ここから本文です
鉄人クラブ釣〜リズム 2nd!
2019年も全力で釣りします!



色んな方がすでに移動されているみたいですし、コメントも夏にはできなくなるようなので、次からはアメブロのみで記事を更新したいと思います。




↓のクリックでアメブロのブログにいきます。よろしくお願いします








先週の土曜は大雨、日曜は大増水と強風だったので結局釣りに行かず…。



最近の土日は雨ばかりで嫌になります。
前日に雨だったらいいんだけど、当日とかはねぇ。
昨日もまた雨でしたが行けないよりかはマシです。



狙ってたポイントに着くと人が。
4時なんだけど先客ありです。



違うポイントからやるしかないか。
水量は平水で期待できないけど釣り始めると。



小さい…。
イメージ 1



やっぱり小さい。
今日の条件だとかなりシビアです。
イメージ 2



何回もくわえてくる魚を合わせると。
よく引いたのはニジマス。全然ダメダメですわ
イメージ 3



大淵でいい魚がきたけど、またニジマス。
イメージ 4



他のポイントへ移動することに。
上流の瀬ではでは鮎釣りをやっている人が。
でかいとこなので、かなり細かく区切って攻めますが反応なし!



オモリも頻繁に変えたりしますが…
あー、万策尽きた。やけくそでオモリを底でゴロゴロ流していると。
何かが掛かった(笑


ちらっと見えたが大きさは40前後。
引きもニジマスより走らない!
これは!!大アマゴだっ。と期待しながら寄せると。



えっ…。(T_T)イメージ 5



胸ビレは欠損していて、各ヒレもよくない状態のニジマス。
だから暴力的な走りもしなかったので勘違いをしてしまった。
これはきた!って喜んじゃったよ。



思い切って水系を変えることに。
時間もないので一区間だけ!
ここも小さいアマゴは数多く釣れます。
イメージ 6



遡行していると、以前泣き尺を釣ったポイントにきました。
小さいのが数匹釣れますが、我慢して流したら。



ついにきました!狙いの尺アマゴ
イメージ 7

イメージ 9



サイズは30ちょいってとこかな。
今日はニジマスだけだと思ったけど良かった
イメージ 8



来週は天竜川水系の沢?大井川も気になる。
7月になるから遡上系がいてもおかしくないんだけど。
雨もそこそこ降ったし大井川の状態を見てみたいな。



あと、数年前と比べたら成長したと思う。
尺上さんに教えてもらった経験や、データを取るようになってから全然違う。
以前は季節関係なく、ここは昔釣れたから!とか、今日はこのへんな気がする(笑)みたいな釣りだったから、尺アマゴなんてめったに釣れなかったなぁ。



感覚も大事だけど、傾向を把握するのは重要なんだなって思うようになりました




今年はどうかな?


土曜は用事のため釣りはできず。
日・月曜はできるがどうする?
気になる川があるけど、日曜はまだ増水がキツイかも。



日曜は楽な沢で昼までアマゴ釣り!月曜は今年初の川に行くということに。
2日連続は疲れそうだが気合だ!


入った沢は4月以来だけど大雨で淵が埋まってしまって残念な感じ。
それでも小さいながらもアマゴは出ます。
イメージ 1



今年産まれたアマゴが多すぎてエサだけとられる。
イメージ 2



28センチが釣れたけど3月に釣れた魚っぽい。
同サイズだけど全く成長してないのだろうか?
この沢でこれ以上を求めるのは酷かもしれない。
イメージ 3



昼前には釣り終えてこの日は終了。
ヤマビルもいて気持ち悪かった



そして月曜日。



今年初めて来たけど大雨の影響で水位が高い。
水はクリアだが、渡渉とかはできないからポイント毎に移動。
雨で終始こんな状態だからアユ釣りの人も含め誰もみかけませんでした。



