全体表示

[ リスト ]

暗澹たる海老名の未来

異見を恫喝する市長
物言わぬ衆愚市議会
沈黙する行政幹部
 
多くの多様な意見、そして私への批判、真摯に受け止めています。
いま海老名にとって何が必要なのか、30年、50年いや100年後の
海老名を見据えて、海老名市の経営を考えるにあまりにも市長、市議会、
行政すべてが機能不全に陥っていると言わざるを得ない。
その最大の原因は内野市長に起因していると私は思っている。
市役所の雰囲気、幹部職員の無気力感、たしかに一部の幹部職員は
それなりに、頑張っているかもしれませんが、市民の声を
聞き入れ、また理解しているとは到底思えない。
市議会はまさに形骸化、内野市長にもの言えば、干され、無視され、
挙句の果ては恫喝まがいの脅しや議会答弁も議員の質問無視
多くの市議会議員は内野市長の「ポチ」となり下がっている。
「ポチ議員」、今年11月の選挙で内野市長についていれば、地元への
利益誘導が叶い、選挙も安泰。
小・中学校プールは全て廃止、温水プールやハコ物をつくり、
中央図書館はどこかの図書館をまねて、「ツタヤ」に。
自分の後援会幹部を市が補助金を出している民間団体の長に、そして、
その団体事務所を市庁舎内に、市役所組織の部署は本庁舎裏倉庫に。
このような実態を多くの市民は知る由がなく、20年30年後には
子供達に莫大な負のツケが及ぶものと思われる。いや、絶対にそうなる
事は確かである。
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

いやいや、あなたがおっしゃる通りなら、海老名の未来はおさき真っ暗ですね。
私はつい2年ほど前に越してきたばかりなので知りませんでした。
そもそも選挙はいつなんですか?か?
あと、誰に入れるのがベストなんでしょうか?
いないんですかね・・・

2015/2/13(金) 午後 2:37 [ 自営業者 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事