなくて、安藤から離されて単独3位に。


イメージ 1
身体が温まるまでに前との差が致命的に開いてしまった(写真:黄田氏)

 

ここからウォームアップが完了するまでに安藤と上野君たちに決定的な差を付けられてしまった。

後半になってやっと身体が温まり追撃を始めて、差を詰めたものの、時すでに遅しで、前を捕まえられず3位。


イメージ 2
3位。実は地元レースなので勝ちたかった。。。(写真:Takashima氏)

 

あの場ではどうしようもない部分は有ったけど、ちょっと粗末なレースをしてしまった。。。


開く コメント(0)

2/10()JCX最終戦の前橋シクロクロスに参戦してきました。


イメージ 1
PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

 

1月の蔵王以来の3週間ぶりのレース。

自分としては、シーズン後半の最大の目標だった蔵王のレースでUCIポイントを取って、そこから一区切りを経て出たレース。

蔵王直後は忙しくて練習できなかった時期もあり、万全とは言えないものの、JCX最終戦といことで今できる中できっちり走りたいところ。

 

試走をしてみると、とにかく細々したコースで、パッシングポイントが少ない感じ。
最大の特徴であるBMXっぽいパンプトラックの区間に関しては、可もなく不可もなく。周りに比べて遅くもないし、特段アドバンテージを感じることも無い感じ。

駐車場の砂利の区間は周りより曲がれている。今シーズンはこう言うコーナーが割と得意。

 

試走でそれなりに走れる感触を掴んでいざスタートへ。

 

しかしここで問題発生。
本来、スタート順はUCIポイントを最優先に並べる(要項にもそうはっきり書いてある)はずなのに、UCIポイントをも持っていない選手が自分よりも前に並べられている。スタート位置の係員に「順番おかしいだろ」と抗議するも「良いからゼッケン順に呼ぶから自分の順番が来たら出てきて」と言われて全く聞き入れられず。
 

まあ、恐らくどちらにせよ2列目であったことには変わりないが、シクロクロスにおいてスタートの順番が規定通りにコールされないと言う有ってはならない事態にかなり動揺する(まあ、分かり易く言うと超キレそう)

 

諏訪GMに抗議してもらえるようお願いして、自分はスタートに集中できるよう、必死に気持ちを切り替える。

 

そしてスタート。

コースの左端からスタートだったが、最初の階段が右に有ったため、選手が全員右により、左ラインはガラガラで自分の前に居た連と共に悠々と前に上がって行けた。これはかなりラッキーでスタート順のことなんか帳消しにできそうなくらい前に上がる。

しかし、いざ階段の前で直前を走っていた連が思っていた以上に早めに降車。

予想外のタイミングだったため、右足を外した状態で連に突っ込みそのまま落車。

 

良いスタートを切ったと思ったが、これで一気に集団に埋もれ苦しい状況へ。

1台ずつ抜いて行きたいが、直線が短くてパッシングポイントが少ないコースなので、思うようにポジションを上げていけない。

中盤にやっと単独になり、自分のペースで走れるようになったが、トップとだいぶ差が空いてしまい苦しい状況。


イメージ 2
コーナーの遅い選手に引っかかり、自分のペースで走れるようになったのが後半だった。PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

 

結局、前半に遅いペースに付き合わされたのが響き、最終周回に入る前で80%ルールにひかっかり終了。

18位だった。

 

まさかこのコースでフルラップ完走が出来ないとは思っていなかったが、スタート前のひと悶着も含め色々と噛み合わなくてフラストレーションが溜まるレースだった。

 

結局、スタート順については手違いが有ったと主催者がレース後に謝罪に来た。

お互いルール通りにやってこそスポーツなので、今後はこう言うことは無いようにして欲しい。

開く コメント(0)

先週末は全日本選手権以降、シーズン後半の最大の目標にしてきた、国内今季最後のUCIレースである、東北シクロクロスの蔵王ラウンドでした。

10月末の寒河江のレースで、『泊まりレースはやっぱり余裕有るな』と痛感したので、勝負をかける今回も前日入り。
しかし、夕方から出発の予定が色々バタついて夜出発に。。。
23時に宿に着いたら、先に到着していたメンバーは就寝していた。。。
 
蔵王と言うと、名前からして雪っぽいイメージだけど、過去のレースは豪雪の時も有れば、ドライの時も有った。
そして今年はドライ。正直、全日本でも雪は普通にこなせたから、雪でもドライでもどっちでも良かったけど、クルマがノーマルタイヤ(一応チェーン持参)なので、ドライで助かった。気温もそこそこ高くて、有り難いコンディション。

そんな感じで初めてのコースを試走してみると、ドライの蔵王は、一見平坦の簡単なコースに見えて、細かいところがトリッキーなコースだった。
 
前半のグランド部分、ヒカル君やサイチンさんの後ろに付くと、細かいところでギャップが生まれ、それを立ち上がりの踏みでカバーするものだからしんどい。この感じでレースしたらヤバい。
 
終盤に出てくる調整池周辺のキャンバーも序盤は無難にこなせるけど、最後の一番難しい奴がどうやっても乗車でクリア出来ない。明らかにこのセクションは周りより自分は下手で鬼門になりそう。
 
そんな嫌な予感は、早くもレース前に的中する。
問題の一番難しいキャンバーを集中的に練習していると、そのポイントに向かう途中の下りで顔から落車。
完全に問題のキャンバーのことで頭がいっぱいで、その前の下りで隙が出てしまった。
若干頭が痛いうえに、左ひざが、かなり痛い。
 
正直もう帰りたいと思ったけど、さすがに蔵王まで来て、試走だけで帰る訳には行かない。
ちなみに、一緒に試走したチームメイトの連の走りがキレッキレで、フィジカル的にも調子良さそうだし、MTBのバックボーンが有るので、コーナーも速い。おまけにシケインでバニーホップするもんだから手が付けられない。
 
