日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
先日、嫁さんと遠出をする機会がありました。

行き先は鎌倉方面。




江ノ電に乗って・・・・・・・



イメージ 1





江の島観光です。




展望台から




イメージ 2





高いトコロ好き・・・・・、まさに、おのぼりさん。





おのぼりさんなら・・・・・・




イメージ 3




江の島水族館にも寄らねば・・・・・・ね。



そんで昼食は




イメージ 4





潮騒丼!



最近、かなりシラス押しらしいです。

シラスの他に、サクラエビと漬けアジが載っかってて、まぁ旨い事!





おしっ、腹もいっぱいになったし、体も温まった!

んで、本日のメインイベントだな!




着いたのが・・・・・・・


イメージ 5






茅ヶ崎にある、開高健記念館。




自宅を改修して、記念館にしたって言う話しを、だいぶ前に聞いてたもんで、いつかは来たいなと思っていました。



イメージ 6




おっ、センセイ、かなりお若い!


イメージ 7




イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10




SHIGEZOさんなら、残り2行は

『人より多く、リンゴを喰う!』・・・・・・かな・・・・・・・・。




いずれも開高さんの言葉として有名なモノばかりですが、実は、海外の諺とかを訳したモノが多いんだっけね。

ただ、やっぱ、言葉のチョイスがイイんだなぁ〜。



そういえばウチの嫁さん、以前、生の開高先生にお会いした事があって、持ってたノートにサインを頂いてるんだよね。


『朝のように』

『花のように』

『水のように』


だったっけがな?

女性にサインを頼まれた時に好んで書いた言葉らしいっけね。



館内は撮影禁止なので、パンフレッドを写して載っけてみっかな。




イメージ 15



ルアーでは、アブのイメージしかありませんでしたが、フライはハーディがお気に入りだったようです。






イメージ 11



書斎。



文机の上の方には、キングサーモンの剥製!


この後ろの方には、マーキスや、グレイリング、ピラーニャとかの剥製も飾ってありました。

イトウの剥製は右側だったっけがな?







イメージ 12





ココのテラスで開高さんの本をチョロっと読んでみたり・・・・・・




良い時間を過ごせました。




毎年、開高さんの命日近くになると訪れるという方も館内に居らっしゃいました。



で、調べたら、今日が、開高さんの命日なんだね。






確かね・・・・・、開高作品との出会いが、SHIGEZOクン中学生の頃だったべかね。

国語の先生に呼び出されて、

『おい、SHIGEZO、なんでも良いから本読んで、感想文書いてこい!』



なぬ、この俺に感想文を書けとな!

いつも、薄い本を選んで、かつ、あとがきとかあらすじだけを参考にして書いてきたこの俺にか!




まぁ、しかたない。

多分コレは、なんかの罰ゲームにちがいない。





で、しかたなく学校の帰りに本屋によって目にしたのが、『フィッシュ・オン!』


ただ、全部読む時間も無かった・・・・・・、いや手を抜きたかっただけかな?

文中の

『都会は石の墓場です。人の住むところではありません。』


っていう一行に、全精力を掛けて、4〜5枚の原稿用紙を埋めたんじゃなかったけが?

今考えると、無謀・・・・・だねぇ。



で、


感想文を提出した後、じっくりと本を読みなおして・・・・・(笑)



アブの5000Cとディプロマット、ルアーはダーデブルの赤白!

これにハマった!

今なら、この3つの単語で、原稿用紙10枚はイケるかも?





そうそう、


中学を出たSHIGEZOクンが、高校生の頃に買ったルアーが今も残ってて・・・・・・



イメージ 13






開高先生がキングを釣ったルアーとはサイズ感がだいぶ違いますが・・・・・・


高校生のSHIGEZOクンにとっては、2gの、このルアーが財布の中にあったお金で買える唯一のものだった?


で、スプーンにはやっぱ、シングルフックで・・・・・(笑)


ルアーとフライ、進んだ道は違えど、魚をリリースする時の気持ちだけは、恐らく開高さんと同じ気持ちでいられるんじゃないべか?



あっ、意外とスケベなところも一緒だったりするかも・・・・・・





赤白・・・・・いいよね。




紅白でなくて、赤白。


この組み合わせは、魚だけでなく、人をも魅了する組み合わせなんじゃないべか?


ほら、


イメージ 14





ウルトラセブンのボディも赤白だべ!



