ピアノ好き部所属日々のつぶやき

可愛がると喜びます。可愛がってください。

あちらこちらで...

こちらのブログの更新がついつい遅れてしまうのですが・・・

でも、実は他でもブログをせっせっと作らなくてはならなかったりと、こちらへの投稿が遅くなってしまいました。

実は子供を産み、母乳育児をしているわけですが、今も息子ちゃんはまだ9か月で授乳中ですが、やっぱりおっぱいトラブルというものに私も悩まされ、助産院へ産後1.2か月はよく通いました。

そんな中、半田市にあります『かとう助産院』さんで私自身はお世話になったのですが、かとう助産院さんにはベビともという育児中のママとベビーさんをサポートしてくださるそなサークルがあり、私もが音楽療法士であるという話を助産師さんにさせていただいたところ、私自身の音楽療法講座をサークルで持たせてもらえるようになったのです。

0歳児から3歳児までのお子さんに対してですが、最初はドギマギ私も緊張の連続だったのですが、なんとか軌道にも乗り、ほんの少しの自信もつけてもらい、とても楽しく活動させていただいています。


こちらがそのかとう助産院さんのサークルベビともの活動を綴ったブログ。

本当にママと赤ちゃんのための様々な活動がここにはあり、私も本当に一人のママとして助かっています(笑)

また、こちらは産前からというより、ピアノ教室立ち上げ当初からスタッフとして参加していた『ピティナピアノステップがまごおりステーション』のブログも毎年、年に1度だけ更新しておりまして、こちらも最近更新したばかりなので、紹介させていただきたいと思います。


この、ベビともと蒲郡のピティナでの活動はまったく違った内容の仕事なのですが、ブログ内では同じような文章を使い私がその時に感じたことを伝えさせてもらいました。

まったく仕事内容が違うこれらのお仕事なのですが、私にとっては同じ音楽を介する仕事、その中に共通した感想をその仕事から感じたのだと思います。

ぜひ、二つの活動報告ブログにも目を通していただけましたら嬉しいです。

お読みいただいて有難うございます。

石川朋子ピアノ教室

開く コメント(2)

こちらへの投稿がなんと1年以上空いてしまいましたが…

なぜ?かと言えば、実は昨年4月に急遽妊娠が発覚し、急いで結婚し、出産し、育児に必死になり仕事に復帰し…と、怒涛の2012年を送っていたからなのです

ビックリされる方もみえるかもしれませんが、私自身も突然の妊娠に驚き、子供を授かった幸せを享受し、11月に無事に産まれたわが子も今や9ヶ月を迎えようとしていて…、まぁ、とにもかくにも今は家族3人幸せに暮らしています。

さて、8月17日土曜日、出産後無事に仕事にも復帰し、産後初のピアノ教室の発表会を行いました。

今回は『夏だ浴衣だバーベキューだ!納涼ゆかたでピアノコンサート』と題し、高浜市にありますレストラン温古舎さんで開催させていただきました。
イメージ 1

ここにはグランドピアノがおいてあり、そしてなんとバーベキューも一緒に出来てしまうとのこともあり、じゃっ、ピアノ演奏とバーベキューを一緒にしましょうと企画☆

子供たちの喜ぶバーベキューも励みになり、この日のために子供たちも頑張って演奏してくれました。
また、日本の夏ということもあり、みなで浴衣を着ました。

イメージ 2

こちらの写真は私の旦那さんになった人と生徒さん。
浴衣を着て、みなハッピー☆

外人さんと結婚したということもあり、余計に私は日本人として出来ること!ということに敏感にもなりました。

また、子供を生んだことで新たな仕事の出会いもありました。

今年4月から半田においてかとう助産院さんの指導の下、『ベビーサークルベビとも』さんで0歳児から3歳児への音楽療法をやらせていただいており、そんな関係から今回のピアノ発表会でも、みなの心に少しでも思い出がたくさん残りますようにとの思いから、保母さんに参加してもらい、子供たちに普段保育園や幼稚園でやっている手遊びやエプロンシアターをやっていただきました。

かとう助産院、ベビとも音楽療法のブログページ


イメージ 3

こちらはエプロンシアターの『おおきなかぶ』

子供たち、すっごいテンション上がってしまい大はしゃぎ。
かぶをおじいさん、おばあさん、孫、犬、猫、ねずびがひっぱるあの名文句、『うんとこしょどっこいしょ』みんなで絶叫(笑)

