この世に日本酒と焼酎と、そして愛がある限り…

大好きな、日本酒と焼酎について語ります!時にニャンコ&サッカー&音楽など…腹の立つときは愚痴ります!(笑)

全体表示

[ リスト ]

国酒を伝え続けます! ケータイ投稿記事

某百貨店の酒売場を退職してから、この3月でちょうど5年が経ちました。


いやぁ…早いなぁ…。
色々あったなぁ…。


あのまま百貨店に勤めていれば、高いお給料ではないにしても、安定した収入はありました。


でも会社という組織に属することが嫌になったのと、ここではもうこれ以上学ぶことはない、自分で何かを企画しやり遂げられる可能性もない、と感じ


ただ漠然と、飲食店や酒蔵のサポート業ができれば良いな〜なんて思って、特に当てがあるわけでもないのに辞めてしまいました。


さて、これでこの先暮らしていけるのか?という不安がとてもありましたが、


とりあえずは旅に出たくて、2週間くらい九州を一人旅しました。


色んな酒蔵を巡り、色んなお酒を飲んで、改めて酒に携わる仕事がしたい、

ちゃんと自分の意思で、好きな酒のサポートをしたい、と思ったものでした。


間にちょこちょこと、酒とは無関係の短期のバイトをやったりはしましたが


まずは秋田の酒蔵のお手伝いを始めるようになって


平行して地酒専門の立ち飲み屋で働いていました。



ただただひたすら、信頼だけは失わないように
国酒(日本酒・焼酎)を広められるように、

それだけを思ってやって来ました。


気がつけば、いくつもの酒蔵から販売依頼やプロモーションのお仕事を定期的に頂けるようになっていて


飲食店も何度もクビや閉店などの災難に見舞われながらも


友人に、次はうちの店で一緒にやらないか、と声を掛けてもらえて

念願だった自分自身での酒の仕入れや、酒の会を任せてもらえるようになり


現在に至っています。



今まで何をやっても中途半端で、最後までやり遂げられたことがなく


シンガーソングライター時代も、結局は自分を貫ききれずに、
もうレコード会社とは縁を切りたくて辞めてしまいました。



オーディションを受けまくり、ようやく合格して掴んだ夢。

あんなに大きな夢だったのに、せっかくCDを出せたのに、頑張りきれなかった。



夢を見続けるには、あまりに汚く、厳しい現実でした。



諦めた自分、音楽に対して情熱を無くした自分が情けなく、哀しかった…

壁を越えられず、夢を失った自分の存在価値が分からなくなってしまいました。



そんなとき、出会ったのが酒造りでした。


酒造りに、曲作りと通じるものを感じました。


どんなに苦しくても、つくり続けなきゃならない。



身と心を削り、産み出すものはまるで自分の子供のようであり

造り手の魂が込められた芸術品。


そう思いました。

音楽も同じです。



国酒は日本の伝統であり宝だと、感じました。


音楽ではやり遂げられなかったけど、酒の世界では頑張りたい、国の宝を守らねば、伝えなければ。
今度こそ、それを貫きたい!



そう思いました。




不思議です。


何となく面接を受けた百貨店で、たまたま酒売場に配属されて


とりあえず酒の知識つけなきゃな、と勉強を始めた、そこから私の第2の人生が切り開かれました。


酒の魅力に引き込まれていきました。


生涯やり遂げられると思えるものに、まさかここで出会えるとは思っていませんでした。


収入が少なく、生活が苦しい時もあり、
また普通に安定した職に就こうかと思った事もありましたが

どうしても酒と携わりたかった。

国酒プロモーターを、貫きたかった。


今も私は、酒を極められたとは全く思ってはなく、だけども百貨店を辞めてから、やりたいと思ったことは、どんどん実現できています。

それで今はだいぶ収入も安定してきて、何とか暮らせています。



有り難いです。


収入という点では百貨店を辞めたことは失敗だったかな…

と思ったことはあっても、仕事の点では後悔したことは全くありません。


辞めて良かった。

今どんどん可能性が広がっているのが実感できています。
あのまま百貨店にいては、やりたいことを何もできていませんでした。




フリーランスで大した実力もない、こんな私を雇っていただけることに、感謝しかありません。


自信などないのです。
至らないところばかりで、まだまだ勉強も足りないし



ただ信頼と誇りだけは無くさぬよう努めてるので

今私は、胸を張って仕事できています。



シンガー時代には、精神的に辛い毎日で下ばかり向いていたのに


今は楽しんで仕事ができています。



いつまで続けられるかは分からないけど


体が続く限り、情熱が有る限り


やり続けたいです。


国酒プロモーターであり続けたいです。



きっとやり遂げたと思う日も来なければ、ゴールもないのでしょう。



それで良いんです。
それが人生なんですよね。


今はただ、大好きな国酒達に囲まれ、自分の好きに自由に、仕事をしていきたいです。



どうぞこれからもよろしくお願いしますm(__)m



この人になら仕事を任せられる、この人の選んだ酒なら間違いない!

そう思ってもらえる国酒プロモーターであり続けられるよう、頑張ります!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事