ウルトラマンは、銀赤だもんな。




そういえばウルトラセブン。

企画段階では、『レッドマン』っていう名前も考えられていたらしいっけね。



このレッドマンっていう名前が後に・・・・・・



イメージ 16





おはよう子供ショーっていう番組中のコーナーで復活してるのは有名なハナシ!

ウルトラファイトみたいに、5分間くらい、怪獣と戦うんだったっけが?


円谷作品なんで、ウーやエレキングなんかも出てきたりして・・・・・。







レッドマン、大きさは人間と同じなんですが、翌年から登場した・・・・・





イメージ 17





ゴッドマン、これは登場時は人間大。


ンでも、相手が大きくなって暴れ始めると、ゴッドマンも大きくなるんです!

ただね、その時の掛け声が・・・・・・・


『ゴッドマン、かくぅ〜だい!』



拡大・・・・・って?



今年のSHIGEZOさんの記事の中で、『一線を越える』ってのが流行語大賞じゃねェか?と・・・・・

んでも、ノミネートすらされてないのね。


ハゲ〜!はさすがに無いと踏んでおりましたが、代わりに『ち〜が〜う〜だ〜ろ〜!』が入っておりました。


自分の中では、楽天、嶋捕手のサヨナラ押出しデッドボールの際に発した、『痛”ッ!』がツボだったんだけどね。

明らかに『イデッ』・・・・・・・と、なまっておりました(笑)



やっと町内会の行事も一段落したし、天気もいいのでチョロっと海にでも行ってみっぺがね!



行ったのは鳥の海!




イメージ 1




ソイを狙って、太仕掛けで一発大物狙いです。






が、





3連続根掛かりに、開始早々戦意喪失・・・・・・。




いつものキワ狙いで小物狙いに変更するべ。




と、



一投目で・・・・・




イメージ 2



ソコソコのアイナメを水揚げ!





2尾目が



イメージ 3



メバル。





3尾目が




イメージ 4




アナハゼ。




で、4尾目が



イメージ 5




ちっこいげんと、ベッコウソイ。



4尾で4種達成。


アイナメも何時もよっか、型がいいし、今日は大漁じゃねぇか?



ま、現実はそんな甘くなく、小物のベッコウとメバルを何尾か追加するものの、なんか盛り上がりに欠ける・・・・・。







と、


そんな中、釣れてきたのが




イメージ 6





本日2尾目のアナハゼ。


写真を撮ろうとしてたら、口からカニが出て参りました。

釣られて口を開けなければ、消化されてたんだべね。


カニさん、命拾いしたな!

カニの恩返しでもあればいいのになぁ〜。







そこそこ釣ったので、移動します。




イメージ 7





去年まではここまでは来なかったんだっけな。


向こうに見える橋が震災後通れるようになったとの情報です。

しかし、行ってみれば、行き止まりの看板があったので、手前の港でやってみる事に・・・・・・





ココも、型はイマイチなれど、出る・・・・・・



イメージ 8




出る




イメージ 9






出る





イメージ 10




出る




イメージ 11



そうこうしてると、あれま、橋の上を車が通ってるってが!


近くで釣りしてるおっちゃんに聞いて見たれば、橋を渡った先が行き止まりなだけなんだと。




なんだべ、そんなら行ってみっぺし。





イメージ 12





イメージ 13








イメージ 14





あの灯台の先の道路も良く通ったっけな。


窓を開けて走りたくなる道路なんだったな。





さて、漁の方はというと・・・・・

ここでも相変わらず


イメージ 15




こんなのばっか・・・・・・。




んでは、趣向を変えて、ハードルアーで・・・・・・




イメージ 16





結果は変わらず・・・・・




しかし、ソフトルアーに戻しての一発目!



大物が掛かって、竿をのされて・・・・・、根ズレして、あっという間のラインブレイク!




気を取り直して、太仕掛けでやってみれば・・・・・



イメージ 17





やっぱり状況変わらず(笑)






挙句の果てに・・・・・





イメージ 18




マハゼまでお出まし!



ん?これで五目達成か?





オチも付いたので、漁はこれで終いにするべ!





また進路を鳥の海に戻して・・・・・・・・






イメージ 19








着いたのが、




イメージ 20







あら浜っていうお寿司屋さん。


開店前から並んで・・・・・



イメージ 21





はらこ飯!



いつもは冷めた弁当だったげんと、この日は奮発しました。


だからか?手が震えての、まさかのピンボケ!






秋の味を、しっかりと味わいました!




















二刀流

めっきり寒くなりました。

我が漁場、蔵王の山も・・・・・・




イメージ 1



霞がかって見づらいですが、山頂の方が雪化粧!

秋が短くねぇ?




