広島やらせ乾杯本舗

「ライバルからの招待状」ご覧いただき、ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


広島交響楽団 第312回定期演奏会
2011年9月22日(木)
広島市文化交流会館
指揮:広上淳一
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人」



広響って、こんなに良く鳴るオケだったのか!!!

いやぁ、ほんとに素晴らしい演奏会でした。
どこまでも、どこまでも、伸びていく。
天井知らずの、大変な盛り上がりでした。

ジュピターが終わったところで、既にブラボーの嵐。
鳴りやまぬ拍手に、3回も指揮者が呼び出されて、やっと休憩に入りました。
もう、コンサート終わったんだっけ?というくらいの満足感がありました。

こんなに盛り上がってしまって、このあとのマーラーは大丈夫なんだろうかと、心配になるくらいでしたが、それは全くの杞憂に終わりました。
これまた、どこまでもどこまでも伸びていって、信じられないくらいの盛り上がり。
約1時間の大曲ですが、まったく長く感じません。
気がついたら、あっという間に終わっていたという感じです。
ほんとに拍手がいつまでもなりやまず、5回も指揮者が呼び出されるという、大変な名演でした。



今日の演奏、何が良かったかと言えば、客演の広上淳一さんの力によるところがやはり大きいのでしょうか。
広上さんの指揮は、指揮しているというより踊っているという感じで、失礼ながら、時々コミカルでさえあります。
でも全身全霊で音楽に没入している感じがあって、オケの皆さんもそれに巻き込まれてしまうのでしょう。
ステージに載っているのは確かにいつもの広響の皆さんなのですが、広上さんの勢いで、リミッターを外されて、いつもと違うオケに生まれ変わったような気さえしました。

もっとも、リミッターを外されただけでは、カオスになりそうなものですが、そうならないのは、呼吸なんだろうと思います。
広上さん、唸ったり、大きく呼吸したりしながら指揮していて、それが客席まで聞こえてくるのですが、そうすると、聞いているほうまで、一緒に呼吸してしまうんですよね。
そして、ここで出てくると予想した通りのタイミングで、音が出てくる。
まさに「息があう」というのでしょうか。
音の出のタイミングや、音量、ニュアンスが、完璧に揃ってます。
だから、マーラーのような大編成の曲でも、カオスにならずに、見事に決まるわけですね。

指揮者のことばかり書きましたが、今日は、オケの皆さんも、もちろん、素晴らしかった。
プログラムも良かったですね。
モーツァルトの最後の交響曲と、モーツァルトをこよなく愛したマーラーの最初の交響曲。
実に良い取り合わせです。

ジュピターは、モーツァルトの天才がほとばしる、名曲中の名曲で、音楽ってこんなに楽しいものなのかと、ほれぼれします。
マラ1は、そのタイトルの通り、まさに音楽の「巨人」。フルート4本、オーボエ4本、クラリネット4本、ファゴット3本、ホルン7本、トランペット5本、トロンボーン4本などなど、モーツァルトやベートーベンなら2本程度しか使わない楽器が、ほぼ2倍使われています。そして、極めつけは、ティンパニ2台!
しかも、第1楽章のトランペットを舞台袖の客の見えないところで吹かせたり、終楽章の金管楽器を立ち上がって吹かせるなど、視覚効果まで使って音楽の可能性を追求している。
マーラーの交響曲は、どんなに録音技術が発達しても、CDなんかには絶対に収まるものではありません。
これほど巨大な音楽を構築できるマーラーもまた、モーツァルトとは別の意味で、天才というほかないでしょう。



指揮者でこんなに変わるのか!
オケって、こんなにすごい音がするのか!
モーツァルトが、いかに天才か!
マーラーが、どれほどの偉業を成し遂げたのか!

今日の演奏会、音楽というものがいかに素晴らしいものなのかということを改めて実感できる、素晴らしい演奏会でした。


広響の皆さん、ありがとうございました!



イメージ 2

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

広響メンバーの飲み会に連れていってもらったことがあるけど、ほんとノリが良くて♪(爆)

で、そういうメンバーが今、力を持ってきて、熱く引っ張ってきてるかも、と感じるわ☆

私も、昔聞いた音より、変わってきてると思います。
昔より、ノリがいいですよね!

同じメンバーで、ずっと練習してる音っていうのは、いいもんです。
いくら一流奏者でも、あちこちから集まった合同オーケストラより、ひとつのオケの方がいいことがあるわ。

あ、指揮者によって音が変わりますよね^^
私のオケには曲目によって二人指揮者がいるけれど、同じオケとは思えないくらい、音が違いますよー!(笑)
どちらの音が好きかは、好みが別れるわ^^;

2011/9/23(金) 午前 0:57 ぷりっつ♪ 返信する

顔アイコン

プリッツさん
音楽は、生ものというか、生き物というか、同じ曲を同じメンバーで演奏してもだいぶ変わりますね。そこがまた面白いところでしょうけどね。
とにかく、今日はすばらしかったですよ!

