広島やらせ乾杯本舗

われらお好み探偵団、1月30日放送分、RCC PLAYで見逃し配信中です。
イメージ 1

2月14日、細井ゼミ第20期生卒論発表会の打ち上げ、Touyaさんで実施しました。
「学生なので、とにかくおなか一杯にしてやってください」とお願いはしたものの、「え、こんなに・・・(焦)」というくらい、いろいろ出していただいて、ほんとに恐縮です。

というわけで、まずは、そのお料理の数々をご覧ください。



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9

お好み焼きは、なんと麺ダブルでした。
6mmあつの豚肉を使われるなど、もともとがボリュームのあるお好み焼きなのに、ダブル!
キャベツも甘く、良い味に焼きあがっていて、味もボリュームも満点でした!



イメージ 10

最初のお鍋の出汁で、チーズリゾット。
これがまた、、、旨い、、、!!



イメージ 11

というわけで、おなか一杯になったのはもちろんなのですが、19時開始で22時過ぎまで長居させていただきました。
おかげさまで、この日の卒論発表会のこと、これまでのゼミ活動のこと、これからのこと、いろんな話に花が咲きました。

年末年始もなく卒論の指導をして、卒論を提出したと思ったらすぐに発表会の準備に取り掛かり、発表会当日の朝も最終リハーサルでバタバタで、、、
彼らのゼミ活動が終わったという実感がまだないですが、まぁ、でも、ほんとに終わりです。

いま改めて、彼らのこの顔を見てみると、やり遂げたという感じが出てる気がします。
みんなほんとに、お疲れ様。



この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

イメージ 1

研究室の窓からの眺めを、18時に研究室にいるときにだけ撮るという、いい加減な定点観測です。

曇りがちな寒い一日でした。
最近だいぶ日が長くなってきましたが、こう曇っていると、前回2月8日の定点観測よりもかえって暗くも感じます。

さて、この写真の右側に見えているのが、明徳館。
この7階で、昨日はゼミ生の卒論発表会を実施しました。
この夜景自体は、いつもと大きくは変わらないのですが、彼らはもうこの景色の中にはいないのだなと思うと、少し寂しくも感じます。

まぁ、でもそれが成長というものですからね。
みんな、頑張ってね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

2019年2月14日、細井ゼミ第20期生卒論発表会を実施いたしました。
ゼミの2年生、3年生を前に、4年生が卒論の内容をプレゼンします。
もちろん、卒論の内容がいいかどうかが最も重要ですが、どんなにいい内容でも、それをきちんと人に伝えられなければ意味がありません。
というわけで、プレゼンも大事です。

とはいえ、約2万字の卒論を、10分のプレゼンにまとめるのは、なかなか大変。
しかも、質疑もあって、卒論を書いていた時には想像もしなかったような意外な質問も飛んできます。
卒論を書き上げること自体、もちろん重要ですが、この発表会もまた、とても重要な学びの機会です。


さて、では、当日の様子を、写真だけですが、ご覧いただきましょう。



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5




イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8




イメージ 9




イメージ 10




イメージ 11





イメージ 12




イメージ 13




イメージ 14




イメージ 15




イメージ 16




イメージ 17




イメージ 18




イメージ 19




イメージ 20




イメージ 21




イメージ 22




イメージ 23




イメージ 24

というわけで、無事発表会が済んで、記念撮影。

実はこの明徳館、供用開始初日の1時間目に初めて使ったのは、この細井ゼミ第20期生なのです。
当時はまだ2年生、ゼミ活動も始まったばかりでした。

それからかなり成長しました。
そして、いいお手本を下級生に示して、ゼミ活動のバトンを渡すことができました。

試験が終わって普通の学生が休みに入っても終わらないのが細井ゼミ。
ですが、彼らのゼミ活動も、いよいよこの日で終わりです。

みんな、よく頑張った。

少し早いけど、卒業おめでとう!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

研究室の窓からの眺めを、18時に研究室にいるときにだけ撮るという、いい加減な定点観測です。

日が長くなってきましたね。

実は昨日まで仕事で宇和島におりました。この写真の奥に見えるのが、瀬戸内海の島々。その向こうが四国です。(さすがに四国までは見渡せませんが)。
今日は朝から晩までゼミ4年生の卒論発表会のリハーサル。
そして、これからゼミ3年生の「就活決起集会」に参加します。

季節の移ろいに、いろんな想いが去来する、今日の夕暮れです。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

これまでブログでご紹介したお店のみを中心に私が食べたお好み焼きのみを対象にした、おすすめ50リストです。
2009年から記録をつけ始めて、2018年12月末現在で延べ1854枚(462軒)のお好み焼の中から、ぜひ皆さんに食べに行っていただきたいお店を50店チョイスしております。

2017年まで、お好み焼きランキングを発表させていただいておりました。
しかし、昨年末にご公表したような事情から、ランキングはやめて、ランキングに関係のないおすすめリストを発表させていただくことといたしました。

