ここから本文です
鉄人クラブ釣〜リズム 2nd!
2019年も全力で釣りします!
先週は気になった沢に行ったが撃沈…。
目的地まで片道2時間越えの歩きは体力・精神面に多大な影響を残した(笑
やっぱりここまで行くなら尺は釣らないと割に合わない気がする


一番大きいので27センチ
イメージ 1



ここが釣れたポイント。
スレていないので浅瀬に出てる魚が多い。
イメージ 2


これは26センチ。アマゴに関しては9寸以上は出るけど、尺が出ない!
イメージ 3


イワナは誰でも釣れます絶対飲み込むので。
イメージ 4




そして5/26




火曜に大雨が降った影響が。
イメージ 5


かなり結構濁ってる…。
釣りになるか不安だけど初めての場所だから願うしかない。


林道を無心で歩きます。
イメージ 6


ところどころ山が抜けてる。
イメージ 7



徒歩1時間40分で目的の橋に到着。
ゲートの奥。こんな山奥にあるとは思えない立派な橋。
イメージ 8


この高い橋を渡ろうとしたとき…。
イメージ 9


えっ!?分かりづらいけど、継ぎ目の所に穴が開いてます…。
大丈夫なのかこれはー??
すげえ怖かったよ
イメージ 10


渓相は良く、ここまで来ると水は濁ってない!
イメージ 11

イメージ 12


尺アマゴの期待が高まるも、イワナだらけ
釣れたのは29センチ。この水系は泣尺の比率が高いんだよな。
イメージ 13


どこを流してもイワナが釣れてしまう。
イメージ 17

イメージ 22


たまにアマゴといった具合。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16


頻繁に来れる場所でもないので、頑張って釣りをするも尺アマゴは釣れず
ただ、渓相から考えると尺に育つには十分な環境だと感じました。


ほとんど林道と川は離れていて入渓点が限られるのが特徴。
イメージ 18


予定通り林道が近づく橋に着き、ここで釣り上がります
イメージ 19


帰宅すべく歩き出します。
このときは悲劇なことに遭遇するとは。




しばらく歩くと林道がえぐれてます。
おいおい、マジかよ…。
おかしなことになっちゃってますやん。
イメージ 20


ここはまぁなんなく突破!


しかし、次がどうにもならなかった
イメージ 21


これは絶対無理っ!!
マイナーな釣り場だからこの情報は知らなかった。
沢沿いを下りながら帰ることにしましたが、釣りあがったときに林道に登れるとこなかったような…。


一箇所だけ無理すれば林道に上がれそうなとこを見つけたので何とか生還
夕方に近かったので帰れるか不安で冷や汗がヤバかったです。。



来週は6月だし本流・渓流域に釣りしに行こうと思います



Tさんと渓流釣り

ついに実現しました。
前から気になっていたゲート上流!(大井川じゃないよ)
この水系は早期からサイズが狙える優秀な川だと分かったので、気合が入ります!



以前知り会ったTさんに案内してもらえることに
周辺の本線・沢を知り尽くしているスペシャリストです!
色々教えてくれる紳士で優しい方なんですよ


道中なが〜〜い林道歩きの為、服装を考えました。
ウェーダーは履かずゲータースタイルで歩こうと。
なのでソックスを購入。
イメージ 1


やはりウェーダーは歩きづらいので極力避けたかったです。
ウェーダーはザックに無理やり詰め込みました。
イメージ 2


早朝、車止めに着くとTさんがいたので挨拶をし、5時前に出発。
歩きだけで、片道9キロ。往復で18キロを歩くというヤバイ1日です
昔は原付で入れたらしいのですが、様々な問題があり今は徒歩のみです。


Tさんが気を使ってくれたのか多く話してくれたので、歩きはあっという間でした。
イメージ 3


およそ2時間で釣り場に到着。
思ったより早く感じ、疲れはそこまでではありません。
ウェーダーじゃないのも大きかった!


