ヨリドリ yori-dori 「羊毛フェルトと野鳥のお部屋」

野鳥の魅力をぎゅっと羊毛ボールに込めました。野鳥の写真も

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

連休は、日光に行ってきました。
割と直前に旅行の予定を立てたら、めぼしい宿やホテルはみんな満室😭
唯一、日光の宿が予約できたのです。
日光・・・とても寒かったです。
イメージ 1

華厳の滝も完全に雪景色❄(滝のあたり雪が青く見えるのはなぜ?不思議です。)

イメージ 8
中禅寺湖。山に雪がかかっていて、絶景でした。

日光の寒さを少し甘く見てました。
普段生活している場所の「真冬で一番寒い時の服装」で行ったのですが、寒すぎました。
スキーに行く服装じゃないとダメですね。靴はスノーブーツくらいでOKな感じでした。


とはいえ、観光しました。小雪が散らつく中の東照宮。
家族が寒さでヘロヘロになってしまい、あまりゆっくり見られなかったのですが、私の目当ては超有名なこの眠り猫!
イメージ 2


の裏にいる雀ちゃんです。
イメージ 3

 竹に雀。
これは、猫が眠っているから、雀も襲われず遊んでいられる→平和だ! という平穏な世の中を表しているそうです。
奥が深いです。

他にも、鳥の彫刻がいっぱいあってゆっくり撮りたかったのですが、追われるようにして撮影。

イメージ 4
青い鳥。なんだろう。。
イメージ 5
鳩??
イメージ 6
キジ??だろうか?


どの鳥も何の鳥かよくわからなかったけど、
すずめはすずめだとよーくわかりました。

すずめが元気なのは、平和の証し!
江戸時代からすずめは親しみのある存在だったのね、きっと。
こちらは、ヨリドリ作の箱入りスズメちゃんです。
ラッキーアイテムの雀ちゃんです。

イメージ 1

先週、無印良品有楽町店にて、JICA✖️MUJI のキルギス羊毛フェルトのワークショップを見学させていただきました。

羊毛フェルトワークは、JICAがキルギスのイシク・クル州で進めている、自立支援のプロジェクトだそうです。キルギスの女性が羊毛フェルトの技術を見につけて、生活の糧にできるという取り組みです。できた製品を見ても、フェルトの技術は大変高いです。
そして、羊毛はすべて草木染めで染めてあります。とても優しい色です。

イメージ 2

イメージ 3


特にブルー。タイセイという葉で染められていて、キルギスの女性の眉を染めるのに使われてきた染料だそうです。
プロフェッショナルなキルギスの羊毛技術者の華麗な水フェルトさばきには感動しました。

イメージ 4

ワークショップ参加者の作品も、みなさん思い思いに素敵に出来上がっていました。

私は、ワークショップには参加しなかったので、イシク・クルxmujiのクリスマスギフト、「ユキヒョウ」を購入させていただきました。こちらは、mujiのオンラインで購入できるようです。羊やヤギもかわいかったですよ~。
イメージ 5

そして、ユキヒョウの後ろにぼやけて写っているのは。。。また、こちらは後日お知らせいたしますね。


昨日は、定期的に参加している、自然食を提供してくれる古民家レストランでのパン教室でした。
今日のお題は、「梅の実酵母のバーンズパン」です。
古民家のお庭で拾った無農薬の梅の実を発酵させて、酵母種をつくります。
それをパン生地にまぜて、パンを膨らませるというものです。
こちらが、その梅の実を漬けはじめたところ。
イメージ 1
置いておくと、ブクブクと泡を出して発酵します。
部屋中に梅の香りが漂います。
出来上がりはこちら
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

心のこもったマクロビ料理と一緒にいただきます〜。
自分でこねたパン、材料も丁寧に調達されたパン、本当においしいんです〜



にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ(文字をクリック)






全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事