昨年末にお知らせしました通りトップ・リストではなくお薦めリストというところがポイントです。

もちろん、個人的にランキングはつけていて、おすすめリストの選定の参考にしているのは事実です。特に2018年末のランクは参考にしています。
しかし、あくまで行ってみてほしいお店のリストです。美味しいのはもちろんですが、面白いとか、ユニークなメニューがあるとか、雰囲気がいいとか、勢いがあるとか、何らかの理由でおすすめのお店のリストです。このリストに載ったから上だとか、下だとか、そういう趣旨のものではありません。ですから、このリストに載らなかったお店の方もお気になさらないでください。

では、どんな理由でこのリストに載ったのか!
リンク先をクリックしてくだされば、お判りいただけるのではないかと思います!
(というわけで、過去のリストにつけていた「解説編」は省略します。)

このリストが、皆様のお好み焼きライフの充実につながれば幸いです!


おすすめ 50リスト

順位をつけずに50音順でリストアップしています。
お薦めの理由は、リンク先をクリックしてチェック!


このリストは、今後も半年に一度のペースで発表する予定です。
時々は、テーマ別のおすすめ店リストなんかも発表してみたいと思います!
お楽しみに!

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

研究室の窓からの眺めを、18時に研究室にいるときにだけ撮るという、いい加減な定点観測です。

本学は、昨日から明日までが卒論提出期間。
出来ました!という喜びの声がたくさん・・・のはずなのですが、全然来ない。
最後まであきらめるなと言い続けてきたので、その通りにしているのかもしれません。
ということは、今夜がヤマか。

The darkest hour is always just before the dawn.
夜明け前が一番暗い。

これから日が暮れますが、必ず明日には夜が明けると信じたいと思います。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

RCC(中国放送)イマなまっ!で、リポーターの八谷しおりさんとともに、不定期(だいたい3週間に一回のペース)でお送りしているわれらお好み探偵団、1月30日放送分のロケのご報告です!(ロケは1月12日と22日。



イメージ 2

八谷さん、寒そうですね。

今回特集するのは、そんな寒い冬だからこそ美味しいお好み焼です。

寒いのは嫌ですけどね、寒いからこそ美味しくなるものってあるんですよ♪
そういうものを使ったお好み焼きをご紹介します!



イメージ 3

最初にご紹介するのは、ロンちゃんです。
昨年8月にも番組ご登場いただきましたが、今回取り上げるのは、こちらです。
そう、レモンですね。
レモンは冬が旬なんですよ!

広島県はレモン生産量日本一なのですが、レモンを使ったお好み焼きって、なかなかないんですよね。



イメージ 4

こちらがそのレモンを使った「とびしま焼き」です。
店主のご出身の大崎下島などをつなぐ「とびしま海道」にちなんだネーミングで、こうなのるからには、レモンも大崎下島産。ご実家で獲れた美味しいレモンです。

さっぱりしてとっても美味しいのですが、このレモンもただ入れればいいというものではないのです。
レモンの美味しさを生かす工夫満載です!
そのあたりは、ぜひ番組をご覧ください!



イメージ 5

八谷さんも、大満足ですね!



イメージ 6




イメージ 7

収録が終わって記念撮影!
ごちそうさまでした!!






イメージ 8

二軒目におじゃましたのは、大手町の花ちゃんです。


イメージ 9

こちらのウリはなんといっても、自家製のキャベツ。
キャベツも冬が旬なので、この時期とっても美味しいです。
もちろん、キャベツは広島のお好み焼きのメインの食材ですから、どこのお店もこだわっているのですが、こちらのキャベツはなんと自家製。開店当初から息子さんと畑をやり、ついに息子さんはお店を離れて農業一筋に!
自家製キャベツのお好み焼きというのは、なかなかないですよ!



イメージ 10

キャベツまで自分で作ってしまうという熱意にこもったお好み焼きだけに、八谷さんのヘラを持つ手にも力が入ります。



イメージ 11

たっぷり愛情を注がれたキャベツのお好み焼きなので、とっても甘くて美味しいです♪
八谷さんも大満足。



イメージ 12

収録後、みんなで美味しくいただきました♪



イメージ 13

記念撮影をさせていただきました。
花ちゃん、どうもありがとうございました。





イメージ 14

さて、1月12日の収録はここまでなのですが、この日はアシスタントのN君の最後の出勤日でした。大学生のアルバイトだったのですが、この番組の収録の半分くらいは彼がアシスタントで来てくれていたんじゃないかな。とってもお世話になりました。
N君、この春から社会人ですが、テレビ局の厳しい仕事で鍛えられているから、なんでも乗り越えられるでしょう。
N君、がんばってね!