さて、



最近、グラスのパックロッドが欲しくなりまして・・・・・・・・あっ、フライでなく、スピニングのヤツね。

なんでかって言うと・・・・・・・




イメージ 2





インドネシアでの釣り堀の画像です。


竿のグリップこそミッチェル908にマッチしているものの、竿自体はカーボンの今風のヤツ。

昔使ってた、ダイワのスピニングロッドが破損したので、グリップだけ取っておいて再利用したものです。


竿のメーカーは忘れてしまいましたが、オークションで4千円くらいだったべかね。

海外の釣り堀でしか使わないんで、これはこれで良かった・・・・・・。





んでもさ・・・・・・・・


やっぱ、全体的に古くないと、シックリ来ないんじゃないかと・・・・・・。


で、ポチッとしたのが






イメージ 3





同じダイワのジェットパック。


よく、品物の仕様を確認しないで購入したので、届いてからビックリ!



それは・・・・・・・





イメージ 4



これだけだと思ってた。





ところが




イメージ 5



おろっ!

なんと、フライロッドにもなるってが!



なんか、記憶の片隅に、ダイワのカタログに載ってたのを思い出してきたぞ。



振ってみたら・・・・・・・・・、





6番でも曲がりそうもないな。


これはスピニング専用にするべし!




って、グリップに手を加えて・・・・・・・・・・と、




イメージ 6



あとは手垢でコルクが汚れれば完成!






で、1ヶ月位してまた魔が差して、ポチっとしたのが・・・・・・・・





コチラ!




イメージ 7




ブローニングのサイフレックス。



これもパックロッド。



オリムピックが代理販売してたんだっけが?


『魚を撃つ!』ってね、カタログに載ってた。


キャスティングロッドは、持ってたんだっけな。

今は、グリップが行方不明、下手な飾り巻きを追加した状態で手元にあったはず。



んでも、


スピニングのパックロッドって、記憶になかったな。


これも、仕様を確認せずに購入したもの。

リールを外そうとしたら・・・・・・・、




ユルッ・・・・・・・・・







イメージ 8





あれま、ちゃんとくっ付いていなかったんだべか?

リールシートの上から、くるりと回って外れてしまいました。




んでも、外れた♂側に、Oリングもハマってるし・・・・・・、



もしや・・・・・・・






イメージ 9




そう、まさかの二刀流の2連チャン!



これは、振った感じは5番位が良さそうに思えました。




しかし、お国は違えど、同じ仕様の竿を同じ時期に作ってたんだねぇ〜。




んでも、これで、いつ海外出張が決まっても大丈夫だな。

インドネシアとタイで釣れなかったナマズ達、待ってろよ〜。





そう、

今回も、魚の画像は無し。


なんでかっていうと・・・・・・



イメージ 10






荒雄に行く気満々で、その準備としてのZのオイル交換をお願いした際の出来事。


頼んですぐに

『SHIGEZOさん、見て頂きたいものが・・・・・・・』と、店のお方。



エキマニ付近に少量のススが・・・・・・・(画像は、実物でなく、ネットからの拾いモノです)



エキマニが割れていそうとの事。


交換の際に、遮熱板、O2センサーやら交換が必要なんだと。

O2センサーは、次回の車検で交換せねば、排ガスの基準値オーバーで車検が通らない可能性があると前に聞いていたので、これはやむなしとして・・・・・・・・。



最悪、ターボAssyまでイッてたら、・・・・・・・20諭吉位の出費になるって?



まぁ、幸いにして、ターボは無事だったとの連絡を受け、ホッとしています。





イメージ 11


これも拾い画像ですが・・・・・



同じ部品を使ってるバモスが、リコールの対象になったのに、Zは対象外ってことに、世のZオーナー達は怒ってるんだぞという事も今回判りました。



車が古いと、色んな不具合が出てくるなぁ、

あっ、自分自身もだな(笑)


イメージ 12







禁漁になった釣り師のブログなんて、こんなモンです。

ネタが無いので、放置が当たり前・・・・・・・。


生きているんだかどうなんだか(笑)


そういえば、今の職場に転職する前、約半年のフリーターの時期があって・・・・・・・、



その時噂されたSHIGEZO死亡説・・・・・。


前の職場に通ってた時に、よく一緒に通勤してた同級生が、パタっとSHIGEZOさんを見かけなくなった事からハナシに尾ヒレが付いて行って・・・・というのが真相です。


当時、SNSとか無かったからなぁ〜。そりゃ簡単に消息不明にもなるわね。




ブログは放置してても、元気です!


