★売れる店売れない店・繁盛店★

売れる店・繁盛店への店づくりはどうすればいいのか !!

店のつくりのおはなし

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

売れる店にするには…

簡単に出来る事がある??

そんな事があるならスグにでもやりますよ!


と、おっしゃる方が多いと思います。

売れるには?

まず売れない要素を消していく事のほうが、わかりやすい方法です。


暗い店。。。

コレは売れません。

売れない店に大抵あるのが、この 「暗さ」 です。


あなたのお店は、「暗く」 ありませんか?

物理的要素も心理的要素も、共にチェックしてくださいね!


非常に多いのが…

何年も同じ蛍光灯を使っているお店。
要するに、これらのお店のオーナーは、玉が切れたら交換するのです。

最近の値段の高い玉は、明るさを結構維持するようになって来ましたが、
ご存知のように、蛍光灯はだんだん暗くなり、
切れる頃には最初と比べて非常に照度が弱くなっています。

つまり、切れたら交換する…では、
お店全体の照度は、開店時に比べて、とんでもなく暗くなってる事があります。

コレ、お店の運営をしている側は、
いつもいつもそこにいるので、ちっとも気がついていないケースが多いのです。
なんでも、自分の事にはなかなか気がつかないものです。


店は、常に客観的に見る努力が必要です。
また、客観性を保つために、第三者にキビシく見てもらう事も必要です。
そして、お客様をいつも注意して観察し、コミュニケーションをとる事で、
教えて頂く事も多いと思います。


もし、前述のような方針で、、玉交換は切れてから…であるならば、

“スグに全部交換してください!”

物理的に明るくなっただけで、売り上げが上がる例は沢山あります。


それと、せっかく全部玉を交換するなら、
お店で扱っている商品に合った、玉の色をセレクトしてくださいね。
メーカーさんに相談すれば、技術的な回答を得られると思います。

扱っている商品の色合いや、店の性格で、玉は選ぶべきです。
特に食品関連に蛍光灯を使う場合は、非常に重要です。
新鮮なモノも、間違うとだいぶ時間が経ったモノに見えたりしますよ。


蛍光灯の玉って…
私たち店づくりに関わる者にとっては、何種類もあるんです。
一般のスーパーなどでも、白いもので2種類、それと電球色と、
大抵3種類は置いてあると思います。


さあ、お店が明るくなったら!

次は心理的な 「暗さ」 はありませんか?

ここにも 「暗さ」 が潜んでいれば、コレを消していきましょう!

まず第一に “笑顔” ですね。

“笑顔” はお店の七難隠しますヨ!


またお話させて頂きたいと思いますが、
物理的に簡単に出来る、代表的なコトを述べさせて頂きました。
経験上、非常に多くみられる事例だからです。

店を運営されている皆さまの、成功を祈念申し上げます!


★繁盛店・VMD・売れる店づくりのコンサルタント“強い味方”
★ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO)→ http://knotds.com/
★関孝之のプライベートサイトはこちら → http://knot.jimdo.com/
★ふつうの日常ブログはこちら → http://ameblo.jp/takayuki-seki/
★ツイッター(つぶやき)はこちら → http://twitter.com/knotds

この記事に

開く コメント(0)

本日は、単純にはいかない?おはなし。


お店を計画するとき、経験上、、
数値どおりにいかない事が身にしみている例をあげます。

少々言ってみたいのは、
感覚と経験の判断がいかに大事になってくるかという事ですけれど、
理論的なアプローチも常に同時に行いますから、
理論と感覚は、結局どちらも大事と思っていますが・・・



例えば・・・色を決めるとき、何日も寝かせて悩む事があります。


なぜか・・・

まったく同じ色でも、まわりの環境によって違って見えて (感じて)しまうのです。
また塗装する素材や、照明によっても随分と違う色に見えます。

さらに人によっても感じ方が違う。
女性・男性・地域・育った環境・etc…いろんな事が影響してきます。
ちなみに関東と関西では、
好まれる色が違いますから、街の雰囲気にも影響しています。
ただ、最近は昔ほど明確な違いは無くなって来たと感じますが・・・



例えば・・・照明の明るさを照度計で測った数値と、実際の明るさ(感)は違います。


なぜか・・・

数値上明るくしても暗く感じる場合と、
逆に数値上低めでも明るく感じる場合があるのです。

同じ店でも、光のあて方(ライティング)によってまったく変わります。
そしてまわりの店によっても、違って見えてしまいます。
隣はもちろん、スグ近くにコンビにやドラッグストアなどが有る場合は、
物販店であれば、かなり明るめに設定しないと暗くて陰気な店に見えてしまいます。
それは、郊外か街の中かによっても判断が変わります。

