★売れる店売れない店・繁盛店★

売れる店・繁盛店への店づくりはどうすればいいのか !!

ブランドを考える

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

【ちゃんとプロモーションするとこうなる!】(京都、世界の観光地1位)

(転載:2014.07.03Facebookページ掲載分)

日本は、あらゆる面で、発信力が弱すぎます。いろいろな分野で、日本の潜在能力はとても高いのだから、もっともっと発信して、本当に良い物を世界に広めたいものです。

ただ、仕事を通じて、こんなにイイコト・イイモノ・・・もっと世に発信しましょう!と提案しても、「あえて強く言うものではない!」とか、「そこはお金を使う所ではない!」などと言われる事がとても多い。これが、まだまだ日本人のスタンダードなのか?と思わされます。

国内であっても、外資の参入が様々な業界にあり、彼らのメンタリティーは明らかに違う。だからこそ、日本らしさがあって本当に良いモノやサービスを、多くの人に知ってもらいたいと日々思います。

京都のコトは、良い例だと思います。真にナショナルなものこそ、インターナショナルになる!表現・発信次第ですよね。

「ボロを着てても心は錦」は、日本人の精神として素晴しいかもしれませんが・・・ボロを着てると話を聞いてもらえないし、表現しなければ心もわかって頂けません。また人の心を「察する」というのも、日本人の素晴らしい文化だと思いますが・・・「察してもらえる」と思うのはただの甘えになります。

あちこちに もったいない コト モノ ばかりです!

関連記事



繁盛店・VMD・売れる店づくり・店舗カイゼンのコンサルタント
ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO) http://www.knot.at/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2014年度日本版顧客満足度指数
(第1弾8業種)



繁盛店・VMD・売れる店づくり・店舗カイゼンのコンサルタント
ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO) http://www.knot.at/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ブランドアジア2014

ブランドアジア2014
調査結果が公表されました(2014.05.30)


さて、日本ブランドは?



繁盛店・VMD・売れる店づくり・店舗カイゼンのコンサルタント
ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO) http://www.knot.at/
フェイスブックページ https://www.facebook.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

(2014.02.25フェイスブックページ投稿の転載・一部加筆)

知人がシェアしていたので読んだSONYの記事ですが、悲しい気持ちになりました。

 現代ビジネスの記事はコチラ!▶ http://goo.gl/OLGkfZ

ボクは昔からSONYファン。正しくは、ファンだった・・・が正しい。数年前、息子が音楽プレーヤーを持つようになった時にも、ウォークマンを買い、なにか不思議な満足感があった。しかし、その後息子から言われたのは、iPodを買って欲しい!だった。イマ、彼はiPodを楽しそうに毎日使いこなしている。

父の仕事の関係で、物心ついた頃からSONYに触れていた。小さい頃に、父が東京出張から帰ってくると、銀座のソニービルの模型の❝トランジスタ❞ラジオを持って来た。イマ思えば、父は当時世界的にも革新的だったソニービルの、竣工パーティーか何かに出席して持ち帰ったものであろうと思う。

兄と一緒に、いつもそのラジオをいじっていた。それから長い時間が流れて、上京した際に初めて見たソニービルは、ボクにとってはラジオ以外の何物でもなかった。

確か世界初だった、家庭用テープレコーダー(大きなオープンリール)も、ある日父が家に持ってきた。兄と幼い二人で、徹底的にいじりまくってあらゆるものを録音して楽しんだことが、昨日のように思い出されて懐かしい・・・

その後も、SONYのものばかり使った。ラジカセ、トランシーバー、最初のウォークマンはもちろん買ったし、初めて買ったノートPCはもちろんVAIO。でも、この記事を読んであらためて思った。いつの間にか、自分も大好きだったSONYを買っていない。

記事の中に、印象的で心に響く言葉があった!ある時期から、「世界初」ではなく、「世界一」を目指すようになってしまったのだという。。

あらためて、ブランドとは?内にも外にも求心力とは?変えて良いものと変えてはいけないものとは?・・・考えさせられた。スグに浮かんだ言葉は、一番難しくて一番大切な「伝統と革新」この両立と、いかにそれを上手く表現しなければならないかである。

新しいものは、ゼロからやればイイ!古いものは、同じことをやればイイ!しかし、それを融合させるのは最も大切で最も体力が必要だ。。

現代ビジネスの記事はコチラ!▶ http://goo.gl/OLGkfZ


繁盛店・VMD・売れる店づくり・店舗カイゼンのコンサルタント
ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO) > http://www.knot.at/
フェイスブックページ > https://www.facebook.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