久々に8m仕掛け!これが振れるのは気持ちがいい〜
期待はせず、丁寧に流すとガツッという重い感触。
デカイ!完璧な流しで食わせたのと0.6号でしたので無事にゲット。
イメージ 4

イメージ 5



おぉっ!!37センチのアマゴでした
1匹目がこのサイズとは最高です。
エサは飲み込んでました。
イメージ 6



いい顔つき!
イメージ 7




あー、びっくりした(笑
でかい淵なのでお次は真ん中。
流速が早いので5Bオモリに変更、すると…。



ドンッ!
イメージ 8

イメージ 9

えっと、まさかの38センチ
これは突っ込みがかなり強くハリ外れがしそうで怖かった。
これにはテンション上がったよ。



その後も場所移動するも簡単には釣れません。
まあ、小さいのはちょくちょく釣れますが。
イメージ 10

イメージ 11



そして、気になるポイントで何回も流しても反応なし。
かなりしつこく流すとコツっと感触が。



自分の理想のやりとりは動かず取り込みをすることですが、それができました。
33センチの尺アマゴ
イメージ 12



苦手な川だったけど上手く条件が揃えば凄いな。
3時間で37.38.33センチの尺越えのアマゴが釣れるなんて…。



しかも、予報と違い土砂降りの雨
これよりさらに濁りが増し、釣り不可能に。
イメージ 13



翌日のことを考え帰宅することにしました。
久日ぶりに会心の釣りができ満足です!




さらに向こうへ


6/1は考えた結果、未開拓の区間に行くことに。
Tさんがかなり奥は大物の確率が高いのではないか?と教えてくれました。
ただ、アプローチにかなり難がある場所でずっと行かずじまいでした



そりゃそうです。片道約10数キロ、2時間半の徒歩でようやく釣り場ですから(笑
そんなキチガイはいないでしょう
更に林道が崩落の為、帰りは川通しです…。



釣り始めた場所付近はこんな感じ。
イメージ 1



すると魚がめっちゃいる!
イメージ 2

イメージ 3



釣り人が入っていないんだと思います。
イメージ 4



上流に行くと少しずついい渓相になってきました。
イメージ 5



上のポイントではこんなアマゴ。
イメージ 6



ここでは。
イメージ 7



尺はないけどそこそこのアマゴがいました!
イメージ 8



こんなポイントでも2.3匹は着いてます。
イメージ 9



何でもないポイントですが、流芯直下で大物の当たり!
イメージ 10



ヒットの瞬間、黄色かったのですぐにイワナだと分かりました。
間違いなく尺はある引きで上流まで登っていくパワーのある魚。



釣れたのは綺麗なヤマトイワナ
イメージ 11

イメージ 12



サイズは32センチ!
尺アマゴ狙いだけど、これはこれで嬉しい。
イメージ 13



すると最高なポイントを発見!
大物がいそうな気配が半端ないです
イメージ 14



あれ?小さいな。
イメージ 15

イメージ 16



ここは粘ったけど駄目でした。
もっと技術を上げないといけない。さすがに悔しい…。



赤丸ではいいサイズが掛かりました。
イメージ 17



よしっ!尺アマゴか?と思いましたが。
28センチ。あとちょっとなんだけどなー
イメージ 18



これはいかにも沢のアマゴって感じ。
イメージ 19



尺はどこに???
イメージ 20



うーん、昔はアマゴメインだったらしいけど、完全に逆転してます。
イメージ 21

イメージ 22



1日で詰めることができない場所なので、少し飛ばし気味で遡行します。
できるだけ知っておきたいしね。



魚影が薄くなり、もう引き返した方がいいかな?と考えた頃に小さい滝が連続するポイントが。
あまり期待はしていませんでした。



エサを振り込むと魚が食わえた感覚!
上手くテンションを掛けずにいると違和感がないせいか魚も暴れない。
数秒後に合わせるとすぐにデカイと分かる魚が


0.4号で3m仕掛けなので無理ができない。
岩で擦られないように注意して5分以上はかかったでしょうか?
ようやく魚の疲れが見えてきたところで寄せることに成功!



