ここから本文です
私は中国の思想にくら替えしました。

?好和他和?好的澎湖湾

先日、Erotes Studioから?和他和?的澎湖湾(彼女と彼と彼女の澎湖湾)が再三の延期を経てやっと発売されました。
公式サイト(http://www.erotes-studio.com/BlueBloodLagoon/)

この作品は澎湖版二二八事件である澎湖七一三事件(https://zh.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%8E%E6%B9%96%E4%B8%83%E4%B8%80%E4%B8%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6)を舞台にした、凄く設定の重いエロゲです。このErotes Studioは過去に二二八事件を舞台とした雨港基隆や、1998年5月のジャカルタ華人虐殺事件を舞台にした五月茉莉(五月のジャスミン)をリリースしており、史実に基づいたゲームが専門分野のようです。

?和他和?的澎湖灣は明日と明後日に開催される台湾最大の同人イベントである開拓動漫祭Fancy Frontierで発売される予定です。

買動漫というサイト(https://www.myacg.com.tw/seller_market.php?seller=224052)からも購入できるようですが、どうやら登録するのに台湾の電話番号が必要なようで、訪台する際に登録して購入しようと思います。

オープニング


エンディング「海兮」








追記:この作品の時代考証はガバガバみたいで制服は日本のものですね...それはそれで楽しめそうですが...何がとは言いませんが

開くトラックバック(0)

今日はミャンマー北部シャン州にある、少数民族の山岳ゲリラが支配する「ワ州」のプロパガンダソングについて書こうと思います。
このワ州、昔はケシを栽培しアヘンを大量生産していたことで有名で、その様子は高野秀行氏の「アヘン王国潜入記」に詳しく書かれています。

それだけ言ってもよくわからないのでざっと概要を述べます。

概要
1.「ワ州」とは一体何なのか?

中国とミャンマーの国境地帯にある、ワ州連合党(UWSP)/ワ州連合軍(UWSA)が支配している地域。正式名称「シャン州第二特区」。自称「ワ州/ミャンマー第二特区」ミャンマー政府軍が唯一立ち入れない地域である。公用語は中国語及びワ語。通貨は人民元。民族は「少数民族」のワ族が大半を占める。首府はパンサン(邦康)。主席は鮑有祥。
ほとんど独立しているように見えるが、ミャンマー連邦に帰属することは認めている。
2.歴史
ビルマをイギリスが占領するも、イギリス軍はワ州地域まで入れず。
ビルマ独立
ワ州はビルマ連邦に帰属(ビルマ政府の支配は行き届かない)
国民党の残党がワ州地域に入ってくる
なんとか残党を追い出す
中国共産党の支援を受けたビルマ共産党がワ州地域を革命根拠地にする
知識青年が大量に入ってくる(中国語普及)
ビルマ共産党強大化
しかし少数民族のワ族は前線でこき使われるだけでメリットがなく、反発
8888民主化運動
中国とミャンマーが接近
ビルマ共産党は用済みとなり、支援がほぼ無くなる
ワ族を中心とする少数民族が反乱
ビルマ共産党瓦解
当時のミャンマーのトップだったキン・ニュンが少数民族のゲリラ達と停戦条約を結び、少数民族のゲリラ達は高度な自治権(事実上の独立)を認められる
趙尼来総統(タ・ライ)をトップとするワ州連合党の軍事独裁政権確立
麻薬王クンサーとの抗争に勝利。タイ国境沿いに南ワを手に入れる。
趙尼来死去。鮑有祥主席(タ・パン)がトップに。

3.ワ州のプロパガンダソング
ワ州連合党自体が中国共産党のパチモンみたいな政党なので(ワ州そのものが中国のパチモン)、プロパガンダソングも中国共産党のパチモンみたいなやつです。
まず最初に紹介するのは「佤邦之歌」(ワ州の歌)です。ワ語と中国語両方の歌詞があります。しかし、それにしても熱帯地域特有の垢抜けないクソダサ感がすごい。

それではお聞き下さい。ワ州の歌(Lox rhax meung vax)。

Wa Song (Lox rhax meung vax)

Meung ot ex vax daing mhawm
Gawng ot ex vax daing mhawm
Ex pui meung vax krax yien yawg
Khawm uik mawh ex pui meung vax
Ex moh lien ex meung ex vax
Ex moh been rub rum meung vax
Grum rhawm grum rhi ku ceu pui
Yuh krax ot ex si daing mhawm

O meung vax mawh nyiex ot ex
O meung vax mahw dee key dee cei ex
Song sang yaox  ex krax mi krax mhak
Ex tom sau riang sau rao tix
Grum rhawm grum rhi ku khax ku pui
Meung ot ex vax
Meung ot ex vax Si daing mhawm

这一方山水好风光
这一方土地多宝藏
这里的人们爱和平
它的名字叫佤邦
我们爱佤邦联合军
我们爱联合党
各民族团结在一起
共建和谐新佤邦
哦佤邦我可爱的家乡
哦佤邦生我养我的地方
为了イ尔的繁荣富强
我们把重任扛在肩上
一起创造美好未来
佤邦的明天
佤邦明天更辉煌

