憲法を政争の具にするな

今朝の朝刊によると、市民団体が開いた9条改憲に反対する集会に、野党4党の党首が揃って出たそうだ。立憲民主、民進、共産、社民の4党だ。 ああそうか、と言ったニュースだが、気が付いた。 そもそも憲法は国家統治の基本規範である。これを論ずるに際して党議党略にまみれた政党ベースにするとは何事か!と、今更ながら思ったのだ。 野党の信条は政権打倒にあるようだ。何でも反対だ。“自衛隊明記”と言えば“地球の裏側に行って戦争する”と叫ぶ。一部の有名人、国民がそれに乗る。 こんな状態ではまともな憲法論争が出来るとは思えない。 国会議員は知識、見識、経験、総てにおいて極めて優れた人材であろう(皮肉になるか?)。 せめて憲法位は政党をすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事