ここから本文です
CQ CQ de JF3KNW
仕事の合間に楽しむのが趣味なんだけど・・・なかなか時間が取れません

20m SSB

新しい年度がスタートして3週間が経過。
昨日、4月20日(金)の夜に職場の歓送迎会も終わり、年度当初の忙しさも少し落ち着いてきた頃。

今朝は7時前にシャックに入った。
7MHzSSBでは、9K2のCQが強力に聞こえていた。JAから呼ぶ局はあまり多くなかった。

そのあと、14MHzSSBでVK4YSとQSO。
コンディションはよくなかったので、北米方面は聞こえてこなかったが、オーストラリアの信号は強力。
VK4YSとのQSOで、彼はたとえバンドコンディションが良くなくても決して悲観的になる必要はない。20mは楽しめるというようなことを言っていた。

VK4YSの使用リグは、IC-7610。ほかにIC-7300も持っており2台のリグの比較についても情報をくれた。
しかも、私の信号を録音してそれを音声ファイルにして送ってきてくれた。

コンディションは良くないが、バンドがすいているので、ゆっくりとQSOを楽しむことができる。

私の信号もオーストラリアには強力に届いているようだ。
時間があるときは、積極的に自分から電波を出して楽しみたいものだ。

(VK4YSからのメール)

Dear Nobu,
 
A pleasure to have the contact with you this morning!
An excellent signal both level and quality!

You had the strongest signal on my spectrum scope!
 
Look forward to the next 20m contact –
 
Best wishes, 73’s
Bruce  VK4YS





この記事に

開くトラックバック(0)

3月17日(土)は、仕事に出かけなかったので無線機の前に座る時間が取れた。
18日(日)は、朝から神戸で用事があったが、午後には帰宅したので夕方にシャックに入った。

バンド・コンディションは良いのか、悪いのか?
全然聞こえないわけではないけど、信号は弱く、バンドオープンの時間は短い。
小さなアンテナでは聞こえないかもしれない。
たとえ聞こえても小さなパワーでは、QSOはむずかしいかもしれない。
小さな設備の局にとっては、あまり成果が上がらないしんどいコンディションだと思う。

このところ日の出時間が早くなった。相変わらず早起きが苦手なので、7MHzから下のバンドでDXは出来ていない。

10MHzが最もコストパフォーマンスが高いようだ。
うちのアンテナはロータリー・ダイポール。
21MHz, 24MHz, 28MHzでもDXの信号が聞こえてくるが、信号は弱い。
14MHzは、ほかのハイバンドよりもDXの信号は強いが結構パイルアップになっている。
どのバンドがDXに対してベストか? 結構難しい。
マルチバンドで対応できる方が、DX QSOの可能性は高くなると思う。

3月17日(土)時間はJST
07:07   3C0W                  10MHzCW
09:08   4B4B                    18MHzSSB
10:29     XX9B                   10MHzCW
15:39   TN5R                   10MHzCW
15:52   TJ2TT                  10MHzCW
15:53   5B4AMX 18MHzSSB
16:00   TJ2TT                  14MHzSSB
16:02   TN5R                   14MHzSSB
17:09   TJ2TT                  14MHzCW
19:52   A5A                      18MHzCW
19:55   TA2/DL2JRM       18MHzCW
 
3月18日(日)
16:50   TN5R                   14MHzCW
17:02   3C0W                  18MHzCW
17:12   TY7C                   14MHzCW
17:39   3B8XF                 28MHzCW
18:32   TN5R                   21MHzCW
19:03   3B8XF                 21MHzCW
 

この記事に

開くトラックバック(0)

3月17日(土)、バンドをワッチするとDXペディションの信号が聞こえていた。
朝の10MHz 3C0Wの信号は強力だった。
14MHzのロングパスは、信号も弱く、オープンの時間も短かった。

A5A: Bhutan                                       

     - Zorro JH1AJT, Jin JF1IST and Champ E21EICwill  be active again  as

         A5A from Bhutan  on 14-18March.  Activity will be on  160-6 metres

         CW, SSB, RTTY and FT8. QSL viaJH1AJT; logsearch  and OQRS  on Club

         Log.
 
TY7C: Benin

     - TY7C is the callsign issued to the 7-18 March DXpedition  to Benin

         [425DXN 1393] A multi-nationalteam will be active from Ouidah with

         four stations  on 160-10 metres  CW, SSB  and  digital modes  (FT8

         included). QSL via Club Log'sOQRS and LoTW, or  via  F5GSJ (direct

         or bureau). Bookmark https://ty2018dx.wordpress.com/for updates.

