ヨリドリ yori-dori 「羊毛フェルトと野鳥のお部屋」

野鳥の魅力をぎゅっと羊毛ボールに込めました。野鳥の写真も

全体表示

[ リスト ]

イメージ 17


わたし、「出不精バードウォッチャー」なんです。
探鳥会など、行ってみたいけど、勇気がなくて。。

家の近所なども、ため池があるけど、歩いて写真撮っていて、
知っている人に見られたり、声かけられたりするのも、恥ずかしいし。
というわけで、家の中からやベランダからこっそり撮っているのです。
でも、たま〜にどうしても外に鳥を見に行きたくなります。

昨年、水戸の千波湖でハクチョウさんを見かけてから、野生の飛来する白鳥を見てみたいなーと思っていました。
調べたら、家の近くでは、潮来の北浦や東庄に飛来しているとのこと。
でも、昨年ぐずぐずしていたら、白鳥さんたちはシベリアに帰ってしまいました。

そこで、今年は行くぞー!!と決めていました。
茨城方面に行く用事ができたので、土曜日に北浦の「白鳥の里」に行くことに。
事前に調べたら「毎年100羽のハクチョウが飛来」「SNS映えする」との宣伝文句。
期待に満ちていきました。道にまよったりしながら、やっとたどりついたのですが。。。。

イメージ 1

大量のカモカモカモ。そしてハクチョウが3羽。
3羽ともコブハクチョウです。
。。いいんですけどね、コブハクチョウも可愛いし。。
でもオオハクチョウやコハクチョウがいると思っていたので。
餌をもとめて移動してしまったのかな。時間帯が悪かったのかもしれません。
しかも、餌付けされているので、カモやカモメがばさばさと
とびかかってきます〜。
車道にもわらわら飛び出ているし。。。

ユリカモメ。近っ。
イメージ 2

餌の方に向かってワラワラと移動するオナガガモ。
イメージ 3

まあ、ハクチョウには会えたのですが、100羽とかSNS映えというワードを想像していたので
ほんの少し、期待外れというか。。


しかも、帰り道の家に近い川にもコブハクチョウを発見してしまった。。
イメージ 4

というわけで、早速次の日、リベンジ。
今度は千葉県東庄の「夏目の堰」です!
こちらは主にコハクチョウ1000羽飛来しているらしいとの情報。

さすがに移動しちゃっていても、3羽ってことはないだろうと期待。
しかも、白鳥の里の半分の距離!

よくわからなかったので、お隣の「東庄県民の森」に車を停めました。
管理事務所のところに駐車できたみたいだけど、
下にとめたら、山道をかなーりアップダウンしなきゃいけなくて。。
上にとめればよかった。
っていうか、後でわかるのだけど、みなさん堰の周りに路駐してました。

まあ、でも、山道を登ったのとても盛り上がり。高台から少し堰が見えました。
イメージ 5
いるいる!!しかも、鳴き声がすごーい!!クォークォーって大音量!!期待大!!

飛んでいる白鳥も見えて、なんだかあせる。
そして
イメージ 6

なんとコハクチョウ山盛り!!!
まさに、わんさかぎっしりです。。
感動。。。

イメージ 7
近くを飛んでくれたり

イメージ 8
優雅に泳いでいたり。。

イメージ 9
撮るのが難しかったけど、飛び立つ瞬間は迫力があって、何度見ても飽きないと思いました。

イメージ 10
飛んでいる姿も美しい!!うっとり。。。
オオハクチョウは確認できなかったけど、すごーく満足です!!

そして、ハクチョウ以外も。。

イメージ 11
カンムリカイツブリさん

イメージ 12
ミコアイサ
この前、テレビでやっていた、「パンダガモ」ことミコアイサ!!
初見です〜!!大量なカモの間からすーっと近くに来てくれました。。
イメージ 13
ミコアイサ女の子もいました。

家に帰ってから知ったのですが。
夏目の堰には「トモエガモ」もいるとのこと。
撮った写真をチェックしてみたら、
とりあえず写りこんでいました。
知っていればなー、これだけ残念(-_-;)
イメージ 14

イメージ 15


イメージ 16

夏目の堰、シベリアに帰ってしまう前に、もう一度見に来たいな〜と思いました。
このあたり、昔は雁なんかも飛来していたみたい。
白鳥も年々増えているようなので、雁なんかもやってきてくれたら素敵だなー、なんて思いました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事