木下長宏のウェブログ

網膜に積もる淡雪のように(まとめサイト:http://kinoshitan.com)

Information

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

次回9月7日(土)のABCは、波止場会館4B です。
14:00〜17:00。
<老子と創世記とミケランジェロ>という通しテーマで、なんかいか、話してみようと企んでいます。

『老子』はいっぱんに処世の書として読まれてきたのですが、じつは、中国最古の<天地創生>を語る書でもあります。そして、その<天地創生>説と最も対照的なのが、旧約聖書の「創世記」に書かれている<天地創造>物語だと思います。
(こういう比較をする場合、日本人はすぐ、古事記や日本書記を持ち出してきますが、記紀の天地開闢物語は、8世紀の産物。そして、内容は『老子』[紀元前7〜5世紀までには書かれていた]の書き換えである『淮南子』[前2世紀成立]や三国時代の産物『三五歴記』の孫引きと列島土着の伝承からなるものです。その意味でも、まずは『老子』と同じ頃に成立した『創世記』を比べてみるのは大事な手続きのように思われます。)

われわれは、『老子』は、何年かかけて読んできましたが、『創世記』は読んでいませんので、東西の天地創生論を考えるには『創世記』を少しは詳しく読んでおくべきだと思い、とりくんでみようかと企てた次第。

そのさい、われわれに親しいミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の天井画に『創世記』を読む導き手になってもらうと、『創世記』がより興味深く理解できはしまいか。ーーというわけで、<老子と創世記とミケランジェロ>ということになった次第です。

なお、このブログは、まもなく閉鎖となります。そのあとは、ホームページに集中していきますので、よろしく。

kinoshitan

次の7月26日(金)19:00~波止場会館3CのABCは、<ゴッホの終着駅ーあるいは、オーヴェルへの旅>と題して、先日訪ねてきたオーヴェル・シュル・オワーズで考えたことを、紙芝居風に仕立てて、ご披露する予定です。

ゴッホは、オーヴェルにわずか二ヶ月(70日)しかいなかったのですが、そこが終焉の地になりました。そこで猛然と絵を描き、描きに描いたその密度は、オランダ時代、パリ、アルル、サン=レミ、どの時代に比べても、濃い、なにか絵を描くということを圧縮して生きた70日という感じで(画風もどの時代にもない世界にむかっています)、オーヴェル時代を眺めるだけで分厚いゴッホ論が書けそうな、そんな「時代」(と呼ぶには短すぎるが濃密な70日)なのです。そんなことは、以前からわきまえていたのですが、こんど、ゴッホの最後の70日を生きたちょうど同じ時期ー6月に、ゴッホの70分の1の時間をオーヴェルで過ごしてきて、あらためて考えさせられた体験をしてきました。

それを、みなさんにお伝えするのに、どう言う方法がいいか、いろいろ考えたのですが、今回は、そのとき撮ってきた写真を披露しながら、関連する作品の複製といっしょに、紙芝居形式で語ってみようと思いついた次第です。

パワーポイントにするのが、いま風なのですが。飴玉をしゃぶりながら、聴いて(見て)いただくのには、紙芝居のほうが...と。

「オーヴェル」というと、ゴッホはなぜ自殺したのか、いやほんとうに自殺だったのか、といったことばかりが話題にとりあげられますが、26日にはそんなことには話頭は向けません。彼の、オーヴェルで描いた「絵」を考えるための話題を用意します。

kinoshitan

報告

「ABCの部屋」に坂本恭子さんからいただいた通信をアップしたので読んでください。
児玉靖枝さんは、現代の画家のなかでもボクたちがとくに注目尊敬している画家のひとりです。坂本さんの文章を読んでいただくと、ABCで考えている問題とも共鳴する画家であることが納得してもらえるだろうと掲載の許可をもらいました。児玉さんの仕事に興味を持っている人がひとりでも多くなるように。群馬館林美術館にもぜひ足を運んでください。

ABCで勉強していることが、<現代の仕事=生きかた>と響き合っていくことは、いつも願っていることです。

なお、ボクは、

7月20日(土)は、神奈川新聞社8F 、14:00〜、『茶の本』に書かれている琴の名手「伯牙」を手がかりに「芸術」とはなにかを考える話をします(岡倉天心市民研究会主催)。

7月26日(金)は、<土曜の午後のABC> 波止場会館3C、19:00〜21:00で、パリ報告の第二弾「オーヴェルとヴァン・ゴッホ」の話をしようと準備しています。

そのあとは9月7日(土)まで、夏休みです。

kinoshitan

7月20日(土)、14時から、神奈川新聞社(神奈川メディアセンター内)8F にて、岡倉天心市民研究会主催の研究会で、<『茶の本』を読む>をテーマに話をします。

『茶の本』のなかの、「伯牙」に焦点を絞って、「伯牙論に読む芸術論」を考えてみたいという予定です。

自分で言ってちゃ世話ないのですが、いままでの『茶の本』論「や岡倉」論では拓けなかった議論の世界にみなさんをお連れします!

神奈川新聞社は、JR関内駅、東急みなとみらい線「馬車道」「日本大通」駅から徒歩5分です。

kinoshitan

イメージ 1

イメージ 2

次回7月6日のABCは、波止場会館3C です。

パリで、岡倉覚三の『茶の本』の話をしてきました。
なかなか良い手応えがあり、次回7月6日の土曜日は、その報告を中心にした勉強会にしたいと思います。
フランスで『茶の本』と岡倉覚三を喋るということで、いくつか工夫をしたのが、逆にボク自身の考えかたを開いてくれたような気がするのです。

そして、講演のあと、オーヴェル・シュル・オワーズを訪ねたのですが、ここで、思いがけない収穫があり、翌々日、ボーブール(ポンピドゥセンター)を訪ねたら、「先史時代」という大展覧会をやっていて、これは<無文字文化>を考えているわれわれに格好の材料と示唆を提供してくれる(くれそう)な展覧会だったり、短い旅でしたが、いっぱい収穫がありました。

逐次、考えを煮詰めて、報告して行きたいと思いますが、まずは、フランス語で喋った『茶の本』の報告です。
あそこで話したこと、やりとりしたことを、もういちど日本語に戻してみると、また、見つけ直すことがありそうです。

オーヴェルの話は「オーヴェルの麦畑」とでもタイトルをつけようか。ともかくここに掲載した写真から始まります(お楽しみに!)
なお、プロフィールの載っけた写真も、オーヴェル・シュル・オワーズの麦畑です(ボクが麦畑の中に隠れて首を出しています。巫山戯!)

では、6日に。kinoshitan

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事