しかし、Tさんからこの区間の特徴を聞いたのですが聞き逃したことがあったのです…。


せっかくここまで来たから、それぞれで釣りをすることに。
Tさんは上流の大崩落地点を見に行くということで更に上流へ。
自分はここからスタートです。
イメージ 4


すると最初のポイントでヒット。
おぉっ、なんでもないとこでもいるんか!
イメージ 7


ただ、上流へ行ってもかなり渓は埋まってます…。
マジでいるんかなぁって不安になってくる。
大井川と似ています。
イメージ 5


赤丸のところにアマゴがいました。
イメージ 6


こんなところに来る人は少ないのか、ポイント毎に魚は必ず入っていました。
イメージ 8


ここではイワナが2匹。
イメージ 9


面白いように釣れます。
イメージ 10

イメージ 11


サイズは6・7寸が多いです。
イメージ 12


イワナは今年かなりいるみたい。
イメージ 13

イメージ 14


するとでかい堰堤が。
イメージ 15


林道歩きで見てきたが、全ての堰堤下は埋まってます。
こうなると、邪魔な存在でしかない。巻くのがめんどうで嫌になる。


そういえば、Tさんが堰堤からはやめた方がいい?いやなんだっけか??
見えぬ疲れがあったのか、はっきりと覚えていない事態に


時間もあるので進んで行くと、どんどん険しくなっていきます(笑
そういうとこは魚のサイズも良くなっていく。
イメージ 16


流入する沢を過ぎると、渓が深くなり心配になってくる。
イメージ 17


するとついに良いサイズが掛かりました。
26センチのアマゴです。サイズのわりに厳つくカッコいいです。
イメージ 18


鼻がとんがってますなぁ。
イメージ 19


徐々に登るのがキツクなってきました。
イメージ 20


もう遡行も限界っぽい。
イメージ 23


すると、このポイントで。
イメージ 21


良いアマゴが釣れました〜。
見た目はでかいけど、残念ながら28センチ。
いや、それでもかなり満足!!
イメージ 22


最後のポイント。これ以上は上流に行けず。
何故かここでは魚が出ず。なんでかな?
イメージ 24


待ち合わせの場所でTさんに聞くと、川虫で10数匹は釣ったみたい!さすがです



また、聞き逃したことを聞くと流入する沢から上流は険しくなるから止めたほうがいいよって言ってくれたみたい



あぁ…、だから最後は詰まったのか…。
そのため、28センチが釣れた区間はやる人は少ないみたい。
短い区間だし、ちょっと上流から降りる道があるのだと。



いやー、いい経験になりました。
今回はほんとありがとうございました!
歩きに嫌になっていないので、Tさんまたお願いします(笑




連休最終日は開拓



連休最終日はさすがに家でゆっくりしようと思っていました。
しかし、今のうちに開拓しておきたい渓流があったので重い腰を上げ出勤!



想像以上の難しさ



最終日とあって川にきてる人はいませんでした
そりゃそうですよ。確率的に考えてもそうでしょう…。
スレきってるのが想像できます。


今回初めての区間を釣り歩いたけど、8割チャラ瀬。
イメージ 1


行けども行けどもずっとこんな川。
山の崩壊が激しく、川が埋まっている。
ここなんて数少ないポイントだった。
イメージ 2


こういう場所は苦手…。
というかこの水系はこんなとこばかり。
一区間やってこの一匹だけ
イメージ 3


GWといえども、さすがにこれは凹む…。
ダメだと思って近づくと魚が逃げてく。いるじゃねぇかよ
こんなにどうしようもないのは久しぶりだった。



流入している沢の支流に入ってみることに!