同じような照明計画をしても、ある場所では良くてある場所ではダメになる。
単純には?いきません。

また照明器具に付ける玉の種類によって、
照射する対象物の色や雰囲気はかなり違って見えるのです。
間違えば、美味しいものもまずそうに見えてしまったり、
逆にうまく使えば、もっともっと美味しそうにも見えます。



少々ズレまして、昔の中国のお話し・・・


あるところに、「不老不死」の方法を知っている者が居る。
それを聞いた王が、部下に命じてその者の元へと遣いを出した、
するとその不老不死の方法を知っているはずの者が、なんと死んでしまっていたのです。
不老不死の方法を知っている者でも死ぬのなら、やっぱりそれは無理な話か?

という笑い話のようなお話しですが、
このお話しは、ある事を教えているという事です。

つまり理屈を知っている者が、実践出来るとは限らない!

そうですよね。
金融商品を売っている方が、よくコレでこんなに儲かるって話しを言いますが、
それを語っている営業マン、大金持ちになっているわけではありませんよね・・・
そんなに儲かるなら、会社とっくに辞めてますよね。(笑)


労を惜しまず、理屈だけに偏らず、よい経験をたくさん積まなければ!



★繁盛店・VMD・売れる店づくりのコンサルタント“強い味方”
★ノットデザインスタジオ(KNOT DESIGN STUDIO)→ http://knotds.com/
★関孝之のプライベートサイトはこちら → http://knot.jimdo.com/
★ふつうの日常ブログ+ツイッターはこちら → http://ameblo.jp/takayuki-seki/

この記事に

開く コメント(0)

自信を持って綺麗な店をつくろう!


ある国で実験したという、
窓を1箇所割った車とまったく普通の状態の車、
この2台を用意して、街角にしばらく放置する。

・・・どんな事が起きたか?

窓が割れた車はどんどん悲惨な状態になっていく。
つまりいたずらされたり、車中から何か盗まれたり、最後にはボロボロになったそうだ。
一方普通の状態の車は、一方がボロボロになってもまったく置いた状態そのままであった。


これは人間の心理を良く「あらわにした」実験であると思う。


商業施設の計画をする際、このような話がよくある。

  「うちの店はそんなに綺麗にしなくてもいいですよ。」
  「そんな綺麗なトイレ必要ですかね?」
  「路面にそんな大きな窓をつけて割られませんか?」
  「綺麗になりすぎると掃除が大変ですね。」
  「このへんはあまり綺麗な町ではないのですよ。」

・・・などなど。


あなたは同じモノを買う、または同じような食事をするとき、
綺麗な店と汚い店?どちらを選んでいるだろうか?
考えもせず、自然に綺麗な店へ足が向いているのではないだろうか?


綺麗なトイレを汚しますか?
綺麗なトイレを汚すのは、誠に申し訳ないと感じるのではないだろうか?

美しい大きな窓で、綺麗な内装が見えるお店の窓を割ろうなどと思うだろうか?
世にいるワルガキ?達も、そんなに目立つところの窓を割るだろうか?

最初から掃除をあまりしないつもりのお店で、繁盛するとお考えだろうか?
毎日掃除をするのは、お客様の立場に立ったお店では当たり前のことではないだろうか?

まわりに綺麗なお店がなければ、より目立つし、個性が際立つのではないだろうか?
綺麗なことと、町に合うか合わないかは別の話である。


私が今まで関わった仕事で、割られた窓や、らくがきをされたトイレは一つも無い。
中途半端な計画をするのではなく、、、繰り返すが、自信を持って綺麗な店をつくりたい!
ベースをしっかりつくることで、入りやすさ・見やすさ・買いやすさ・・・
等々さまざまなビジュアルの計画や演出がとてもやりやすくなります。


小笠原清務氏(1846〜1913)はかつて次のように述べています。

「あらゆる礼法の目的は精神を陶治することである。
 心静かに座っている時は凶悪な暴漢とても手出しするのを控える、
 というが、そこまで心を練磨することである。」


 ★ KNOT DESIGN STUDIO(ノットデザインスタジオ)ホームページ
   >> http://www32.ocn.ne.jp/~knotweb

 ★ ブログランキング:よろしければ[傑作]と合せ下記アドレスをクリック(一票)願います。
   >> http://blog.rankingnet.com/84/ranklink.cgi?id=KNOTDS

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事