 
TN5R: Congo 

     - The Tifariti Gangwill be active as TN5R from Congo on  9-19 March.

         Plans are for eleven operators(EA1SA, EA5KM, EA5RM, EA7AJR, EA7KW,

         F8ATS, F9IE, HK6F, IK5RUN,IN3ZNR and JH4RHF) to be QRV  on  160-10

         metres SSB, CW and RTTY with atleast four stations. QSL via EA5RM;

         see  http://www.dxfriends.com/tn5r for logsearch,  OQRS  and  more

         information.
 
3C0W: Annobon Island (AF-039) 

    - YL1ZF, YL2GM and YL2KL were not able to fly to Annobon on 6  March

         , and remained active  as  3C3W  from Luba  on  Bioko

         Island (AF-010), EquatorialGuinea  until 6 UTC on 9 March  (30,323

         QSOs).  Tickets wer  bought to Annobon for  10 March,  with return

         flight on the 24th.  Whenthere, they will be signing 3C0W.  Please

         note  that contactsmade  with 3C0W on 2 March  around  0040Z-0140Z

         (7019 kHz)  and on  3 March  around  1220Z-1320Z (21029 kHz)  were

         actually made  with3C3W.  The  confusion originated from a  "wrong

         CW  macro". Bookmark  http://www.lral.lv/3c0w_3c3w/index.html for

         updates. QSL via Club Log's OQRS(direct or bureau), or via YL2GN.

 
TJ2TT: Cameroon

     - TJ3TT is thecallsign  issued to  the  Italian DXpedition Team  for

         their forthcoming expeditionto  Cameroon [425DXN 1396].  The dates

         are  15-29 March. Six  operators (I2YSB, IK2CIO,  IK2CKR,  IK2DIA,

         IK2HKT and JA3USA)  will beQRV  on  160-10 metres CW and SSB  with

         three stations; RTTY will beused on 20 metres only.  QSL via I2YSB

         and  eventually LoTW.  More information,  including a  band & mode

         survey, real-time logsearch andOQRS for direct cards, can be found

         at http://www.i2ysb.com/idt/.Updates will be posted to a dedicated

         forum on www.hamradioweb.net.
 
4B4B: Socorro Island (NA-030), Revillagigedo 

XF4  - According  to the  updated  qrz.com  entry, XE1B nowexpects  to be

         active as 4B4B  fromSocorro Island (NA-030), Revillagigedo [425DXN

         1389] for the entire month ofMarch.  He departed the Mexican Navy

         Base  at Manzanillo on 1March, and expects to be QRV starting on 3

         March. He will operate SSB on160-6 metres. QSL via Club Log's OQRS

         or direct to home call.

この記事に

開くトラックバック(0)

大フィル コンサート

三田市の郷の音ホールで行われた大阪フィルハーモニー交響楽団演奏会に行ってきた。
無線も気になるけど、家内と一緒に久しぶりにオーケストラを聴いた。

イメージ 1
イメージ 2


この記事に

開くトラックバック(0)

3月3日(土)、久しぶりにシャックに入ってバンドをワッチ。
バンドは春のコンディションになっている感じだ。
もう少し早起きしてシャックに入ることができれば、7MHzがもっと楽しめたかもしれない。しかし、朝7時を過ぎてもDXの信号は強力だった。

3月3日(土)のDX。時間はJST。
06:56   Z60A      7MHzSSB
06:58   9K2HM   7MHzSSB
07:44   3C3W    14MHzCW
15:40   VU4G     21MHzCW
15:58   XR0YD    7MHzCW
17:39   3D2EU   10MHzCW
17:50   9K2MU   18MHzCW
18:02   XV9HL    18MHzSSB
18:16   3D2EU    3.5MHzCW
18:27   OE3WMA  14MHzCW
18:34   LZ140LO   14MHzCW

朝の7MHzSSBで2局の信号は強力だった。
夕方には、久しぶりに9K2MUとつながった。18MHz SP。
夕方の14MHzもSPだった。そろそろLPの季節も終わりかな。

19:00前にXR0YD(イースター島)が10MHzCWでレポートされたが、うちでは全く聞こえなかった。呼んでいるのは8エリア、1エリアばかり。
19時を過ぎたころからXR0YDの信号がかすかに聞こえ始めたと思ったら同じ周波数でV85TがCQを出し始めた。
すると、V85を呼ぶJAが出始めた。よく確認せずにV85をXR0YDだと思って呼んでいる局もいたのではないかと思われた。
もう少しワッチしたかったけど、夕食の声がかかったのですぐにスイッチを切った。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事