清水興『徒然GROOVE』

NANIWA EXPのベーシスト清水興のブログ

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

19日の夕方、無事日本に帰って参りました。

今日は明日のORITOの追悼ライヴ@広島の仕込みをしなければならないので、テキストは後日。

ってなわけでレポートに行きたいと思う。

朝起きるとまず朝食だ。
このSafir Hotelの朝食はなかなかいい感じだ。
普通のウェスタンスタイルの朝食もあるのだが、Hot Meal コーナーに行くと、地元の料理が数多く並べられている。
豆の煮込みや野菜のグリルなど、なかなか美味いのだ。
皿の中央に盛られている長粒米にかけてあるのがFoul(フールと発音する)だ。
南米のフェジョアーダのような豆を煮込んでとろとろにしてあるものなのだが、これがなかなかたまらない。
コリアンダーや刻んだトマト、ピーマンなどをふりかけてアリオリソースと共にいただく。

エジプト人はFoulを食べ過ぎてfoolになるっていうジョークもあるそうだ。

腹ごしらえをして昼過ぎに会場のCairo Jazz Clubにサウンドチェックに。
果たしてどんな楽器が用意されているのか不安だったが、会場にあった機材は最高とまではいかないまでも、充分ストレス無く出来るものがそろえてあったので安心した。

陸などは偶然にも彼が契約しているTAMAのドラムが置いてあったことに驚いているようだった。
やはり空気が乾燥しているってのはいいことのようだ。
普段と違う、ストレスの無い鳴り方をするドラムにますますご機嫌な陸だった。

一度ホテルに戻ることになったが、どうやってエンジンをかけるかがこの街では課題なのだ。
考え抜いたあげく、ホテルの隣のピザハットでホット・チキン・ウィングを仕入れて、部屋でルームサービスでワインを頼む事にした。
部屋に帰ってメニューを見て驚いた。
酒が、、、ない、、
カクテルメニューもあるのだが、全てノンアルコールカクテルだ。
ダメ元でええわ、っとばかりにルームサービスに電話してワインのボトルはあるかと聞いてみた。
快く持って来てくれるってことだったんで一安心した。
220エジプトポンド、約¥3,000.弱だ。
悪くないワインだった。

本番は23時スタート。
俺達が着く頃には既に超満杯状態だった。
久美ちゃんのアラビア語MCはやはり馬鹿ウケだった。
曲説明やだんじりの説明などは俺が英語でやったけど、思いの外英語も理解してくれているようで、実にスムースに進んで行った。
エジプトの連中と叫ぶ「そ〜りゃ、そ〜りゃっ」の大合唱はなかなか楽しかった。

演奏が終ったのが2時頃だった。
もうどこの店も開いてるわけがない。
あらかじめ酒屋で買ってもらっていたビールとワインを持って久々にホテルで部屋呑みすることになった。
カイロで初のオールで爆飲。
実に気持ちよかった。

いよいよ翌日は本番だ。

Peace,

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おかえりなさ〜い!!村上てつやさんがORITO TRIBUTE広島のことを書いてるので貼っておきます♪

2012/3/20(火) 午前 7:26 [ クッキー ]

顔アイコン

お疲れさまです。美しい画像、そしてアカデミックなお話をありがとうございます。「黄金」と聞いた瞬間、「El Drado」が聴きたくなりまして、本当に再生しました(笑) でも国が違いますね…すみません(^^;
ニューアルバム告知動画も拝見しました。WIND UPのギャグがきれいに決まりすぎて、笑いを超えて感動しました(^^;;

2012/3/21(水) 午前 0:52 [ ひーやん ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事