すると待望のあたり。
おぉ、ヤマトっぽい27センチのイワナが釣れた
イメージ 4


誰もやっていないらしく、スレていない。
イメージ 5


これもいいサイズ。一回バレてもまた食ってきた
イメージ 6


まさかイワナがいるとは思ってなかった。
これなら水量が少なくても、大物が期待できるかも?
イメージ 7


このポイントでは…。
イメージ 8


尺あると思ったけど28センチ
イメージ 9


気分よく釣り上がると。
いいサイズの魚がかかりました。


やった!ヤマト系統の尺イワナが釣れた!!
イメージ 10


イメージ 11


ちょうど30センチのイワナでした。
5Bオモリでも違和感なく丸呑み。
というかほとんどがそんな具合でした。


尺アマゴを探して来たのですが、まさかイワナとは。


正直最初の区間が釣れなくて悔しかったので反省と対策をしなければなりません。
もっと色々試さないとなぁ。


岩手三陸釣行〜 後編

前日の夜に待望のまとまった雨!
50mm程降った。ちょっと降りすぎたかな?といった具合。


やはり水が多い



川を見ると…。
ちょっと多すぎー
イメージ 1

イメージ 4

下流はすぐ海という三陸渓流の特徴。
イメージ 2

この川は日券が500円・年券2000円という安さ!イメージ 3

よく通った渓流だけど、魚のサイズはあんまりよくない。
6寸はすごく多いけど、大物は育ちにくい川。
意外と魚はすれてるんだよな。


枯れ葉が多くチビしか釣れないので移動〜。


そして途中のこの標識!
初めて見たとき驚いたのが、青森332キロ
そんな先までっ??と思ったのが懐かしい。
イメージ 5


盛川も増水。
イメージ 6


狙いの小渓流はちょうどいい水量。
ミミズを流すと。
アメマスきた!!小さいけど地元じゃ釣れないからすげえ嬉しい
イメージ 7

漁協がない渓流だから天然。
この時期にこのサイズなら満足!イメージ 8


そして、いかにもな場所では…。
結構引きました。サイズは。
イメージ 9


33センチ〜!!
釣ったときはアメマスと思ったけど、イワナかもしれない。
イメージ 10

ま、尺イワナってことにしよう(笑
最終日で何とか釣れて良かった。ホッっとしたよ。
さすが三陸!期待を裏切らない。


よく通った場所で記念撮影。
昔は後ろの三陸道もなかったんだよなぁ。
便利になるのは、地元の人たちにもいいことですね!
イメージ 11


なんだかんだで楽しかったな。
もうちょい近ければいいんだけど



岩手三陸釣行〜 前編


5月の連休はどこに行こう?と考えた結果、岩手三陸にしました。
エサ釣りを初めてからデータをとるようになったのですが、
そのせいかあまり遠征に行きたいと思わなくなくなった


やっぱり、日々の傾向が掴めないといい釣りが難しい。
大船渡に住んでいたので周辺の大まかな傾向は分かるが、最近はわからない。
それでも、ここの地域は3年間居たので愛着があるのだろう。


時期的にヤマメの大物は望めないけど、イワナならチャンスがあるかも?



今回は渋滞もなくスムーズに



前のお盆はえらい目にあったけど、渋滞もなく気分よく北上。
画像の通り渋滞箇所が少ない!
イメージ 1

岩手に着くと、まだ桜が咲いていました。
イメージ 2




大船渡、釜石、宮古を中心に釣り歩いた




アメダスで確認していたが、最近雨は全然降っておらず川は渇水状態。
ここは懐かしい渓流。ヤマメは30前半・イワナは40中盤なら狙える。
イメージ 3

イメージ 7

渇水だろうがこのサイズなら1日で嫌というほど釣れる魚影。
イメージ 4

イメージ 5


ちょっとこれはいいサイズ!!
イメージ 6

増水してれば100%に近い確率で尺イワナなら釣れる渓流。
くそ〜。条件さえよければなぁ


他の川に行くも、渇水+釣り人で思うように行かず。
気分転換に盛川を見るもう〜ん…。
イメージ 8


経費削減のため(笑)ほぼ車中泊でした。
1日だけネカフェ。今ではネカフェでも鍵付き個室で普通に宿と変わらない。
最終日前日にまとまった雨が降り、翌日に期待して就寝。


続く。








[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事