過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

陽気に誘われて

なぬ、今日の予想気温が4月中旬並みまで上昇するってが?

毎年この時期、沈めるか浮かせるか迷って・・・・貧果!ってのがお決まりのパターン。

んでも、そこまで暖かくなるんだったら今日はイケるんじゃないべか?





イメージ 1





一部1車線だった区間が2車線化になったばかりのR4をぶっ飛ばします。

※実際の速度は60km/hです!




川に到着すれば


イメージ 2



ユキシロも無く、相変わらずの渇水で・・・・・・




虫っ気は全くありません。

水温計など持ってないので、水に手を突っ込めば・・・・・・・冷たい!



ニンフを結んで、最初のポイントでメーカーが消し込みました。



おろっ!


サビの残る、13,4センチ位のヤマメが釣れましたが、なんと、空中であっけなくバレました。

短ヘライ竿、穂先が少し堅めなので、ちっこい魚だと、曲がらない分バレ易いみたい。




さらに上って行けば



イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5



だいぶ暖かくなってきたものの、虫っ気が無いのでニンフで続行です。




イメージ 6








しかし、ライズも見っけられないし、虫っ気も無いな〜。



イメージ 9





まぁ、なんだね、『ボ』は免れたんだし、いっちょ浮かせてやってみっか!


・・・・・・・・・・・と、


でも、何に毛鉤を合わせれば良いんだ?


答えは1つ!

SHIGEZOさんの気分。しかも、色んな毛鉤を持ってる訳じゃない。

16番のガガンボと呼ぶには毛足が短いパターンがボックスに有ったのでそれを結びましょ!


マッチング・ザ・シゲゾーだな(プッ)



ん?



巻きでライズしたように見えたゾ・・・・・・と、半信半疑で毛鉤を浮かせてみれば




イメージ 7




今季ドライでの初水揚げはイワナと相成りました。



こうなりゃ、意地でもヤマメの顔が見たい!



川を変えてやってみっかな?






イメージ 8




朝イチのサビたヤマメとは大違い!ちっこいけど、サビがすっかり取れた元気のいいヤツが出てきてくれました。


あ、んでも、この1尾を水揚げする前、2尾立て続けにキャッチ直前でバラした時は、この竿とヤマメの相性をマジで疑ったりしましたけど・・・・・・。




イメージ 10


イメージ 11




まぁ、ドライで釣れるようになったっつっても、実際はまだまだ本調子じゃないもんね。

痩せた個体が釣れたトコロで本日終了としました。



イメージ 12


道端のスイセンもまだつぼみだもんねぇ〜。





しかし・・・・・・・・



渓魚は本調子じゃないんだげんと、花粉の方は一気に来たようで・・・・・。

インドに行ってる頃から薬を飲んで少しでも症状を抑えようとしてましたが、この日のSHIGEZOさん、泣きながら・・・・、鼻を垂らしながら・・・・の釣りになってました。




で、気になるCMを発見。



イメージ 13




ホントに痛くないんだべか?

ちょっと勇気が必要かな?


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事