コバヤシ@メタボリックの時々日記

東京高校陸上競技部HP http://www.geocities.jp/tokyohs_makenki/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

東京都新人大会終了

30日の今日、台風17号の接近で大幅に競技日程を変更して東京都新人大会が大井競技場で行われました。
先週2日間を終え、不完全燃焼だったこの大会でしたが、やはり今日もなにか「モヤモヤ」したものが残りました。
それは、予定していた通りの競技日程ではなかったからでも台風の強風が向い風だったからでもありません。
きっとそれは競技結果が「納得いかない」からでしょう。
中には自己ベストを更新して「収穫あり」の者もいますが、割合的には「収穫なし」が多かったからでしょうね?
また、女子の総合優勝も白梅学園に奪われてしまい、連覇が途絶えてしまいました。
しかし、これは良い「発奮材料」として来季にリベンジしたいと思います。
白梅学園といえば、名指導者の遠藤先生が経験豊富な指導を優秀な選手に対し熱心に施しておられます。選手数は決して多くはありませんが、本当に的確な指導をされ、今回は優勝種目7つ・2位種目7つ。かつ400mでは1・2・3位、幅跳びでは1・2位を独占。さらにマイルリレーでは3分45秒58の大会新記録をマーク。1・2年生チームとしてはかなりのレベルです。上位入賞が多く、高得点を積み重ねての総合優勝でした。率直に「参りました」と言わざるを得ません。しかし、こうなる可能性は以前より戦力分析から予想はしていました。こちらの戦力不足でした。
ですが、この悔しさをエネルギーに本校もインターハイ総合優勝校として選手強化していきたいです。次は負けないようにします。選手も一人一人がそれを自覚して自分を見つめ直してもらいたい。
 さて、反省もしましたが、「収穫」の報告です。
岐阜国体を控えて、男子砲丸投げに出場した安藤 夢が1年生ながら15m68をマークし大会新記録で優勝
大会の優秀選手賞もいただきました。この記録は、昨年インター優勝の鈴木 愛勇も今年インター3位の幸田 和記も2年生で更新できなかった「壁」でした。全国1年生歴代3位に相当する立派なものです。その勢いで国体ではインターハイ優勝の石山君(京都・花園高)に挑戦しましょう。2位には栗城 湧介が6投目に逆転の自己新記録でした。また、三段跳びでは内川 佳祐が14m46(W)で優勝。1年生の井関 慶人が14m35の自己ベストで2位としました。井関も潜在能力の高い選手で、これからの経験がひとつひとつ彼を成長させることでしょう。5位にはHJ専門の寺内が13m72の大自己ベスト。3人入賞をはたしました。しかし、男子マイルは5位として関東新人出場を逃しました。まだまだ競り合いに弱く、レースへの対応能力が低いため自分の力以上の走りができません。こちらは来年に向けて倍以上の精進が必要です。
女子では、800mの北村 夢が2位ながら2分11秒27の大大ベストをマーク。先週から好調ではありましたが、あの卜部 蘭選手(白梅学園)にあと少しに迫る活躍でした。来年は全国トップを目指すくらいの気持ちで頑張ろう。今の夢は手がつけられないくらい好調です。今日は男女とも「夢」ががんばりました。「夢の日」でした。
マイルは1年生3人と北村で3分48秒53の大会新。2位ではありましたが来年が楽しみなチームとなりそうです。
やり投げでは、1年生の後藤 紗季が41m14で2位、2年の森田が40m22で4位と自己ベストが連発しました。森田は投躑3種目に入賞し一人で16点を獲得しましたが、試合後は「すみませんでした」と涙で反省の弁・・。でした。来年は「自分を変えるくらい」がんばろう。3種目インターハイ入賞を目指して。
さて、来週は岐阜国体が5日から始まります。「実りの秋」となります。また、駅伝シーズンにもなります。長距離の卒業生よ!練習手伝い・応援をお願いします。
さて、外では台風が・・。みなさん  大丈夫でしたか?無事帰れましたか?
PS:男子は無事に総合優勝しました。28年連続かな?
 

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事