さて、10月・・・・・・。





こんなトコに行ってました。




イメージ 1



福田パン!


朝早くに着いたんだげんと、店内には長蛇の列。


イメージ 2


メニューと同じ内容のチラシがあって、注文しやすくなってます。


イメージ 3


エビカツ!


イメージ 4



旨くない訳が無い!

ボリュームたっぷりで、これ一つでお腹いっぱい!



んでも、コイツも喰わねばなんねぇ。



イメージ 5




ずんだとホイップの合わせ技!


もう、美味しさの太鼓の乱れ撃ち、たまんねぇ〜!


さて、なんで盛岡まで来たかっつうと・・・・・・・





イメージ 6





目的地はココ、盛岡劇場。



で、



イメージ 7



立川談春の独演会でした。


演目は『鼠穴』


内容が気になるお方は、落語あらすじ辞典なるサイトがあるようなので、参考にしてくだせぇ。


自分が歳取ったからだべか?こういう人情噺に滅法弱くなったっけね。


イメージ 8








さて、一応釣りネタなんぞも・・・・・。


恒例になりつつある、年一回のヘラブナ修行。





今年も昨年同様・・・・・・



イメージ 9




ココからスタート。




去年は、あさりラーメンを食べたんだった。

で、当時アップしたブログに頂いたコメントの中に・・・・・・・ツボったものがあって・・・・・




今年は



イメージ 10



金の半熟煮玉子ラーメンをオーダー!



あっ、この指は一緒に行った職場の同僚の指ね。SHIGEZOさん、中指でポチっとはしません。


イメージ 11




食券を折って、『金玉』にしようとしてたら、店の人が早く渡して欲しそうにしてたので、泣く泣くこのまま渡しました。




で、



イメージ 12





あっさりしたスープが太麺にからんで・・・・・、




今画像を見直してても目に毒だぁ〜。



あっという間に



イメージ 13




お約束の、汁まで完食!



どうよ、kingさん、これがkingさんが気になってた金玉ラーメンですぞ!




もうこれだけでブログの記事は更新出来そうなのですが、一応魚の顔は載せなきゃね。


一路、高速を使って・・・・・



イメージ 14



東を目指します。




今年は一番乗り!



イメージ 15





まだ誰も居ない釣り場に陣取ります。



去年同様の仕掛けでいいな・・・・・・・。

変える根拠も知識も無いもの・・・・・。



イメージ 16





12尺の竿での底釣り。

タナは2.5m位だったべか?




当たらない時間が1時間くらい続きます。



隣の席の同僚はというと・・・・・・・




イメージ 17




アメザリの一荷釣り!

このほかにも計4尾のバルタン星人を水揚げ。まさに分身の術!



これを機に、宙釣りに変えるとの事。


餌をこの同僚から頂いてる身としては、釣り方を一緒にしないと餌と仕掛けのバランスが崩れるっつうか、そもそも合わないんだと。


めんどくせぇ〜!


とは口には出さず?SHIGEZOさんも短竿の宙釣りへと仕掛けを変えます。




イメージ 18





10尺の竿・・・・・・、この竿はSHIGEZO君がまだ中学生の頃使ってた竿なんだよね。

かれこれ40年くらい振りに使うグラス竿、10尺のくせに、竿掛けよか太いってが〜!



んでも、宙釣りへの転換が功を奏し・・・・・・




イメージ 19



竿(仕掛け)を変えて、一発目でヒット!


連発とまではいきませんが、


イメージ 20



イメージ 21










試しに、準備してきたタナゴ用の黄身ネリを使って・・・・・・・



イメージ 22





イメージ 23




今日イチを水揚げ。


あれ?

あんまり大きく見えないな・・・・・・?




イメージ 24




ネットの枠超え!


その後もチョロチョロと・・・・・・





イメージ 25





イメージ 26




そういえば、中学生の頃のSHIGEZO君、底釣り以外した事ないもんな。

目から鱗だわね。






鱗と言えば・・・・・・・・





イメージ 27




スレで、くっ付いてくるこの鱗・・・・・・・この釣り堀に来る常連さん達の間では、『領収書』というのだそうです。


爺ちゃん達、意外とセンスのいい会話をしてるんだっけよね。








イメージ 28



ヘラブナ釣りも、ブログ的にはネタ切れ?気味だな。


来年はなんか仕込まないと駄目だべか?

それとも野釣りデビューかな?いやいや、ハードルは低めに設定するべ!