今日は俺の日じゃないな。連の日だなとやや弱気になる。。。
 
それでも、ここ5週間、このレースに向けて準備した来た大事なレース。
しっかりアップして、集中してレースに臨む。

イメージ 2
レース前のアップ。今シーズンはチームの雰囲気が非常に良いPHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 

スタートは2列目だけど、ヒカル君のすぐ後ろ。絶好のポジション。
 
そんな感じでスタート!
 しかし、
 絶好の位置からのスタートのはずが、速攻で集団内に埋もれる。
 
動画で見ると、スターとして100mもしない内に集団の後方に埋もれて見えなくなっている。
この致命的に遅いスタートを来シーズンは何とかしたい。。。
 
しかし、今日のコースはパックで進むコースじゃないし、トップも見える位置なので、追い上げは可能。
1人ずつ抜いて行く。
幸いトリッキーに感じたコースも、リズムが掴めてくると淡々と走れる。
問題だったキャンバーも女子のレースを挟んで、かなり路面がならされて全乗りで行ける。

イメージ 1
試走では苦戦するんじゃないかと思ったコースだったけど、レースが始まると意外と対応できた。PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

苦手に感じたコースだったが、それなりに対応できて、前を追って15番手くらいまで上がると、後ろからチームメイトの連が追い付いてきて、さらに前に出た。
この連の走りが速い速い。
 
先頭交代しようかと思うけど、速や過ぎて前に出られない。
なんかもう、後ろにぶら下がってるだけでトップ10まで連れてってくれそうな勢い。
ここぞと言う時にバニーホップを繰り出して、一気に前のパックを捕まえてしまった。

イメージ 3
連と前を追っているところ。ミスが出るまで、連の走りはキレッキレだった PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 
しかし、その次の周、連はバニーホップに失敗。『まだ諦めるな!』と声をかけたけど、そのまま後方に消えていった。
自分は後方に埋もれて、そこから追い上げるのがむしろデフォルトになっているので、少々ポジション落としたくらいでは集中が切れないけど、若い奴はこう言う時にすぐメンタル折れるな。勿体ない。。。
 
イメージ 4
連が居なくなった後は独りで追走。TOP10が視界に入っているので追いやすい PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 
そして、ここから単独で追い上げて行くと、トップ10圏内が見えてきた。
10位を走っているのはPAXの鈴木禄徳選手。
だけどペースが落ちてきているようなので、『前を追うから前に出させてくれ』と言って前に出してもらう。
とりあえずこれでトップ10圏内には入ったけど、禄徳選手に言った通り、そのまま前を追う。
前を譲ってくれたお礼に禄徳選手も前のパックに引き上げようと思った。

ちょうど前には手の届きそうな所に2名居たので、自分も禄徳選手も両方UCIポイントを取れる計算。
トップ10圏内に入った時点でここをキープすればUCIポイント取れる』なんてセコいレースをしていたらUCIポイントは取れない。最後まで前を追わないといけないし、後ろに付いてる選手はそのまま引き連れて上がるくらいのオトコギ走りじゃないと、前のパックは捕まえられない。
 
ただ、そんな感じで引き続き全開で踏んでいたら、後ろはいなくなって独りになっていた。
パックになって、たまに先頭変わってもらえると有り難かったが、まあ仕方ない。
 
引き続き独りで前を追う。
前にはスコットの松本選手が見えるし、ややペースを落としているように見える。
一気に捕まえることは出来なかったが、じりじりと距離を詰めていく。

イメージ 5
終盤はフィジカル的にかなりしんどくなってきたけど、目の前にUCIポイントと言うニンジンぶら下げられているから頑張れる PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)
 
しかし、ここで予想外の展開が。
まさか後ろから追ってくる選手はいないだろうと思っていたが、後ろから松田選手が猛追してきて、一気に追いつかれる。
ちょうど同じタイミングで自分も松本選手に追い付き、一瞬3人パックになる。
 
この時点で、脚の勢いは松田選手が1枚上手。
自分は松本選手を捕まえるのに脚を使っていて前に出られず様子を見る。
すると間髪いれず松田選手が一気に先頭に出ようとする。
そこをすかさず松本選手がブロックしにかかる。
松本選手もまだまだ脚を残りしている様子だ。
ちなみに自分は徐々に脚削られて余裕ない感じに。
今日は11位かなとちょっと弱気になった。



結局、松田選手が一歩抜け出し、ラスト1周半を残して松本選手とUCIポイントをかけた10位争いに突入していく。

最終周回のホームストレート、松本選手の後ろに付きっぱなしだったので、とりあえず前に出る。
ずっと付き位置で、万が一最後にスプリントになってチョイ刺しとかはアレだなと思って前引かないとな〜と言う感じで前に出る。すると、松本選手が少し遅れている。
先頭交代のつもりで前に出たけど、こうなったらそのままいくしかない!!


そこから最後の1周、残ってる力で全力で行く。
そりゃもうしんどいしんどい。
だけど、UCIポイントかかってるんで、もう必死。
それでも何とか後続を振り切って(松田選手には振り切られたけど)10位でゴール。
最後はかなりキツかったけど、今できる最大限の走りが出来たと思います。

イメージ 6
出し切り系で出し殻系のゴール PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

全日本選手権で思うような結果が残せなかった時から、このレースでUCIポイントを取ることを目標にとレーニングしてきたので、フルメンバーではないけど、UCIポイントが取れて良かったです。

正直、ここだけを目指してきたので、今後のレースは何に出るかあまり考えておらず、とりあえず前橋などシーズン終了までにもう何レースか走ろうと思います。

開く コメント(0)

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事