為替teacherのFX配信申込み前にチェック!評判と口コミ

50〜120pipsくらいでストップ(逆指値)を入れている。ストップ管理をきちんとすれば、コンスタントに収益を上げることができる
為替teacherのFX配信は、株式会社オムニが販売している
FXのシグナル配信サービスです。

まずは、ここから







この記事に

あるロジックに自己の裁量を加え、上げているときに反転ポイントを予測して「売り」を狙い、下げているときに「買い」を狙うという、いわゆる「逆張り」。もちろん相場にあわせて順張りトレードも行うこともある。

ロスカット幅は、順張りに比べ小さくすむ。

50〜120pipsくらいでストップ(逆指値)を入れている。ストップ管理をきちんとすれば、コンスタントに収益を上げることができる。

取引き通貨は複数で持つときもあるので、トレード通貨ペアは主要3通貨(ドル円、ユーロ円、ポンド円)とユーロドル、ポンドドルの5通貨ペア。USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CHF/JPY EUR/USD GBP/USDだが、配信では80%程度はUSD/JPY EUR/JPY GBP/JPY EUR/USD GBP/USDで行う。

勝率を高める為に、無理なポジションは持たない。その為、配信の無い日も考えられるが、通常1日に1〜2回の配信。配信時間については朝9:00〜夜24:00。指値注文のメールを早めに入れる予定で、時間的余裕はある。

成行で配信されても、その値では注文できない為、原則指値での配信。ロスカットについてはテクニカルの節目で設定。通貨にもよるが概ね50〜120pip。

新規保有シグナルについては、指値注文価格とストップ価格を同時に指値でメール(ストップが設定されていない場合は、追って確定値を連絡)約定後にリミットを指値でいれる。

決済シグナルは、ロスカット時は事前に通知するが、利益が出ている時は設定した目標価格までトレイリングストップをかけながら、大きく利益を獲得する。

運用ロット数と資金管理は、推奨すれば資金15万円に対し1万通貨、余裕をもって取引きを考えるのであれば資金20万円で1万通貨の取引きであれば、十分な利回りを獲ることができると考えられる。

>> 為替teacherのFX配信のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事