本当に誰の顔も笑顔に包まれた一瞬でした。

イメージ 4

講師演奏もトランペット奏者をゲストに迎え、『翼をください』『面白連弾曲集から、どんぐりの運命』『リベルタンゴ』を演奏し、私もしっかり楽しみました。

私事ですが、妊娠発覚(笑)出産、育児と怒涛の日々を過ごしている私ですが、私にとって音楽があり、ピアノがあり、ピアノ教室があり、生徒さんたちが笑顔でピアノに向かってくれていること、コレが本当に何よりの励みでそして私の財産だな〜と、本当に力強く力強く感じた昨日。

お金では絶対に買う事の出来ない財産。

子供を生み、今までにないいろんな感情を母としても人間としても私個人としても様々以前より感じるようになりました。

そんな中で迎えたピアノ発表会。
いつになく、充実し、いつになく楽しめた発表会でした。

また、みんなでいろんな企画して頑張ろうね!!

イメージ 5

最後の写真は、みんなでバナナくん体操を踊っていた写真。
講師石川の子がすこし写ってます、体操踊るために貸し出され、迷惑そうに母に抱かれ踊ってたかも?!

とにかく、盛りだくさんな時間を過ごせたのもみんなのおかげです。

有難うございました!!!!




開く コメント(0)

お正月以来の投稿になってしまいました。

ずいぶんとご無沙汰してしまいましたが、講師イシカワは元気ですし、相変わらずの私です。

少しだけ自分のプライベートにおいて状況の変化もありましたが…お仕事も私生活も楽しみながら日々過ごさせてもらえることに本当に感謝です。

最近、自分の体に異変がおこったことで少し『健康』ということに関して意識して日々を過ごしています。
特に、私が最も気を使っていることは『食』に関しての健康面です。

ヨーロッパへ数回行くことが運よく出来…むこうではやっぱり『パン』が主食ですのでパンを口にする機会が否応なしにあったのですが…

日本のパンとヨーロッパのパンの違うこと違うこと…
向こうのパンって、日本のパンに比べると、『硬い』『甘くない』そして『あんまり味しない・・・』なんて、素朴なパンなんですけど…皆さん知っていますか?

どれだけ日本で作られている『パン』に添加物やら色々なものが含まれているか???ある意味でおっそろしぃぃぃほどの添加物が普段口にしている食品に含まれそれが体内にしっかりと取り込まれてしまっている…という現実

あちゃ、これをどうしましょうか?とおもい、私は、最近ではなるべくなるべく自然から作られたパンだとか、そういうパンを自分でも作ってみたり…、またこだわってそういう添加物を抜いて本当にご苦労されてパンを焼いてくださっているパン屋さんにわざわざ足を運び、パンを買い食べるようにしています。

自分の体は自分でしか守れないのですが、私達人間の体って、最初ッから私達が生きやすいように、過ごしやすいように、私達の知らないところで、一生懸命『白血球』さんだの、『赤血球』さんだの、はたまた眠たくナりゃ、勝手に交感神経から副交感神経にピピッとスイッチが切り替わり、自分で意識して動いているわけじゃないのに、体の中にある50億とも60億とも言われる細胞が日ごろから頑張って私達の体を支えて生きていてくれているんですよね…。

ピアノ弾くときだって一緒です。
自分の細胞にどうやって弾いて、どうやって唄って、どうやって音楽を美しくするのか学びさせ、感じさせ、そしてつむがれると思うのです。

だからこそ、自分の体は自分でメンテナンス出来るぶんしてあげたいですし、大事に大事にいたわりたいですよね。

あぁ、身体さん有難う、今日も一日あなたと私は生かされました。心から感謝します。
イメージ 1


写真は碧南市にあるひこうき雲さんのパン。天然酵母パンで、一切添加物使ってないです。
超ーーー、おいしいよっ。





開く コメント(0)

人の役にタツ年です♪

明けましておめでとうございます。
 
すっかりこちらのブログを描くことを怠ってしまっていました…年明けから反省反省(笑)
 
昨年は大きな地震が日本を揺るがし大きな悲しみが日本を襲いました。
人間って「心」が大きなショックを受けたほうが物質的な何かをなくすより辛いものなんだと私はそのとき感じたように思います。
 
もちろん大事な人や思い出のある家をなくしたことが発端で「心」に大きなショックや悲しみを受けるのでしょうが…それでも物質的なものはいずれ戻りますが精神的に受けた痛みはやはりそれよりも大きい気がしてなりません。
 