2011/9/23(金) 午前 1:20 Hosoi 返信する

アバター

興奮が伝わってきます♪

2011/9/23(金) 午前 6:08 tomo@日本ビール党の部屋 返信する

顔アイコン

お好みやき以外でこんなに熱く語る先生を久しぶりに見ました・・・

命の洗濯って言葉がありますけど、こういう音楽で大きな感動を受けたときって、心や体の隅々までザーッと洗われたような気持ちになります。音楽にはまるっきり素人で普段クラシックに密着した生活をしていなくても「クラシックって素晴らしいなぁ!」と思ってしまいます。

2011/9/23(金) 午前 8:24 ぶたままん 返信する

なかなかオーケストラを聞く機会がありません(^_^;)
指揮者によって音が変わるのですか。
これは是非、聞き比べてみたいですね。

2011/9/23(金) 午前 9:01 Gena 返信する

顔アイコン

tomoさん
はい、素晴らしい演奏でした!!

2011/9/23(金) 午前 10:31 Hosoi 返信する

顔アイコン

ぶたままんさん
いやぁ、ほんと、命の洗濯っていう感じでしたよ。
子供のころから音楽一筋で生きている人たちが、何十人もいっぺんにステージに乗って、全力で演奏しているんですから、素晴らしいのは当然なんですが、特にこういうビシッと決まった時は、もう、音楽の神様が降りてきたっていう感じで、すごいですよ♪

2011/9/23(金) 午前 10:38 Hosoi 返信する

顔アイコン

Genaさん
オケを聴く機会というのは、確かに、私のようにいつもそれを狙っていても、スケジュールが合わなかったりして、なかなかないのは確かです。
でも、広島はプロのオケがある街ですからね。オケのない街に住んでいる方に比べたら、格段に機会が多いわけで、とても恵まれていると思います。
Genaさんも、帰省の折など、上手くスケジュールが合えば、ぜひ行かれてみてください♪

2011/9/23(金) 午前 10:42 Hosoi 返信する

顔アイコン

そんな熱い演奏はこのところご無沙汰ですねえ〜。もちろん自分のオケでもそんなに盛り上がることないですからねえ。
広上氏は、マーラーの楽譜を忠実に再現されたようですね。今はほとんどやりませんが、4楽章にホルンのスタンドプレーがあるんですよね。あれは視覚的に興奮ですね!
広響一度生で聴きたいですねえ。演奏会の日程見て出張入れようかなあ・・・はは。

2011/9/23(金) 午後 6:48 ぴよぴよ 返信する

顔アイコン

ぴよぴよさん
いやぁ、熱い演奏でしたよ。素晴らしかったです。
で、そうそう、ホルンのスタンドプレー、楽譜にそういう指示があるらしいですけど、はじめてみました。
広響、ぜひ聴いてみてください!

2011/9/23(金) 午後 8:58 Hosoi 返信する

素晴らしい演奏を堪能されたようで、良かったですね。ジュピターも巨人も名曲中の名曲、是非生演奏を聴きたいものです。ホールの都合でN響の定演も暫くありません・・・待ち遠しいです。

2011/9/23(金) 午後 11:34 [ みけねこ姫 ] 返信する

顔アイコン

マーラーの「巨人」はCDより、生で見るに限りますよね。あの量の管楽器で音を合わせているすばらしさ、演出のおもしろさ、パーカッションの迫力、どれをとっても直に聞くと違いますよね。
私も自分で楽器を吹いていますが、オケはあこがれです。

2011/9/24(土) 午後 9:28 ppp**paz 返信する

顔アイコン

みけねこ姫さん
あら、N響、そうなんですね。
待ち遠しいことでしょう。
やはりホールで生で聴きたいですよね♪

2011/9/24(土) 午後 10:38 Hosoi 返信する

顔アイコン

Azurinさん
もちろん、マーラーに限ったことではないのですが、特にマーラーはCDには収まりきらないものがあるように思います。
Azurinさんも、楽器を「吹いている」のですね。
マーラーは、管楽器が思いっきり鳴るので、気持ちいいですよね♪

2011/9/24(土) 午後 10:44 Hosoi 返信する

マーラーと言えば交響曲ですよね。
今年没後100周年だったんですね。

2011/9/25(日) 午後 9:36 プチポア 返信する

顔アイコン

プチポアさん
マーラー、お好きですか♪
で、そうなんですよ、今年はマーラー没後100年で、同時に生誕150年でもあるという、記念の年なのです!
そんなわけで、マーラーの素晴らしい演奏を聴くことができて、嬉しいです!

2011/9/26(月) 午前 0:03 Hosoi 返信する

顔アイコン

はじめまして。
そばらいお好みから、何故か飛んできちゃいました。
私もこの演奏を聞いて感動しました。私はモーツアルトは一生理解できないかと思っていたのですが、この演奏でモーツアルトの奥深さが少し分かるような気がし、私にとって記念の演奏でした。 削除

2013/10/8(火) 午後 0:21 [ windy ] 返信する

顔アイコン

windyさん
はじめまして&コメントありがとうございます。
この演奏会、素晴らしかったですね。
おっしゃる通り、モーツァルトの素晴らしさがよくわかる、とてもいい演奏だったと思います!

そばらいのお好み焼きもいいですね♪


※今日は、エルシステマ・ユースオーケストラ・オブ・カラカスのコンサートを聴いてきました。最近話題になっていますが、噂通り、若さと熱気あふれる楽しいコンサートでした。

2013/10/8(火) 午後 11:12 Hosoi 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事