(中国語歌詞繰り返し)

歌詞日本語訳:

この地域の風景は美しく
この地域の土地には宝が多く眠る
ここの人々は平和を愛する
その名はワ州
我々はワ州連合軍を愛し
我々はワ州連合党を愛する
各々の民族よ共に団結し
調和のとれた新しいワ州を一緒に作り上げよう

ああワ州、私の愛する故郷
ああワ州、私を産み育んだところ
あなたの繁栄と発展の為に
重責を負い
共に良い未来を作り上げよう
ワ州の未来は
ワ州に未来はさらに輝く

久しぶりの投稿となりました。長い間Twitterをしていて思考が断片的になったので何かまとまったものを書きたいという欲が薄れていたのですが、Twitterを暫くしないうちに久し振りにブログを書きたいという衝動に駆られて更新に至りました。といってもそんなに書くことは無いんですけどね。

さて、本題に入りましょうか。世界第二位の大国が崩壊して25年が経った今、その残骸は何処にあるのかということを考えていきたいと思います。

アメリカと世界を二分した超大国。共産主義を掲げ、理想郷の建設を計画した謎の国家。それとは裏腹に腐敗した官僚制。おびただしい数字の粛清。共産主義とは何だったのか。ソ連とは何者なのか。これを理解する為にはその遺物を現代に見つける事が重要かと思われます。

ソ連にはかつて、15もの構成国がありました。ロシア・ウクライナ・白ロシアのスラブ3国。カザフ・トルクメン・ウズベク・タジク・キルギスの中央アジア5か国。エストニア・ラトヴィア・リトアニアのバルト3国。アゼルバイジャン・アルメニア・グルジアのカフカス3国。そして、他にモルダビアがありました。

バルト3国はソ連時代の面影をもはや失っていますが、中央アジア5か国はかなりソ連の名残を色濃く感じます。一度、ウズベキスタンから来られた方とお話ししたことがあるのですが、ウズベキスタンの教育システムはソ連そのものだという事がわかりました。やはり、ソ連から独立したところでオリジナルのシステムを作り上げるだけの国力は無いのでしょうか。地方では馬鹿でかいレーニン像が健在で、ソ連時代の綿花栽培をそのまま続けているといいます。都会ではソ連時代の方が良かったと言われることもあるとか。場所はウズベキスタンの地方でありますが、やはりソ連は現代に生きていたのです。

お隣のタジキスタンも見てみましょう。タジキスタン国営放送による国歌の放送です。歌詞は違えど、メロディはタジクSSR時代と全く変わりません。
現在、タジキスタン政府はロシア的な要素を排除し、タジク人の民族主義的政策を進めています。この政策の主導者である大統領のエモマリ・ラフモンも2007年にロシア風の名前であったエモマリ・ラフモノフから改名しました。新生児にロシア風の名前を付けることを禁止する法律が出来たり、公用語からロシア語を除いたりと、これは一見ソ連から離れているようにも思えます。しかし、これはソ連の政策を継承し、程度を強めただけに過ぎません。何故なら、ソ連はロシア=ナショナリズムを抑え込むことで多くの民族が共生する国家を作り上げていたからです。タジキスタン内戦でロシア人が流出したとはいえ、ロシア人の持つロシア=ナショナリズムは強固であり、政権を脅かす要素であることには変わりありません。よって、これもソ連の遺物と言ってもいいかもしれません。

日月同光

みなさんこんにちは。114514年ぶりのブログ更新です。(迫真)
ブログ更新しようとしたら間違えてタブを閉じてしまって内容が全部飛んでしまって以来ブログを放置してました。申し訳ありませんでした。

突然ですが、本題に入りましょうか。タイトルの日月同光は2010年10月20日から放送されていた連続テレビドラマ「毛岸英」のエンディング曲なのですが、モランボン楽団がカバーしていたので紹介することにしました。https://youtu.be/9g3jRvv_gyk

毛沢東の長男で、朝鮮戦争で戦死した毛岸英を悼む曲です。歌詞は百度百科から転載しました。
女:
湘水之岸
英木苍苍
身在?域
魂归故乡
男:
湘水之岸
英木苍苍
身在?域
魂归故乡
女:
凤凰涅槃
人天共仰
为国舍命
日月同光
男:
凤凰涅槃
人天共仰
为国舍命
日月同光
合:
凤凰涅槃
人天共仰
为国舍命
日月(?)同光

なんとなく韻を踏んでる気がしたので、検証してみます。
イメージ 1

だいたい語尾が揃ってますね。

開くトラックバック(0)

8866レと馬急

2週間くらい前ですが上げておきます。
イメージ 1
8866レ@甲南山手
イメージ 2
後追い
最近ずっと8866レに1014号機が入っていたのですが、この間の8865レで戻ってこなかったので外れたみたいですね。

その後西宮北口に移動。馬急1本目は逃しました。
イメージ 3
2本目は7000F
イメージ 4
3本目は7013Fでした。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事