茶の心

『一期一会』


茶道に由来することわざ。
茶会に臨む際には、その機会は二度と繰り返されることのない、一生に一度の出会いであるということを心得て、亭主・客ともに互いに誠意を尽くす心構えを意味する。

一生に一度だけの機会そのものを指す語としても用いられる。


ふむふむ、最終釣行に必要なのは、この精神だな。

悔いは残したくないモンねぇ〜。


空振りやバラシからスタートの、SHIGEZOさんのいつものルーティングも、今回はなるべく遠慮願いたい・・・・と。


まぁ、チョロヤマメが突っつきに来るのは仕方がないとして、毛鉤に出た魚は漏れなくキャッチするぞ!





と、


イメージ 1




朝日の差してきた道路を、入渓点に向かって歩きます。





入渓してすぐは、反応が薄い事が多いのですが、この日に限って・・・・・



イメージ 2




空振り無しで、1尾目を水揚げ。

ウン、集中出来てるな。





イメージ 3




2尾目なんかは、浮いてる毛鉤から、ほんの少し目が離れた瞬間、しかし、視界の隅の方で上がった飛沫に反応して、見事なフッキング!



やれば出来るオッちゃんっだったけ?




イメージ 4



イワナもおでまし。

最終釣行なので、混生区の方が賑やかでいいなという読み通り。

コイツの出方は渋かった!

流れにもまれて水に吸い込まれるようなアタリ。


それを見逃さない、一期一会の精神。


今季イチの会心の漁になりそう!


チョロの反応が無いのも集中が切れない要因かもしれねぇな。





ホイっと!





イメージ 5




またイワナ。

コイツは、いつぞや空振りした事のあるポイントから出てきたヤツ。


一層集中できた結果だべか?





イメージ 6



イメージ 7




そういやぁ、アイツが来ないな・・・・・・・。




と思ってたら、








イメージ 8






最近のお約束、ニジマスも水揚げ。


掛かった瞬間、大きなヤマメだと勘違いしてしまいました。





勘違いと言えば、今日のこれまでの2尾のイワナ、コイツ等の掛かってからのスピードが凄かったんだっけ。


その速さに、2回ともニジマスだ!って勘違いしたっけモノ。

やっぱ、混生区に住む魚は、性格も多少変わってくるんだべかね?





イメージ 9



コイツは成魚放流の個体だべか?えらぶたが少し足りないみたい。




んでも、ここまで空振り、バラシ無し!

ウソみてぇだな!






イメージ 10




んでも、寄る年波のせいだべね・・・・・・・・


集中が途切れ始め・・・・・・・



『あちゃ〜、合わせ切れだ!』


『おっ、出た〜・・・・・・・・・ふっ・・・・・・・・・』


『あの出方で咥えないってが〜』


『おろっ、いつの間にか毛鉤が無い〜!』


『なにが一期一会だ!』


こうなりゃ、いつもの・・・・・・・・叩きまくり作戦だな・・・・と。


数撃って当たれ〜ってね。






イメージ 11




で、またさっきの独り言の繰り返し(笑)




しばしして・・・・・・・




イメージ 12





またしばしして






イメージ 13





空振りが多くなったものの、せめてもの救いが、本日イチを空振りしてない事。

とりあえず、要所要所では、針掛かりしてるもんな、上出来だわね。






で、


今季最後の魚は・・・・・・




イメージ 14




秋色に色づいた美肌のヤマメで〆ました。






イメージ 15




はっ?何か文句ある?





そう、〆たつもりでいたのは事実。




実は、・・・・・・・さらなる釣果を狙って、この後1時間位無駄に遡行したんでした!





しかも、出てくるのがみんなちっちゃくなって・・・・・・・・




イメージ 16



たまに掛かるのはこんなのばっか。



しかも、退渓と決めてたトコロで空振りで終了!





あの美肌ヤマメで止めきゃよかった(笑)






イメージ 18



去年覚えた・・・・・ナントカって花。

ショーロンポーとか、トージンボーみたいな名前(笑)



そりゃ、覚えたって事にはなんねぇってね。


覚えた事を覚えてたけど、肝心のトコは忘れてるって・・・・・・ね。

老化以外の何物でもないな。





んでも、


老化は進むものの・・・・・(笑)


ケガも無く無事シーズンを終われてよかったべかね。

気持ちよく釣りに行かせてくれた家族にも感謝だな。


どれ、毛鉤の道具は一旦仕舞って、海やらヘラブナの用意をするべかね!


そうそう、



ピンクの花、シュウカイドウでした(笑)

また忘れそうだな。




イメージ 17













.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事