清水興『徒然GROOVE』

NANIWA EXPのベーシスト清水興のブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

旧友、宇田川妙のソロ活動99回記念ライヴに参加した。
参加決定が直前だったので告知出来ずに失礼しました。

妙ちゃんとの付き合いは古い。
知り合ったきっかけは70年代後半に一世を風靡していたPOPCONだった。
圧倒的なクリエイティビティーは当時から光り輝いていた。
やがて、NANIWAのゲストシンガーの一人としてミナミの老舗ジャズ喫茶"DUKE"で共演することになった。
HUMAN SOUL時代は作詞やストリング・アレンジなどで、助けてくれたし、コブクロのインディーズの2枚目以降は音楽監督としてもその才能を存分に発揮してくれた。

そんな彼女が50歳を迎えて改めて自分自身を表現しようとソロでの全国行脚"It's Not Too Late"を始めて99回目の記念ライヴがこの日の集いになったわけだ。
この全国行脚の模様は以前のblogにも書いたことがあった。
http://blogs.yahoo.co.jp/ko_shimizu_bass/32267064.html

この日は彼女と縁の深いミュージシャンが角界から集まった。
シャンソンやクラシックなど多種多様な演奏に続いて、俺は建ちゃんと共に、DUKE時代のもう一人のゲストシンガー東雲マリ、石田長生06バンドの初代コーラスジェシィと一緒に演奏させてもらった。

長い長い年月を経て、何事も無かったようにJAMが始まるのはやはりとても心地よいものだった。
みんなしっかり魅せてくれるのがとても嬉しかった。

彼女の表現活動はまだまだ続く。
改めて元気をもらった一日だった。

Peace,

閉じる コメント(1)

顔アイコン

しみちゃん、ほんとうにありがとう!

お客さまの層も、NANIWAの古くからのファン、村西くんが出るから来たクラシックファン、橋本さんのシャンソンのお弟子さん、ジェシーの世界に魅せられた人、東雲マリを愛するジャズファン、宇田川ソロライヴのお客さま、と様々でした。

そんなお客さまたちにも、ゲスト出演してくれたみんなにも、私の大好きな人たち、それぞれの素敵な音楽を紹介したいとずっと思ってた。
その夢が叶って、とても幸せでした。
オバサマたちが、あのベースの人カッコよかったわね〜!とか言いながら帰っていくのを聞くのは嬉しいものだよ(笑)
そのときその場にいた皆が楽しかった、って最高!ヽ(´▽`)/

>長い長い年月を経て、何事も無かったようにJAMが始まるのはやはりとても心地よいものだった。

ほんとにそうだよね(^-^)
たとえ、まぁ本番には来るだろう、って人がいても(爆)、当日初合わせの曲がいっぱいあっても何の不安もなく委ね合える。
信頼しあえる仲間達と一緒にjamる、ってなんて素敵だろ!

ほんとうに楽しいひと時をありがとうございました!
これからもど

2011/11/1(火) 午後 5:17 [ 宇田川妙 ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事