私の友人たちが実は東海市にある「トマト記念館」さんの提案した「岩手県は釜石市へ手編みのマフラーを贈る」という使命を果たすため年末に岩手県釜石市へ訪れました。
 
そこで友人は昨日、一昨日、一週間前に津波が来たばかりかしら?と思わせるようなまったく自身の爪あとが消えていない現状をあの震災より9ヵ月半も経た今、それを目にしました。
 
ここにその写真を掲載しますがやはり私たちはこの災害を今年ももちろん忘れることがあってはならないと思っています。
 
イメージ 1
 
この写真は仮設住宅を訪れ、お別れの際現地の人たちが「また来てねーーー」と手を振られた瞬間だそうです。
人はこのように生きている限り自分の出来ることを毎日しそうやって生きているわけですが、しかし起こった災害のすさまじさを考えるとこの笑顔でさえも何かしらの「悲しみを」この背後から感じずに入られません。
 
今年四月には私も釜石を実際に訪れようと思ってはいますが…そのときまでに気丈に被災地で自分に何が出来るのかをしっかり吟味し、自分の出来ることを果たしてこようと思う気持ちでいっぱいです。
 
実際に年末に東日本大震災のスペシャル番組をやっていましたが、それを見ては「涙」してしまう私ではまだまだ現地に行ったときに涙に暮れ終わってしまいそうなので、もっともっと強くなって現地にいけるようにならなきゃ!!なんて情けないですが思いました。
 
2012年という年が私にとってどんな年になっていくのか、今の私にはまったく想像がつかないのが実際なのですが、でも実は人の役に「タツ」年になればよいなぁと思っています。
 
どんなケースであれどんな立場であれ、人の喜びを生み出せる働きが自分に出来ることはすごく幸せの事のように思います。どんな財産よりもそんな財産のほうが私には必要な気がします。
 
心が豊かであるとは、ある程度の収入に恵まれ、何不自由のない生活のうえに立つものだと聞いた事がありますが、しかしその中においても「人の役に立つ」何かしらの事柄を全うできなければ人は本当の意味で人と人との間で「和(輪)」を紡ぐことは出来ないように思うからです。
 
自分ひとりだけで満足できる事柄は少ないように思います。
 
実は年末にこっそり天橋立に行ってきました。
天橋立って不思議な場所で、土地と土地とを一本の延々と続く松並木がつないでるんです。
 
男女の縁結びに天橋立丹後一宮籠神社が良いと聞いた事がありますが…橋立が二つのものをつないでいるといういわれから…。
 
本当に私にとっては松並木が場所と場所をつないでるなんて何かしら不思議な場所だなと思ってやまなかったのですが・・・
 
橋立がなんとなく傘松公園からは「龍」にも見え…
イメージ 2
こんな風に昇り龍で今年一年人に役「タツ」私でいたいと思っています。
 
皆さん宜しくお願い申し上げます。
 
イシカワトモコ♪
 

開く コメント(0)

ことはじめ

私の知人にもうかれこれ20年以上TVを自宅に置かず…TVとは無縁の生活をなさっている方がいらっしゃいます。
 
私は自分の部屋にはTVは置いてはありますが…実は私自身もあまりTVは見るほうではありません。
はっきりいって、日曜夜に大河ドラマ見る以外でTVはほとんど見ないのが正直なところです。
 
だから、前にも「LOVE注入」とやっている人を街で見かけたことがあったのですが…その時は何の事なのかさっぱりわからず、自分の中学生になる生徒に「LOVE注入って、手でハートの形作ってちょっとおかまっぽく片足あげてる人を街で見かけたけどあれは何?」と真剣な顔で聞いたところ、生徒にドン引きされてしまいました…(汗)
 
「えっっっっっっっ、本当に何のことか知らないの?やばくない?少しはTVとか見れば?」って…うちの生徒ちゃん。
 
確かにTVが嫌いなわけではないし、以前一人暮らしをしているときはよーーーーく見るほうだったんですよね。
というか、部屋に誰もいないからTVをみていなくてもつけているような状態だったのですが…
 
