ここから本文です
CQ CQ de JF3KNW
仕事の合間に楽しむのが趣味なんだけど・・・なかなか時間が取れません

CQ DXマラソン 2017

9 June 2018   425DX NewsNo.1414から抜粋

年間のDXハンティングを競うUS CQのDXマラソン2017の結果が発表された

CQ DX MARATHON --->The CQ DX Marathon is a year-long DX hunt, with

participants competingto see who can work the greatest number of countries

("entities")and CQ zones during the calendar year.  Completeresults of the

 
2017年1年間で、332エンティティからのQRVがあったとのこと。
入賞するには、はたして332の内、いくつ交信する必要があるのだろうか。
昨年日本のCQ誌でも同様の企画をしていた。リタイアしたらぜひ挑戦してみたい。
 
US CQのサイトの内容を要約
・サンスポットの低下で参加局の減少が心配されたが、逆に参加者が増加した。特にアフリカ、アジア、オセアニア、南アメリカからの参加が増え、ワールドワイドな競争になった。

2017年に交信可能だったエンティティの数は332。これは2016年と同じだった。各バンドには、まだ多くのDXアクティビティーがある。しかも33DXマラソン記録が破られたことは驚きに値する。デジタルモードへの移行を反映し、6大陸中4大陸でデジタルの記録が塗り替えられた。また、6m, 80m, 160mの記録も破られた。しかし、10m, 12m, 15mの記録が破られることはなかった。ハイバンドのQSOが全体に占める割合は前年が34%だったが24%に減少した。

・総合トップスコアは、K2TQC328。アクティビティーのあった総エンティティの内4つ落としただけだった。彼は2年連続トップ。2位は、PY5EG326。3位は、OM3EY324。以下R6YY323, VE3VEE322

100W部門の1位は、SV1CNS276QRP 5W部門は、ログの提出もスコアもこれまでの年に比べ大きく減少した。QRP部門1位は、K4ER238。特筆すべきは、彼のQSOの大半がWARCバンドだった。

CW部門の1位は、OK2PAY318。フォーン部門の1位は、IK0OZD308

・前年との大きな違いはデジタルモードの増加。2016年に比べ50%増。デジタル・オンリーの参加も50%増えた。デジタル部門の1位は、OM5XX290

・シングルバンドのバンド別の最高スコアは、10m11412m15515m24517m23420m32240m30580m265160m198

・アジアのトップは、A65CA2972位は、JA0DAI288

この記事に

開くトラックバック(0)

前回、KH1から電波が出たのはいつ頃だったのだろうか?
かなり以前の事のような気がするが?
KHは、KH1, KH3, KH5, KH7など、あとの数字に奇数が付くエンティティからの運用が少ないように感じる。
偶数では、KH4も最近島への上陸が難しいようだ。

6月2日付 425DX News から抜粋。

KH1/KH7Z (6月26日〜7月6日)
2 June 2018   425DX NewsNo.1413から

KH1/KH7Z---> The KH1/KH7Z DXpedition to Baker Island [425DXN1409] expects

to beQRV from 26June to 6 July. Plans are to be QRV as follows:

 

CW  1826.5 3523 5405/5373 7023 10108 14023 1807921023 24894 28023 50105

SSB - 37855403.5/5371.5 7082 14210 18130 21285 24955 28485 50105

RTTY - 3580 704510142 14080 18099 21080 24912 28080   -

FT8 -  3567 5357 7056 10131 14090 18095 21091 2491128091 50316

 

As forFT8, KH1/KH7Z will be using the DXpedition Mode: "members of the

DXpeditionhave been working directly with the WSJT Development Team for the

past sixmonths to develop capabilities to greatly increase the number of

stationsthat can be worked on FT8 while also reducing the stress on

DXpeditionoperators.  It is the intent of the teamto work everyone on the

mode onevery corner of the globe".  Makesure you read "WORKING KH1/KH7Z

USINGTHE FT8 DXPEDITION SUBMODE"

whichdescribes "how we intend to operate as the 'Fox' and how we recommend

all the'Hounds' operate in order to put a new one in the log for as many as

possible".

この記事に

開くトラックバック(0)

6月のDX 472DX News No.1413

最近、ほとんど無線をする時間が取れていない。
今朝、久しぶりに無線機の前に座ると、21MHzで北海道の局が強く聞こえていた。
18MHzも国内QSOでにぎわっていた。

2 June 2018 OPDX News Calendar  No.1413から抜粋

PERIOD           CALL             

till 02/06      6Y6N: Jamaica (NA-097)

till 03/06      A25VR: Botswana     

till 09/06      S9ZZ: Sao Tome Island(AF-023)

till 15/06      FR/F4HPX: ReunionIsland (AF-016)

till 30/06      HH70A: specialcallsign            

till 01/09      RI1FJ: Franz Josef Land(EU-019)  

till 31/10      HL50IARU: specialcallsign        

till 31/12      5W20SAMOA: specialcallsign (Samoa, OC-097)

till 31/12      SU9JT: Egypt                              

till March 2019 VK0AI: Macquarie Island (AN-005)          

