ここから本文です
堕天使ひまつぶし
頑張るのはや〜めた〜

書庫全体表示

    イメージ 1   イメージ 2  


             『孔雀王』

荻野真さん原作の漫画『孔雀王』を 香港&日本合作で実写映画化した作品。

映画版『 孔雀王 』のストーリーは単純明快!
退魔師のお坊さん=孔雀(三上博史さん)とコンチェ(ユンピョウ)が 力をあわせて魔物退治をしますよ〜♪
最後はもちろん ボスキャラを倒して “ 劇終 ” ありがとーございましたー♪


「ユン・ピョウが日本映画に出る!?」とあって、公開早々映画館へ♪
“コンチェ”を演じるユン・ピョウは やっぱりカンフーアクションで敵をやっつけます!
そう来なくっちゃ〜♪ ユンピョウがじっとしてたら観にいった甲斐ないですからね〜♪
そして知る人ぞ知る、リュウ・チャーフィー演じる“宮毘羅(クビラ)”との対決シーン!
スピード感あふれるバトルに、もう、 \( ̄▽ ̄)ノ大満足!!〜♪香港映画バンザーイ!


しかし、もっと印象的な登場人物は、他の誰でもない、主人公の “ 孔雀 ”。


これから、敵との戦闘が始まるって時に、
静かに目をつむり、なにやら モゾモゾと唱え始め、次々と印を結んでいく・・・。

             『 臨 兵 闘 者 皆 陳 烈 在 前 』

突然、カッ! と目を開いたと思ったら、んん〜〜〜ッ? どっかでみたこのポーズ・・・

これ…ひょっとして!? カメハメ波ァ!!!

お坊さんが カメハメ波 撃っちゃうなんて あまりに衝撃的!
この映画が “香港&日本合作” だったことを 思い出した部分( ̄▽ ̄;) そういや、そうだった…

敵をボコボコにして倒す 痛快なカンフーアクションの “コンチェ” もかっこいいけど、
相手との間合いをはかりながら、淡々と敵を片づける “孔雀” に すっかりシビレてしまいました。

しかし! さらに印象深い登場人物が!!!

最後の大ボス、“ 皆魔障外神(カイマショウゲジン)”!
魔界の底から這い上がって来ようとする魔王は、あまりに強大! 完全に出てくる前にやっつけないと!!
でもさすがは、魔界の王! なかなか倒れてくれないっ! そしてとうとう、這い上がってしまった〜ッ!!!
・・・と、見上げてびっくり! しっかりブリーフをはいちゃってます♪\( ̄□ ̄;)ノ
さすがは魔王!そこらへんは わかってらっしゃる…(ブリーフ魔王の勇姿はぜひご自身でご確認を♪)

ブリーフ相手に苦戦する 孔雀とコンチェ、
くすッともせず表情を引き締め続けている孔雀の師匠“ 慈空アジャリ(=緒方拳さん) ”
ブリーフに握り潰される宮毘羅・・・

映画のクライマックスが なんとなくズッコケているのは、80年代香港映画のご愛嬌といったところですかね。
あ、合作でした。

  • 懐かしいのが出てきましたね〜(^^)
    この映画は試写会で観たんですが、その会場になんとユン・ピョウとグロリア・イップが来ました。
    最前列だったんで、ちゃっかりユン・ピョウに握手してもらっちゃいました。

    あなきん

    2009/5/26(火) 午後 9:16

  • えええええ〜っ!あなきんさん、ユンピョウと握手ですかッ?羨ましいデス(><)
    この映画には、『チャンピョン鷹』のコウ・ホンも出てましたね。
    グロリアはその後人気急上昇!この映画の続編『阿修羅伝説』はグロリア主演に
    なってました(^^;)
    でもそっちはいまだ観ていません…両方ともDVDで出ないかなあ…

    nakaji

    2009/5/26(火) 午後 10:30

  • 顔アイコン

    アジアらしくていい感じですっ!!

    原作はもうちょっとエロいですが・・・

    かいざぁー

    2009/5/27(水) 午前 4:44

  • かいざぁーさん、こんにちは。
    そうなんですか!?原作を読んでないんで、孔雀王といえば
    “三上孔雀”しか考えられませんです(^人^)ハイ♪

    nakaji

    2009/5/27(水) 午前 11:13

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事