イメージ 15

さて、ロケ二日目。
うかがったのはまはろさんです。
この番組が始まって間もない2016年5月にもご登場いただきましたが、母上から娘さんに代替わりして、店舗も移転されました。店名も、以前はカタカナで「マハロ」さんだったのですが、ひらがなで「まはろ」さんになりました。



イメージ 16

そんな「まはろ」さんの冬の名物と言えば、、、

ふふふ、何だと思いますか?



イメージ 17

この断面でわかるかな?(笑)

・・・って、さすがにわからないとは思いますが、実はお餅のお好み焼きなんですね。
お正月にお持ちが余ったりするでしょ。そのお餅を、近所の方の発案でお好み焼きに入れ始めたのが始まりなんだとか。

「お餅なんて、どこの店でもあるでしょ」と思われるかもしれませんが、この店の「肉玉餅」は全然違うんですよ!!
何がどう違うかは、番組を見てのお楽しみです!



イメージ 18

まぁ、とにかく美味しいのでね、八谷さんも、この笑顔です♪



イメージ 19

スタッフみんなで美味しくいただきました!

そして、このスタッフ、ロケ一日目とはメンバーが違います。
カメラマンさんが違うと、出来上がる映像が全然違うものなんですよ。
照明の当て方が違ったり、撮る角度が違ったり、ズームの入れ方が違ったり、、、
違いを探しながら見るのもとっても楽しいですから、ぜひ録画して、何度も見てください(笑)



イメージ 20

というわけで、まはろさん、どうもありがとうございました!!


お好み焼き まはろ
〒736-0067
安芸郡海田町稲荷町2ー21
TEL: 082-824-0889
https://blogs.yahoo.co.jp/kn_hosoi_hue/43823501.html




というわけで、寒い冬だからこそ美味しいお好み焼を三軒ご紹介いたします。
皆さん、どうぞお見逃しなく!(お出かけの方は録画予約を忘れずに!)



RCC(中国放送)
イマなまっ!
「われらお好み探偵団」
1月30日、15:00から
http://www.rcc-tv.jp/imanama/

イマなまっ!ホームページ内に「われらお好み探偵団」コーナーがございます。
http://tv.rcc.jp/imanama/toiawase/?w=okonomi


※番組を見逃してしまったという方は、ウェブでもご覧いただけます。RCC PLAYというRCC(中国放送)のオンデマンド配信サイトで、放送当日からしばらくの間(、ウェブでもご覧いただけます。見逃したから、放送エリア以外の地域の方も、このサイトでご覧いただけますから、ぜひぜひご覧ください!一部アーカイブスもご覧いただけます。
RCC PLAY!
http://play.rcc.jp/
http://play.rcc.jp/okonomi/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

研究室の窓からの眺めを、18時に研究室にいるときにだけ撮るという、いい加減な定点観測です。
この時間でも、空にだいぶ明るさを感じるようになってきました。

いやぁ、ゼミ生に「忙しい」という言葉を禁じている私がいうのもなんですが、年が明けてから、すごい量の仕事をこなしている気がします。特に昨晩から今日にかけては急ぎの仕事が多く、パワー切れです。

でも、夕方、研究室に来てくれたゼミの4年生数名、笑顔が明るかったので、ホッとしました。週明けが卒論締め切りですが、何とか目途が立ってきたようです。

西の空が明るくなってきたということは、彼らの卒業の時期も近づいているということ。
もしかして、この研究室に来るのも、今日が最後だったかもしれません。
そう思うとちょっと寂しくもありますが、そんなこと言っている暇はないですね。
卒論締め切り直前、しっかりラストスパートをかけて、いい卒論書いてください。

さて、卒論原稿チェックに戻ります!

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

1月21日の3時限目、細井ゼミ第21期生、3年次の最終日でした。
3年次の最終日ということで、来るべき4年次に備えて、卒論テーマをしっかり決めて、弾みをつけたいところでしたが、、
就活が始まり気が散るし、インフルエンザで欠席もあり、それほど弾みがつかなかったかもしれません。まぁ、そういう時期なのかもしれません。

今から、卒論が終わる来年のこの時期まで、大学生活で一番大変な一年間だろうと思います。
負けずにしっかり頑張ってね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

1月21日の1時限目、プレゼミ(2年生のゼミ)4期生の時間割上の最終日でした。
といっても、論文課題を出していますから、まだまだ終わりません。「締め切り過ぎた原稿は紙くず」だからね。みなしっかり頑張ってください。
後期試験直前のタダでも大変な時期ではありますが、「忙しいというのは禁止」の細井ゼミですから、みなしっかり頑張ってくれることでしょう。

さて、広島経済大学では、プレゼミ(2年時のゼミ)は、制度上は3年次以降の演習とは別科目ということになっているのですが、このメンバーは、全員が3年次の演習も履修する予定です。そうなると、このメンバーは、細井ゼミ第22期生ということになります。
このメンバー、3年次のゼミ活動本格始動に備えて、いろいろ準備をしてきました。

きっといいスタートが切れるでしょう。
楽しみです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事