今は本当に必要なときに限り…それでも見るか見ないかという生活にすっかり変わってしまいました。
 
私がTVを見ない理由も、実は私の知人がTVを見ない理由も実は同じで…情報の多さとその混乱とたまに見る私たちのTOPにたつ政治家さんたちのいい加減さなど、良いニュースなら見たいし、聞きたいのだけれど、実はあまりそんなに良いニュースは良くないニュースほど多くない…という事で、TVをあまりつけなくなってしまっているのです。まぁ、TVの前にいられる時間もそんなにないのが理由のひとつにあがらなくはないですが…。
 
面白い海外ドラマなんかははまって英語の勉強にもなるのでDVDで見るんですけどね。
 
だからもっぱら、どこから世の中のことをしるかというと…インターネットが主な情報入手先。
自分で選べますからね、何を見て何を知るかということが…それでも情報量の多さに戸惑いは隠せません・・・。
 
ですが、私7月29日の朝から少しだけ新しい試みを自分に取り入れてみたんです。
 
新聞やインターネットからの情報、また世界新聞(International Edition New paper: Wall Street Journal or USA TODAY etc...)や普段読んでいる音楽教育雑誌など、良いと思った記事や内容はすぐにスクラップブックへストックし、そして内容を掘り下げられるときに掘り下げて調べてみたり、また記憶知識のひとつとして残しておこうと…。
 
そして、思いついたこと感じたことを形に出来るように「アイデアノート」なるものをいつも手元においてみようと…
 
そしてなぜ私がそう思ったかというと…。
 
前述の自宅にTVがないという私の知人は新聞の切抜きなどどこからどのようにして情報を入手するのか、TVは自宅にはないもののすごくすごく世の中やポイントを抑えて必要に思える情報の多くをいつも持っているんですよね。
 
たとえば、最近ようやく取りだたされるようになった「携帯の電磁波」の問題など、この知人はすでに3、4年ほど前から気にしており(私もですが…携帯に有害電磁波を逃すチップを入れているくらいですから・笑)、いつもいつも本当に驚くくらいたくさんの世の中を良くしようという情報が彼の元には多く届いていて。本当に世の中の人のためになる情報を多く持っているのです。
 
そしてその方は本当に頭が下がるほど働き者ですので、すごーく時間にゆとりがあるわけでなくいつも限られた時間の中でいろいろなことに気を配り、そして世のため人のために勉強をし、様々なことを様々な観点、そして視野から感じ眺めていると推察されるわけですが…
 
それにより、彼のブレーン、意識体がそういった「情報」を引き寄せ、そして「情報」をストックし、必要に応じそれらの情報を必要とする人たちの下へ伝達されるんじゃないかなぁ?なんて思うわけです。
 
「先見の目をもつ」なんて言葉もあるんですけど、もちろん世の中を広くありとあらゆる角度から感じてみたり、考えてみたり、そして柔軟に扉を開き情報や世界と日本の違いを受け止めてみたりすることはすごーーーくすごーーーく、これからの世の中の為にも必要なんでしょうが、今こんな時代だからこそ意識変革をしていくためにも、他の国の人たちがどんな風に感じどんな風に生きているのか?を知るには良いときのような気がしているんですよね。
 
今、自分の目の前にあるごくごく限られたある一定の部分を深く狭くクローズアップして見渡してしまうのではなく、大きい心で大きい視野でそして柔軟で自由な発想の元、自分たちの生きている環境とは違う部分を「受け入れる」なんてことができると良いよなあなんて思っています。
 
だからこそ、「事始」として始めてみたスクラップブックへの「情報」の収集を今後ももちろん続け、今目の前にある事柄に生かしてみたり、自分自身への気づきや発見の材料に出来たら良いし…なんて思っていて。
 
三日坊主で終わらなきゃぁ、本当に良いぞ!!と、心から今自分に続けるぞ!!私なら続けられるぞ!!と誓い奮起している次第であります。
 
世の中のために働ける人間でありたいと思う私ですが、きっと何か特別な大きいことを成し遂げるとかそういうんじゃなくって、小さなところから小さなことを少しずつ続けていくことが、先、先、そしてそのまた先へと未来への道を形成していくんでしょうね。
 
がんばろうっと。自分に出来ることから。。。♪
 
そして、次回はこちらで、スクラップして集めた面白いものについて何かかけるようにたくさん面白くて楽しいこと探しをしよう!!
 
楽しい、面白い、そしてそんな毎日がとても愛おしくて、有難い。
 
今日もこちらを読んでくださった方、有難うございます。
 
石川 朋子 ピアノ教室 An Die Musik
 

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事