ここから本文です
鉄人クラブ釣〜リズム 2nd!
2019年も全力で釣りします!

引き続き開拓釣行


5時半に着くと、5台の車はいらっしゃる…。

先方に聞くと、やはり入りたい沢は決まってしまったようだ。

できそうな区間もあったが、いかんせんすぐ終わりそうな距離。


開拓がメインなので、長い距離ができそうな場所に移動。
あそこは前泊入りしないとどうやら厳しい…。



準備をしていざ開始!


色々探して、3ヶ所目でようやくできそう。
ここの沢も水は少ないけどよさそうな感じ。
イメージ 5




















イメージ 1



釣れてもこのサイズが限界。
イメージ 2


イメージ 3



すると、上に行けるか険しい場所が。


ここは情報がない場所だったので、コレが役立ちました。
イメージ 4

































スマホのアプリで、林道や高低差が分かるのでマジ便利です。
圏外でも問題なく使えます。
一人だと不安になりますからね。
先でなんとかなりそうだったので、ひーひー言いながら登って突破。


ここからは入れ食いでした。
ポイント毎にアマゴがいて無茶苦茶楽しい〜。



すると大したことないポイントでデカイ魚が。
久しぶりだったので尺?と興奮しましたが。
イメージ 6


くぅ〜。28センチでした。
でもこの時期に良いアマゴを釣ることに近づいたので嬉しい!
イメージ 7


まだまだコンデションが戻っていないアマゴが多数。
イメージ 8

イメージ 9
































これは綺麗なアマゴでしたー。
イメージ 10


しかし、30近いアマゴをバラす始末(ノД`。)
8mの竿に2mの提灯仕掛けだったので、掛けた瞬間強引に持ってからハリ外れ。。
完全に油断してました。


結局アマゴは38匹釣れました。(全てリリース)
こんなに釣れたのは初めてです。



来週はまた違う沢を開拓しようと思います!



この記事に

2019年渓流釣り開幕


ようやくアマゴ釣りに行けました。
今年の3.4月は開拓に費やそうと考えています。
天竜川の支流です。(分かる人はかなりいると思います)

イメージ 1

この川はいわゆる、近くて遠い川の代表格でした。
何故か??それは…ルアーが禁止だということ。
この時点でルアーマンだった自分には選択肢にはありませんでした。


本流・支流ともにチャラ瀬ばかり…。
鮎がメインのイメージ。


しかし、エサ釣りをするようになってから気になってます。
家から一番近くでアマゴが狙えるようになるわけですので。


沢で釣り開始!



ほんとは上流部でやりたかったけど、到着が10時だったのでゲートには4台車が…。
途中に流れ込んでいた沢でもやってみよう。
今日は下見がメインだし仕方ない。


最初はこんな場所。
イメージ 2



最初でまさかの1匹目。
イメージ 3

初物はやっぱ嬉しい!
こりゃ爆釣か?
その後、足跡を発見。前日だろうけどこの規模だとキツイ。。


この沢では大場所になるのかな?
イメージ 4

ここでは何も起こらず。


上流に行くと堰堤が。
イメージ 5


これだけ浅くてもいるんだもんな〜。
イメージ 6


林道に上がり、さらに上流を目指します。
イメージ 7



ここはいるでしょー。
イメージ 8



やっぱいたが小さい。まあ沢だからなぁ。
イメージ 9


この堰堤は巻けず、入渓した場所まで戻るハメに。
イメージ 10



時間的に、ここが最後。
イメージ 11



残念ながら、掛かったのはこのアマゴでした。
イメージ 12

今回はここまでだけど、この大場所から上流が期待できそう!
水系の渓相上、かなり上流域でないと釣果は難しいかも。。


道路、川の感じも把握できたので来週は早起きしていきます!
上流部に行ければいいけど…。

この記事に

解禁に向けて

こんにちは。

釣りに切り替えと思ってましたが、それどころではありませんでした。
膨大な仕事や嫁さんの病気で、釣りのことは忘れるぐらい。


なので、今だ解禁に向けて準備は全然なわけで。
今年は連休が多く、岩手に車中泊でヤマメ・イワナ釣りだ!と考えていました。
その為、岩手の共通年券を買っていたのです。



岩手県内共通遊漁証



我が静岡県には存在しない、うらやましい年券です。
一番最初に買ったのがまさかの岩手年券とは。

イメージ 1

しかし…、嫁さんの病気のこともあるので、5月は最悪行かない可能性も…。
早くに買いすぎた。
まだ分からないのでなんとも言えないのが正直なところですかね。



得感が半端ない年券 15700円



使用できない川は何箇所かあるが、ほとんどカバー。
何より住んでたときに知って驚いたのが、
東京・神奈川・千葉・埼玉の合計面積より、岩手がデカイという事実。


あっ、ちなみにこんだけ説明してて、僕は静岡県在住ですので



地元の年券は?



