最新記事

すべて表示

今年も終戦記念日が近づいてくると、幼い頃に父親から 日常的に聞いていた戦争体験の話が蘇ってくる。 多くの話を聞かされた中で、日本が無条件降伏した瞬間、 戦地の人達が経験し ...すべて表示すべて表示

今年も、終戦の日が近づいてきた。 私は、この日を特別の思いをもって迎える。なぜかと言えば、 父親が、何百分の一かの確率でラバウルとブーゲンビルから 生きて帰ってこなかったなら、私も、子供達も、そのま ...すべて表示すべて表示

「六甲山開発の歴史は『阪神・阪急の開発競争』だったのか」 昨日の「六甲山コレクション展」講演会のテーマは、『阪神・阪急の 開発競争』だった。確かに、当時の新聞 ( 神戸又新日報 1931.5.2 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事