くのーるの6畳間

楽しいこと、つらいこと、うれしいこと、悲しいこと、いろいろある。気になること、どうでもいいこともある。

その集中力にびっくり

41歳男子の最後の2週間。
パソコンに向かうか、書類をシュレッダーするか。

最後の2日間は、ほぼPCに向かっていた。
何、しているの?

「会社から、アンケートの提出を頼まれて」

あ〜〜。退職時アンケートね。
会社は、退職者の意見を聞きたいんだよね。
で、どうしてそんなに時間がかかっているの?

「この会社で働いてどうだったか、感想を書かないといけないんですよ」
「僕は、在職期間は1年半ですけど、最初はE社で東京勤務。そのあと転勤してますし」

ふ〜ん。
でも、記載欄って、400文字もないんじゃない?

「そうなんですよ。
まずは、ワードで2枚くらいで書いてみて、
そこから文章を短くする作業をしています」

はい〜〜?
ワード2枚を400文字にするの?

「はい!」

すごい集中してたな〜。
いつもは、一時間に2回は無言で席を立ち、どこかへ行く。
(トイレ、またはタバコ)

メーカーの1時間の勉強会では3回も席を立った。
後で注意したが、「昔から、トイレが近くて」と。
あ、その場ではあっけに取られて言えなかった私。笑
とりあえず、泌尿器科へ行ってみたら?と助言してみたが。

それが、午前も午後も2時間くらいは集中してPCに向かってた。
すごい小説書いてるのかい?
なんてイヤミを言ってしまったが、響いていない。

で、内容をちょっと見せてもらったら。
小学生の作文だった。
先輩にくっついていって、こんな見学した、これも同行した。みたいな。

(これ、感想じゃないだろう〜〜〜)

最後の一文は、
また、この業界で働くことになったら、この会社に入りたいです。
そうしたら、一生懸命、勉強します。


(ありゃ〜〜〜〜。)
(採用されないと思うけどね)

なんだろう。
また、この会社で働きたい、とか。そういうことを書くんだね。
それって、本心なのか?
それとも、そう書くもんだ、っていうテンプレートなのか?

おせっかいな贈る言葉

自分でもおせっかいなオバサンだと思う。
若い子ちゃんは、41歳男子の退職が決まって、
教えてあげることをやめた。
「いなくなる人に、今更教えても・・・」
「彼のミスを見つけても、自分がやればいいんですから」

そうだよね〜。賢い選択だと思う。

それが、おせっかいオバチャンにはできなかったな〜。笑

彼の出勤最終日に、ちょっと話をした。


この本に書いてあったことを思い出したのだ。
何しろ、41歳男子は質問をしてくることがなかった。
で、周りを観察することもない。
まあ、この仕事に興味がなかったのかもしれないけども。

今後は、実家の仕事を手伝うという。
実家では兄が社長で、従業員も何人かいるらしい。
そこに、社長の弟が突然帰ってきてて中途入社?って感じ?
(ホントに実家に帰るのかは、定かではない気がするが・・・笑)

ま、贈る言葉なんてたいそうなものでないけど。
とりあえず、
・他の従業員の仕事ぶりも観察すべし
・注意を受けたら、どうして注意されたか、具体的に教えてもらう
・「言ってもらわわないと、わからないタイプなんです」と宣言すべし
みたいなことを話してみた。

いい年した社会人なんだから、それなりの態度を求められるよ。


でもまあ。
実家は第一次産業のようだし。
この仕事よりは向いているのかな?

こういう特性のある人にとって、
働く環境というか、仕事内容の選択は大事だと感じる。
それこそ、適応障害?みたいな状況になってしまうこともあるだろう。

Aさんなんぞは、今はイキイキしている。
で、ABさんは休職中だけど、
別の部署に行ったら元気になりそうな気がする。

本人が自分の特性を自覚できていて、
で、診断されていたりして、周囲の理解もあったりしたら。
周囲も本人も、お互いにサポートできるかもしれないが。

本人が自覚して、大人に求められる「自助」に取り組まないと、
苦しい適応障害やら、うつやらになってしまうんだろうな。
(他者を攻撃するタイプもおり、人それぞれですが・・・)

第2章でのできごとを綴っておこうかと思う。
カサンドラ妻のブログは多いが。
職場でのことを投稿しているブログは少ない感じですし。

不快に感じる方は、お読み捨てください。

41歳男子は忘れ物が多かった。
男子は基本、スーツを着用している。
男性のスーツはポケットが多くて羨ましいけどね〜。

私と一緒に出掛ける日は、
「名札忘れないでね〜」と声掛けしていたが。
さ、車に乗って出かけるよ、って時に。
「名刺は持ってる?」と聞くと、
あ!
と言い、オフィスに戻る。

何度かそんなことがあり。
私は反省した。
オフィスでの声掛けは、
「名刺と名札を持ってね」と言わなければダメなのだ。

スーツのポケットに入れる、という選択肢はないのか聞いてみたが。
毎日、スーツを着替えることもあるためか、
ポケットにものを入れたくないタイプなのか、
よくわからないが。。。。

は〜〜。というだけで、スーツのポケットに名刺を入れない。
そんなやりとりを見ていた若い子ちゃんは、
「くのーるさん、お母さんみたい!」と笑っていた。
私も苦笑い。
すると、彼も合わせるように笑う。。。。

「あなたは、馬鹿にされているんだから。
あなたが笑うとこじゃないからね〜!」と言うと。

きょと〜〜〜ん。笑

彼の退職が決まった最後のの2週間。
机の中の整理を命じたが。
書類の処分がわからない様子。
わからないことは聞いてね、と伝えたが。
シュレッダーすべき書類と普通に可燃ごみに出す書類がわからん様子。
で、ザックリ教えたが、一向にシュレッダーが進まない。