おぉ!!デカイ
ヤマトで37センチなら満足だよ。
イメージ 23



さすがに片手で持ちにくいサイズ。
独特な模様だね。
イメージ 24

イメージ 25



いやー、ここまできたかいがあったよ。
そしてやりとり中にもう1匹尺サイズが、こいつの後を追ったりしてた!



よ〜く見ると、まだ定位していてあれだけ場を荒らしたのにまだ気付いてない?(笑
さすがに無理かな?と思ったけどエサを流すと食った



これも尺はある!
驚きながらもミスなくいなせた。
イメージ 26



ヤマトイワナの34センチ!
まさか釣れるとは…。どんだけプレッシャーに鈍感なんだろ。
イメージ 27



いい顔してます。
イメージ 28



14時まで釣りして帰りの準備。
しかし、ここからの帰り道が長い…。
川通しで入渓点まで1時間+林道2時間半……。



もう変態な釣り人しかこれない場所だよ、ここは
1日で30キロぐらい歩いたので、帰りは特にしんどかった…。
これだけ歩いても詰めることができないから、魚は残るんだろうな。



この場所はたまにしか行けない。
テン泊とかしないとキツイわ。
尺アマゴは釣れなかったけど、よかったです!!



先週は気になった沢に行ったが撃沈…。
目的地まで片道2時間越えの歩きは体力・精神面に多大な影響を残した(笑
やっぱりここまで行くなら尺は釣らないと割に合わない気がする


一番大きいので27センチ
イメージ 1



ここが釣れたポイント。
スレていないので浅瀬に出てる魚が多い。
イメージ 2


これは26センチ。アマゴに関しては9寸以上は出るけど、尺が出ない!
イメージ 3


イワナは誰でも釣れます絶対飲み込むので。
イメージ 4




そして5/26




火曜に大雨が降った影響が。
イメージ 5


かなり結構濁ってる…。
釣りになるか不安だけど初めての場所だから願うしかない。


林道を無心で歩きます。
イメージ 6


ところどころ山が抜けてる。
イメージ 7



徒歩1時間40分で目的の橋に到着。
ゲートの奥。こんな山奥にあるとは思えない立派な橋。
イメージ 8


この高い橋を渡ろうとしたとき…。
イメージ 9


えっ!?分かりづらいけど、継ぎ目の所に穴が開いてます…。
大丈夫なのかこれはー??
すげえ怖かったよ
イメージ 10


渓相は良く、ここまで来ると水は濁ってない!
イメージ 11

イメージ 12


尺アマゴの期待が高まるも、イワナだらけ
釣れたのは29センチ。この水系は泣尺の比率が高いんだよな。
イメージ 13


どこを流してもイワナが釣れてしまう。
イメージ 17

イメージ 22


たまにアマゴといった具合。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


頻繁に来れる場所でもないので、頑張って釣りをするも尺アマゴは釣れず
ただ、渓相から考えると尺に育つには十分な環境だと感じました。


ほとんど林道と川は離れていて入渓点が限られるのが特徴。
イメージ 18


予定通り林道が近づく橋に着き、ここで釣り上がります
イメージ 19


帰宅すべく歩き出します。
このときは悲劇なことに遭遇するとは。




しばらく歩くと林道がえぐれてます。
おいおい、マジかよ…。
おかしなことになっちゃってますやん。
イメージ 20


ここはまぁなんなく突破!


しかし、次がどうにもならなかった
イメージ 21


これは絶対無理っ!!
マイナーな釣り場だからこの情報は知らなかった。
沢沿いを下りながら帰ることにしましたが、釣りあがったときに林道に登れるとこなかったような…。


一箇所だけ無理すれば林道に上がれそうなとこを見つけたので何とか生還
夕方に近かったので帰れるか不安で冷や汗がヤバかったです。。



来週は6月だし本流・渓流域に釣りしに行こうと思います



[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事