上海ネオバンスキング

上海在住の日本人が思いつきで語るブログ。皆様のコメント大歓迎です。宜しくお願いします。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

不毛地帯

http://img.dd13.tv/images/uploadimg1/20091017924158719.jpg
これは久しぶりの山崎豊子もの。
前回作「華麗なる一族」に続き、「実話をにおわせる系」のドラマ。
見るからに伊藤忠商事の近畿商事、見るからに瀬島隆三の唐沢寿明扮する壹岐正。
このほか、設定の殆どが実話に基づくもので、その意味では、
「あ、これってあれのことだよね」みたいな、クイズ番組的楽しみもあったww。

思いつく範囲で対比してみると、

近畿商事  ⇒伊藤忠商事
壹岐正   ⇒瀬島龍三
東京商事  ⇒日商岩井
千代田自動車⇒いすゞ自動車
佐橋総理  ⇒佐藤総理
田淵幹事長 ⇒田中角栄
竹中莞爾  ⇒児玉誉士夫(?)

あと、ラッキードとか、「分かり易すぎる」名前もww。
てか、最後の方でイランの石油の話が出てくるけど、
あそこって、三井物産じゃなかったっけ?

とかいうことを含めて、「答え合わせ」が出来るサイト発見!



しかし、山崎豊子ものは設定が複雑で、
やたらスケールが大きいドラマが最近多いが、
ストーリーそのものは結構シンプルで、それほどスケール感は感じない。

前作の「華麗なる一族」も最終回はキムタクが雪の中で、
一人ぽツンとかなりの時間を割いたシーンがあったが、
今回も真っ白な雪の中で壹岐正がたたずむ姿は、
上記前作の最終回を彷彿とせずにはいられなかったw。

紅子と秋津千里をもう少し描きこんでも良かったかもしれないが、
そうなると昼メロになってしまうのでwwあの程度でOK。

スケール感のあったドラマの割には、こじんまりとしたエンディング。
これももはや、山崎豊子もののひとつのパターンになったのだろうか。

ストーリーはともかく、次回も「謎ときドラマ」を期待したいww。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事