コバヤシ@メタボリックの時々日記

東京高校陸上競技部HP http://www.geocities.jp/tokyohs_makenki/

全体表示

[ リスト ]

夏の終わりの・・

 皆さん 残暑お見舞い申し上げます
夏休みもあとわずかになりました。そんな夏の終わりの23・24・25日と東京私学中高校陸上競技選手権大会が駒沢競技場で行われました。
猛暑の中の大会で、体調を崩す選手も見受けられましたが、本校の選手たちは暑さに負けずがんばりました。
3年生はもちろん、秋の新人大会の選手の座をめざし1・2年生も真剣なまなざしで競技していました。
そんな中で、33度を超える炎天下の男子5000mで長距離リーダーの大安 慧斗が15分52秒24の自己新で3位に入りました。優勝した川野部 桂と終盤まで競り合いながら必死に走る姿に思わず「胸が熱くなり」カメラを向け写真に収めました。合宿明けの疲労が残る中、リーダー自ら「できるんだぞ!」と引っ張る姿勢は必ず駅伝にいい結果を与えると確信しました。
また、肉離れでインターハイに出場できなかった短距離の加藤 勇司も復活しました。200mでは22秒53(−1.7)、マイルでも3走を務め逆転優勝への好走でした。秋の日本選手権リレーのマイルで今年の全てを発揮してもらいたいですね。(ケアを怠るなよ!)
女子では、100mで高橋さやかが12秒95と向い風2.5mのなか3位としました。インターハイでは控えに徹してチームを支えてくれたさやかが「さやからしい力強い走り」で、ゴール後の笑顔が3年間に「悔いなし」と言っているようで、実にさわやかでした。
高跳びの3年生が最後のここにきて好記録を連発しています。18日の支部夏季では大元 悠花が1m60、間宮 祐輔・池畑 塁が1m90、24日の私学では楠 芽衣が1m64をマークしました。「どうしてこの時期なの?」と疑問は残りますが、「最後だから」とがんばっちゃいましたね。これに引っ張られるように後輩たちも寺内 友也が1m97八田 隆純が1m91、佐藤 佑香が1m61と自己新をマークしました。
新チームとしては、女子400mリレーで47秒72、マイルリレーで3分52秒47と早くも大分インターハイに向けスタートを切りました。男子はマイルこそ3年生を加入しましたが、400mリレーは新チームで42秒97としました。
 
 さて、ご報告が遅れましたが、10月の岐阜清流国体に本校から5名の選手が東京都代表として選出せれました。代表選手として責任と自覚をもって競技しましょう。代表選手は
少年A400m 田辺 将大良  少年A砲丸投 幸田 和記 少年B砲丸投 安藤 夢
少年女子A100m 藤森 杏奈 400mリレー 高森 真帆  
明日からNTCで国体合宿です。
 夏休みもあと1週間。宿題終わったカナ?2学期に向けて気持ちを切り替えましょう。
暑さに負けず! ご自愛を・・。
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事