上海ネオバンスキング

上海在住の日本人が思いつきで語るブログ。皆様のコメント大歓迎です。宜しくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

今日は、あの阪神淡路大震災から17年目。

当時、1月16日まで、宝塚の友人宅に遊びに行っていて、
16日の夜、当時住んでいた横浜に帰った。
確か、16日は日曜日、17日は月曜日なので、帰らないといけない状況だった。

17日、珍しく、朝6時前に目が覚め、何気なくテレビを付けると、
神戸で地震のニュース。最初のニュースでは、震度4だった。
「へぇ、結構揺れたんだな」程度の思いで、そのまま出勤。

出勤すると、同僚に、「神戸ですごい地震があったみたい、
阪神高速が倒れて、生田神社が屋根だけになってるよ!」と、
とてもあわてた感じで言われたが、「震度4でそこまでなるわけないやろww」
とそこはさらっとかわした。

その後、得意先回りの帰り、ふと、電器屋のテレビを見ると、
何と、同僚が言った通り、横に倒れた阪神高速と、屋根だけになった生田神社の映像が。。。

え?・・・そのまま10秒は固まっていただろうか。

それから関西方面に電話するも、通じず。
これは焦った。

数日後、地震の前日まで泊っていた友人と連絡が取れた。
彼は何と、地震の当日、出張のため、中国に向かっていたとのこと。
交通がマヒしていて、朝自宅を出て、約8時間かけて関空へ。
飛行機が神戸上空に差し掛かった時に、眼下に何か所も火災の煙が見え、
さすがにぐっときたとのことだった。

もう一日帰るのを延ばしていたら、と思うとぞっとした。

約一ヶ月後、再び宝塚の友人宅を訪れ、被災地を回った。
学生時代、関西にいたので、神戸の街はよく歩いたが、
あまりに変わり果てた姿に、愕然とした。

その中で、たまに通っていた焼き鳥屋さんが、倒壊した店の軒先で、
焼き鳥を売っているのを見たが、正直泣きそうになった。

その4年後、被災地の近くに住むことになったが、当時、河原には、
まだ、ブルーシートのテントに住んでいる人が少なからずいた。
国の補償がもうある程度支給された後においてもである。

当時ですらそうなのだ。今回の東日本大震災での国の対応は、
ダメダメと言われた当時阪神淡路大震災とくらべても、まだひどい。
被災地の人の心情を考えると、民主党の無策には怒りしか覚えない。
こんな政党を支持する人間がまだ存在する、ということに対し、
怒りを超えて、悲しさすら覚える。

一日も早く、民主党政権の打倒を願う。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

でも自民党も当てにならない・・・。

2012/1/17(火) 午後 6:17 きつねのしっぽ

顔アイコン

じゃあ、いっぺん橋下徹にでもまかせてみましょうか。おっと、似たようなフレーズを、2009年の参院選のとき、テレビとかでよく聞いてたような(笑)。

2012/1/17(火) 午後 8:26 [ 上海 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事