サーカーのワールドカップも、残るは2試合。
ちょっとさみしい気もしますが、決勝戦のカードがどうなるか?
まだまだ楽しみでもあります。
 
今朝のウルグアイのねばりもすごかった・・・
最後は思わず手足に力が入り、身を乗り出して観ていました。
 
もちろん我らが日本代表にも、大いに熱くさせてもらいました!
PK戦で・・・というのは残念でしたが、
あと一歩という思いと共に、満足感も込み上げて来ました。
やはり、一生懸命な姿は感動を呼びますね。
日本人が最近忘れがちなコトを、思い起こさせてもらったような気がしました。
 
 
サッカー好きな私。。
ついついのめり込んでしまうのですが・・・
 
今回のワールドカップは、前評判の良くなかったサムライジャパンが、
あれほどまでに活躍し、海外メディアはおおむね称賛の声が多く、
日本国内は手のひらを返したように評価を180度変えました。
 
今回ほど、評価が変わったコトも無かったと思います。
今までは、期待されて・・・結果は惨敗。(ホームは除く)
それはあまり大騒ぎにはならないものです。
(ちなみに私、日本開催の最後のトルコ戦観てます。)
 
でも今大会はいつもより、インパクトが明らかに強くあります。
 
大抵の日本人が、「裏切られた」訳です。
 
商売も同じです。
人は大きく「裏切られる」と、強い印象を持つのです。
ただし、あくまでも良い方へ・・・お客様を「裏切る」のです。
そうするとどうなるのか?
前述のとおり、言わなくても結果は見ての通りです。
 
 
自分がサービスを受ける時、少しでも嫌な思いはしたくありません。
 
旅先の知らない宿や、はじめて行くレストラン。
ネットの写真や書き込みで期待して、行ってみたら「なんだ普通だ」、
なら良いですがマイナスがいくつか有ると、「最悪だ」になります。
 
逆に、安いのであまり期待しなかった宿に行ってみたら、
至れり尽くせりの素晴らしいサービス。または思っても無かったキレイな施設。
これはもう・・・「最高だった」という、大満足な評価になります。
 
お客様を、「裏切る」のです。
しかも大きく、良い方へ!
これは何かを強烈にうったえる、ひとつのやり方です。
 
 
そしてサムライジャパンを見ていて、やっぱり、、
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」(孫子)だな〜とあらためて思いました。
 
これは、ブランディングにおいても基本です。
敵(競合他社)の弱みと強み、自分のチーム(我社)の弱みと強み・・・
これをしっかり知り、整理する所から始まるわけです。
 
そして敵の強みや羨ましく思える所には、必ず裏に弱みが潜んでいます。
そういった事を冷静に分析すると、自分のチームがどう戦えば良いかが見えて来ます。
 
サムライジャパンも・・・相手の嫌がるコト、相手の良さを消すコト、やっていましたね。
対戦国のマスコミが、「日本人の体力に気をつけろ」と言うくらい、相手より良く走りました。
商売においては、営業妨害するわけにはいきませんから(笑)、これを自分の所でやるわけです。
つまり相手が出来なくて、自分のチームが強いコトを見つけるのが基本です。
 
 
あのチーム、最初は自分たちのやりたいサッカーを目指していました。
でもみての通り、上手く行きませんでしたね!
「俺たちはへたくそなんだから・・・」
と、トゥーリオが言ったらしいですが、そこから冷静になって、
自分たちが本当に出来る事、弱み強みを本気で考えたのではないかと思います。
 
そんなチームづくりをしたからこそ、結果が出て、成長したのではないかと思います。
そしてこれからのサムライジャパンの生きる道が、かなり見えてきたような気がします。
 
言いたいことが多くて、またついつい余計な話が多くなったかもしれません。。
 
 
仕事を通じていつも、同じようなコトを感じます。
売りたいモノを売りたい売り方で売っている・・・店がいかに多いか。
売れるモノを(自分たちが)売れる売り方で売らなければ、
サムライジャパンのような、世間を裏切るような結果は出せません!
 
その前に、「俺たちはへたくそなんだから・・・」と言ったような、
(こだわりを捨ててみる)
 
まず最初に 「意識改革」 がとっても重要になりますね!
 
ワールドカップを観て、
つくづく自分の仕事を振り返らずにはいられない・・・今日この頃です!
 
 
今日はハーフタイムに、バタバタと書いてしまったような格好です。
良くわからない所があるかもしれません・・・スミマセン。。
ロスタイムも無かったので・・・(笑)
 
 
★繁盛店・VMD・売れる店づくりのコンサルタント“強い味方”
★ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO)→ 
http://knotds.com/
★関孝之のプライベートサイトはこちら → http://knot.jimdo.com/
★ふつうの日常ブログはこちら → http://ameblo.jp/takayuki-seki/
★ツイッター(つぶやき)はこちら → http://twitter.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事