なので、一緒に書類を見てあげて、
「ネットにあるものを印刷したような、
一般的に出回っている資料は可燃ゴミね」
「これは、メーカー名も入っているから、シュレッダーね」
「このファイルは、メーカー名のシールをはがして束ねてゴミね」
などと、ひとつずつ説明した。

若い子ちゃん「お母さんみたい〜」と笑う。
一同、笑う。

そうそう。
忘れがちな名刺に対して、彼は対策をとったのだが。
それが、名刺をいろんなところに置いておこう、作戦。だった。笑

100均で名刺入れをたくさん買ってきたらしく。
各取引先の作業室に置き始めたのだ。
あちこちに、彼の名刺入れに入った名刺が置いてある。笑

考えたな〜〜〜〜。

でもね。
結局、スーツに入れてないとね〜。
作業室に行く前に、取引先の人に挨拶することもあるしね。

しか〜〜〜し。
対策を考えて、実行したことをほめてみた。
まんざらでもない顔をしていたが。

若い子ちゃんは、
「お母さんみたい〜〜〜」笑

で、やはり、彼も我々に合わせて笑う。
ま、馬鹿にするな!とか言って、怒るよりはいいのかね。

だめだこりゃ。

見られていること

今日は、若い子ちゃんと共に取引先へ。
そこには、元同僚Cさんがいるのだが。
Cさんの同僚ABさんも、ちょっと変わっている。


Cさんがやってきて、
「びっくりなんですよ〜」
「ABさんが昨日から休職3か月なんですよ!」
なにやら、精神科?心療内科?を受診し、
休んだ方がいいというアドバイスがあったそうだ。

心配〜。
ABさんは、Aさんとはまたタイプが違ってて。
しょっちゅう、Cさんとも、もう一人の同僚さんともバトルするらしい。
とにかく「教えてもらっていない」と言って、
Cさんやもう一人の同僚さんを責めるという。

自分が「どうしてできないんだろ」と考えるのではなく、
相手を責めるというのは、ちょっとタチが悪い気がする。
恨まれちゃうと、何をされるかわからないのでは?
なんて、Cさんと若い子ちゃんと話していた。

昨日、休職3か月を上司に言う時にも、
「何か月休ませてもらえますか!」と詰め寄っていたという。

一人暮らしらしいし、ABさん自身も大丈夫かしら。
と心配になる。

ところで、うちの会社を辞めた41歳男子はどうしているのか。
なんて話になり。
きっと、噂されているから、今ごろクシャミしているのかね。笑

41歳男子は、E社出身。
7月にうちの会社と統合したわけだが。
春に彼のPCのデスクトップを見たら、
フォルダやらファイルやらでいっぱいだった。

7月にP社になったら、新しいPCが貸与されるけど。
P社は、デスクトップにファイル類を置くのは禁止だからね!
E社では、USBメモリーが与えられ、それに保存していたけど。
USBを挿すのも禁止だから。
P社は、サーバーに接続して、個人フォルダに保存だから。
あ!いろんなシステムに入るためのアカウントとパスワード。
デスクトップにペタペタ貼っているけど。
それ、ダメだから〜〜。
パスワードが覚えられなかったら、
手帳に書くとか、スマホで写真とっておくとか、してね。

「はい。わかりました〜」

そして、7月以降に新しいPCの画面を見たら。
やっぱり、同じ状態。

で、1か月後も同じ状態。
通じていないのか、よくわからない。。。。

会社のPCは、置き忘れたり、盗まれたりしたときに、
中の情報をみられたら、まずいんだよね。
個人情報はもちろん、メーカーの機密情報もあるし。

「はい。そうですね」

だから〜〜〜。
そのPCにデータを保存していちゃダメなのよ。
そのデスクトップに貼ってあるパスワードなんて、最悪だよ!

「はあ。。。」

PCの具合が悪くなったり、プリンタドライバを入れるときには、
システム担当者に連絡し、遠隔操作をしてもらうよね。
さんざん、何度も操作してもらっていたよね。

だから〜〜〜。
デスクトップに、そんなにファイルやらパスワードを貼っているの。
それ、システムの人に見られている、ってことだよね。
システムの人は、あなたが会社の決まりを守っていないことを見ているよ。

「あ!」

ようやく通じた瞬間だった。

見られている、って感覚を感じにくいのだろうか。

Aさんは、そのあたりは真面目というか、
デスクトップに置かない、は忠実に守っていた。
でも、パスワードはデスクトップに大きなSticky Notesを貼り、
「便利ですよ〜〜〜」と使っていた。
ちょっと微妙な忠実さ。笑
やはり、根拠が理解できていないせいだったのかな〜。

ファイターズ終了

あ〜。
終わってしまった。ファイターズ。
昨日、一勝一敗に追いついたんで。
今日はもしかして、なんて思ったけど。
あ〜。
個人的には、ピッチャーは出し惜しみせずに使って欲しかった。
ま、タラレバ言っても仕方ない。
さ。次は、西武を応援しまっせ!笑

パリーグの順位は、母の予想が的中〜。


スポンサーはおらず。笑
的中の賞品などはないのだが。
も〜、本人はずっと威張ってます。笑
「お母さん、さすがでしょ!」
う〜ん。嬉しそう。

ちなみに、母も西武を応援📣
日本シリーズは、ぜひとも、西武と広島に戦っていただきたい。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事