今年一番のテーマは、3・4月にいいサイズのアマゴ・イワナを釣ることを目標にします。
やはりこの時期が難しい。
いつもダメダメで釣りしない方がいいんじゃない?って思うぐらい。


一応2ヶ所はじめて年券を買おうと考えています。それは、
・水窪川漁協
・もうひとつは内緒!


水窪はヤマビルが多いと聞いていたので避けていました。
どうなんだろうなぁ〜?


そういえば、気になったこと



今まで使ってたメタカラマン。
普段、糸が抜けず問題なく使えてる。
ちなみにチチワ結びで。
イメージ 2



新しい竿に付けたメタカラマン。
先径が太いのはコレになるのか?
自分にはこの形状の違いが分からないまま…。
イメージ 3


実際に使用すれば分かると思うけど気になります。
早い渓流は来月には解禁ですね〜。


この記事に

こんにちは。


最近まで会社命令の資格勉強のためブログが更新できませんでした。
結果はどうか分かりませんが、とりあえずは釣りに切り替えです!


さて、今回は購入した、ウェーダーとシューズについて書きたいと思います。
長い距離を歩くとき、ブーツ型はしんどいと思っていたのが買い換えた理由です。



リトルプレゼンツのN3チェストハイウェーダー



ウェーダーはリトルプレゼンツにしました。

イメージ 1

選んだ一番の理由は、ズバリ価格が安いということ。
今まで、ブーツ型のウェーダーを履いてた者からすると、どれもためらう金額。
そのため、実際はこれ一択という感じでした。



やはりウェーダーは消耗品という考えなので、これで充分かな?

イメージ 4


自分は164センチなのでMサイズにしました
ちょうどいい感じです。
ウェーダーゲーターも気になっています。



ちなみに、今まで履いてたのはコレ


ダイワのパワーウェーダーPW3204R


イメージ 2


現在は、モデルチェンジしてますが、耐久性が素晴らしいです!
自分のハードな釣行にも耐えています。
もうフェルトを6回は張り替えています。


現行モデルは耐久性が低いです。
これより後に買ったのに、何箇所も浸水して使い物にならなくなりました。



コーカーズ:デビルズキャニオン



次はシューズですが、コーカーズのデビルズキャニオンを買いました。
サイズはUS9。
普段は26センチの靴を履いてますが、US10の方がよかったかも。

イメージ 3



購入に関して重視したのは、耐久性と水はけの良さ。
耐久性はかなり高いらしい。水はシューズの底から抜けるならいいのでは?

イメージ 5

ソール交換は爪を画像の穴に押し込むのですが、かなり強くやらないと入らない。
取り外しも力が必要で、壊れないか心配です。


そして、見てわかるけどソールはかなり薄いんですよね…。
ここは、後々どうするか考えます。



一方、ラバーソールの評価はあまりよくないです。

イメージ 6

まあ、自分は林道歩きのときに使用予定だから問題ないかな。



最後に一手間



接着剤を使い補強しました。

イメージ 7

使うならこれが最高にいいです。
釣具のイシグロにも売ってます。



不器用な自分にはとてもしんどい作業ですが、縫い目などを塗っていきます。
数時間かかってしまいクタクタでした。

イメージ 8

どんな感じか早く使ってみたいです



この記事に

渓流竿


僕がアマゴ釣りで使用している渓流竿についてです。


ルアーマンだった自分には分からず悩んだ記憶があります
扱いに大分慣れてきたので、個人的な感想について書きたいと思います。
竿は天平53→碧羅80→碧羅85という順で現在に至っています。



過去の竿


まずシマノの天平53という竿を買いました。
選んだ理由はこの長さがベストだと釣りの本に書いてあったからです。
ルアーから移った当初はこの長さでさえ、嫌になるほど長く感じました。

イメージ 2

ただ、この長さはある程度使うとすぐに慣れました。
このとき思ったのが、やはり5.3mだとアマゴとの距離感が短いということ。
何かいいのはないか?と感じるように。


そこで調べると、尺上さんを知りアドバイスとオススメを教えてもらえました。



現在(2018)の渓流竿


渓流竿は碧羅85という竿を使っています。
というか、コレしか持っていない。
2017年は碧羅80(大ダメージにより殉職)

イメージ 1

アドバイスではいきなり8m以上は厳しいということでした。
ほんとその通りで、泣きそうになるぐらい


それでも夏にはなんとか扱えるまでになりました。


余談ですが、釣りしているとき不注意でメタカラマンが。
大物が万が一掛かったら心配です。
イメージ 4



長所と短所


☆長所

一言でいえば、かゆい所にも手が届く。
できる限り遠くから狙いますが、それを可能にしてくれます。
やはりこれは大きな利点です。

硬さも適度に硬く振り込みやすい。
長さがあるので、大物の引きにも耐えてくれる。





☆短所

長さがあるので色んな所にぶつけやすい。
なかなかいいお値段。
特に雨の日には固着が起き節が傷つく。(使い方の問題かもしれません)

イメージ 3

とりあえず、瞬間接着剤を塗っときました。
この問題に悩まない方がいたら教えて欲しいです。


今はこの竿をもっと使い込んで感覚を磨きたいと思ってます。





この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事