05/06-24/06      9X2AW: Rwanda                        
06/06-16/06      VP9/WA4PGM: Bermuda (NA-005)       

07/06-17/06      FO/HB9XBG: Bora Bora (OC-067), FrenchPolynesia

08/06-10/06      KH8/WJ2O: American Samoa                   
08/06-11/06      PJ4V: Bonaire (SA-006)                         
11/06-13/06      5W: Samoa * by WJ2O                          
12/06-22/06      SV5/OK2QQ: Dodecanese (EU-001)              
13/06-15/06      VP5/W9DR: Caicos Islands (NA-002)             
13/06-17/06      KH8/WJ2O: American Samoa                   
16/06-17/06      VP8HDM: Falkland Islands (SA-002)            

21/06-27/06      H44XG: Guadalcanal (OC-047), SolomonIslands  

22/06-20/07      V47JA: St. Kitts (NA-104)                       
26/06-06/07      KH1/KH7Z: Baker Island (OC-089)               
27/06-29/06      OJ0Y: Market Reef (EU-053)                     

June             JG8NQJ/JD1: Minami Torishima(OC-073)       

この記事に

開くトラックバック(0)

20m SSB

新しい年度がスタートして3週間が経過。
昨日、4月20日(金)の夜に職場の歓送迎会も終わり、年度当初の忙しさも少し落ち着いてきた頃。

今朝は7時前にシャックに入った。
7MHzSSBでは、9K2のCQが強力に聞こえていた。JAから呼ぶ局はあまり多くなかった。

そのあと、14MHzSSBでVK4YSとQSO。
コンディションはよくなかったので、北米方面は聞こえてこなかったが、オーストラリアの信号は強力。
VK4YSとのQSOで、彼はたとえバンドコンディションが良くなくても決して悲観的になる必要はない。20mは楽しめるというようなことを言っていた。

VK4YSの使用リグは、IC-7610。ほかにIC-7300も持っており2台のリグの比較についても情報をくれた。
しかも、私の信号を録音してそれを音声ファイルにして送ってきてくれた。

コンディションは良くないが、バンドがすいているので、ゆっくりとQSOを楽しむことができる。

私の信号もオーストラリアには強力に届いているようだ。
時間があるときは、積極的に自分から電波を出して楽しみたいものだ。

(VK4YSからのメール)

Dear Nobu,
 
A pleasure to have the contact with you this morning!
An excellent signal both level and quality!

You had the strongest signal on my spectrum scope!
 
Look forward to the next 20m contact –
 
Best wishes, 73’s
Bruce  VK4YS





この記事に

開くトラックバック(0)

3月17日(土)は、仕事に出かけなかったので無線機の前に座る時間が取れた。
18日(日)は、朝から神戸で用事があったが、午後には帰宅したので夕方にシャックに入った。

バンド・コンディションは良いのか、悪いのか?
全然聞こえないわけではないけど、信号は弱く、バンドオープンの時間は短い。
小さなアンテナでは聞こえないかもしれない。
たとえ聞こえても小さなパワーでは、QSOはむずかしいかもしれない。
小さな設備の局にとっては、あまり成果が上がらないしんどいコンディションだと思う。

このところ日の出時間が早くなった。相変わらず早起きが苦手なので、7MHzから下のバンドでDXは出来ていない。

10MHzが最もコストパフォーマンスが高いようだ。
うちのアンテナはロータリー・ダイポール。
21MHz, 24MHz, 28MHzでもDXの信号が聞こえてくるが、信号は弱い。
14MHzは、ほかのハイバンドよりもDXの信号は強いが結構パイルアップになっている。
どのバンドがDXに対してベストか? 結構難しい。
マルチバンドで対応できる方が、DX QSOの可能性は高くなると思う。

3月17日(土)時間はJST
07:07   3C0W                  10MHzCW
09:08   4B4B                    18MHzSSB
10:29     XX9B                   10MHzCW
15:39   TN5R                   10MHzCW
15:52   TJ2TT                  10MHzCW
15:53   5B4AMX 18MHzSSB
16:00   TJ2TT                  14MHzSSB
16:02   TN5R                   14MHzSSB
17:09   TJ2TT                  14MHzCW
19:52   A5A                      18MHzCW
19:55   TA2/DL2JRM       18MHzCW
 
3月18日(日)
16:50   TN5R                   14MHzCW
17:02   3C0W                  18MHzCW
17:12   TY7C                   14MHzCW
17:39   3B8XF                 28MHzCW
18:32   TN5R                   21MHzCW
19:03   3B8XF                 21MHzCW
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事