★売れる店売れない店・繁盛店★

売れる店・繁盛店への店づくりはどうすればいいのか !!

日常の出来事から…

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

【飲食業経営利益額ランキング2013年度】単位百万(伸び率%)日経調査

(転載:2014.06.24Facebookページ掲載分)

①スターバックスコーヒージャパン>11,400(17.0)
②日本マクドナルドホールディングス>10,236(▲56.9
③ドトール・日レスホールディングス>8,830(15.4)
④プレナス>8,727(22.0)
⑤サイゼリア>8,450(▲19.7)
⑥ゼンショーホールディングス>7,454(▲46.3)
⑦サンマルクホールディングス>7,300(9.6)
⑧王将フードサービス>7,060(▲22.2)
⑨エームサービス>5,500(▲1.7)
⑩コロワイド>5,345(55.2)

この記事に

開く コメント(0)

夏のごあいさつ・・・
楽しく思い出に残る
ステキな夏休みをお過ごしください

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

KNOT DESIGN STUDIO のホームページ、
ドメインが変更になり移転・全面リニューアルしました。

いろいろなヒントが有ると思いますので、
ぜひぜひご覧になってください!

新しいアドレスはこちらです → http://www.knot.at

Facebookページはこちらです → https://www.facebook.com/knotds

何卒よろしくお願いします。。

この記事に

開く コメント(0)

悩めるミクシィが反撃開始・・・とのコト。

日経ビジネス

私の場合、最初に使ったSNSがmixi。。もう数年前の話で、しばらくは随分と使わせて頂きました。そのうち、GREEもやり始め、それぞれの機能の違いというよりも・・・集まる人の違いから、その性格の違いを自分なりに使いわけていました。

その他blogを書いていると、SNS的要素を持ったアメブロが広がったので使ってみたり、ツイッターが上陸したので使ってみたり・・・使ってみて、その時期によって、自分なりに使い方や楽しみ方は変わって来ています。

そして今年になって、フェイスブックがメインになっていますが・・・つい最近になって日本でも使えるようになったGoogle+、これも登録済みですが、機能は時々イジッてみながらも、自分としては使い方を考えながらまだ様子見状態です。Googleのサービスは、さんざん使っているので、その関連性から自分にとって使い勝手が良いのはわかります。

SNSについては、リアルにお会いしたことが有る方としか、基本的にはリンクをしない方針です。一部リンクしている場合もありますが、大抵の場合はその後にお会いして、その人物をリアルに知っています。つまり、出会いの場ではなくて、交流の場と考えています。しかし、結果的には日常ネット上で交流していると、同じSNSに居る人をリアルに紹介されたりするので、人との出会いに結びつきます。

皆さんの場合は、どんな感じですか〜?

ということで、mixiが企業利用を解禁したとのコト!(mixiページと言うらしい)
けっこう各企業が飛びついて、たった2日間で8万ページ以上が開設されたようです。私も眺めながら、クライアントと話をしてみたいと思いますが、若年層向けのマーケティングや、掘り起こし、また、将来の顧客予備軍を育てるというコトには有効かも?またいろいろと、考えて見たいと思います。。


★繁盛店・VMD・売れる店づくりのコンサルタント・強い味方の関孝之
★最新情報はfacebookページへ → http://goo.gl/eLicn
★ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO)→ http://knotds.com/
★関孝之のプライベートサイトはこちら → http://knot.jimdo.com/
★ふつうの日常ブログはこちら → http://ameblo.jp/takayuki-seki/
★ツイッター(つぶやき)はこちら → http://twitter.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

東日本大震災に被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。


想像をはるかに超える被災者が出ていることには、
大変なショックを受けております。

今後も迅速な人命の救助、
及び被災者に出来る限りの良質なケア行われますことを、
ただただ祈るばかりです。


また、この度のことで、仙台出身のわたくしを案じて・・・
大勢の方からお見舞いのメールや電話等頂戴し、
とてもとてもご心配を頂きました。

わたくしは地震発生時に渋谷におりまして、特に問題はございません。
被災地の事を思うと、歩いて帰れただけでも贅沢だと思っております。

仙台で産まれ育ち、青森を第二の故郷と思い、
福島もルーツに持つ自分としては、身体をえぐられるような思いであります。
今後の復興に向け、東北人が不屈の精神で皆が立ち上がり、
見事だと言われるまでの東北を創り上げて、
次世代のこども達に伝えていって欲しいと願わずにはいれません。


昔から、東北人は粘り強いと言われています。
いまこそ、その真価を日本中、いや世界中に示す時だと願います。
わたくしも、自分に何が出来るのか、考えて行きたいと思っております。

皆さま本当にありがとうございます。
そして、今後も東北を仙台を、何卒よろしくお願い申し上げます!


がんばれ!


2011年3月15日
ノットデザインスタジオ (KNOT DESIGN STUDIO)
関 孝之 (Seki Takayuki)



この記事に

開く コメント(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事