上海ネオバンスキング

上海在住の日本人が思いつきで語るブログ。皆様のコメント大歓迎です。宜しくお願いします。

テレビドラマ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

これ、CCTVででも放映できそうな内容だった。
テレ朝系って事で納得できたけど。
まぁ、できるだけ事前のレビューなどを見ずに、
先入観なしで見たつもりではあるが。

何せ、関東軍が徹底して「悪者」として描かれ
その「悪者ぶり」が幾度となくクローズアップされており、
満州で一般庶民に対し威張り散らし、それに純粋な心の溥傑が心を痛める、
という、中国でもありそうな「反日ドラマ」のパターンに
よく似ていた。

確かに、関東軍は、日本が負けるとすたこら逃げていった腰抜け野郎で、
弁解してやる価値はない感じだったらしいのだが。

しかし竹野内豊はすごい熱演だった。
あの日本語の微妙な訛らせ方、
そして中国語に対する努力の跡、
このドラマに対する並々ならぬ意気込みを感じた。
それが見れただけでもこのドラマを見た価値があったと思う。

うちも日中夫婦なだけに、ここまでピュアに日中の架け橋と言う部分を
貫き通したこの夫婦に対して、多大なる畏敬の念をもってこのドラマを
見させてもらった。

最後浩の亡骸に突っ伏して号泣する溥傑の写真などが映ったとき、
ちょっと泣けたけど、でも、第2部はちょっと端折りすぎなんじゃないかい?
と思った。これは、愛新覚羅浩さんの原作を読め、ちゅうことなんかな。

ライアーゲーム

戸田恵梨香、松田翔太主演のなかなか変わったドラマだった。
「クロサギ」のようなノリかとも思ったが、
かなり違っていた。

深夜枠のドラマだということもあり、
凝った画像技術が随所に盛り込まれていた。
効果音もふんだんに盛り込まれていた。

正直見ていて疲れた・・・。

画像効果、凝りすぎ、多すぎ。
効果音、しつこすぎ。

ドラマの前半は殆どが、前回の「おさらい」に割かれていた。
しかも、最終回の3時間スペシャルに至っては、
その殆どが、それまでの総集編のようなつくりであった。
こら!構成!手ぇ抜くな!

しかし、ストーリーはよくできていたと思う。
根底に流れていたものは、「赦し」。
最近、日本のドラマも、こういった方面のメッセージが
ちりばめられているものが多くなってきたように思う。
正に、2007年末に向けての、ある大きな何かのための一環と思える。

これは、正に今の人間にとっての大きなテーマであろう。
分かる人にはぞぞっ!と来るテーマであろう。

ね、plusplus4444さん?

まだまだ途中だけど、これ、本能で楽しめるドラマ。
毎回、ドキドキ・ハラハラ。
ベースになる設定もいいんだろうね。
毎回確実にドキドキ・ハラハラできる。
どこに落としどころを持っていこうとしているか、
「読んだ」つもりが意外な展開になっていく。
さすが、構想に3年費やしただけのことはある。

陰謀にはめられ、冤罪で死刑になりそうな兄を、
天才の弟が故意に犯罪を犯し、同じ刑務所に入って、
脱獄を企てるとともに、外では、弁護士が、冤罪の証明をし、
陰謀の首謀者たちと戦い、こちらも、「兄」の死刑取消を勝ち取ろうと戦っている。

いやぁ、ここ一週間ほど、睡眠時間が短くていかん。
日本のドラマと比べて、長いので、まだまだ先は長い。
しかも、パート2まであるという。

更に、2007年の9月から、アメリカ本国で、
パート3が放送を開始したとも聞く。

脱獄ネタでパート2が存在すること自体びっくりなのだが、
パート3まであるとは・・・。

パート1もまだ見終わってないが、暫くはプリズン・ブレイクにどっぷりな
秋の夜長になりそうだ・・・。

プリズン・ブレイク

これ、面白いね。

なんか、昔の「大脱走」見たいな映画だけど、
いろいろ話が入り組んでいて、面白い。
日本では去年日テレの深夜枠でやってたみたいだね。
中国では、香港系のTVBで同じく去年やってたようで、
中国でも衛星テレビが見れる高所得者層の間で、
大変な人気だったようだ。

本国アメリカでも史上7番目の視聴率だったらしく、
大成功のドラマだったようだ。

背景などの情報は、以下のサイトをご参考にされたし。


上記、本当は、wikipediaのサイトを張りたかったんだけど、
中国からは今見れない状態だからねぇ。

今、まだ途中だけど、暫く、寝不足の日々が続きそう(笑)。

生徒諸君!

見た。

最初の展開は、花より男子!のF4のような3TDという団体の設定で、
ん?と思ったが、原作でもあったのだろうか?この設定?

それから、どっか「わたしたちの教科書」に通じるゆがんだ学校の設定・・・。

生徒諸君!の方が先なので、「わたしたちの教科書」の方がパクってンのかな?

最初はすごい問題を抱えた感じだったが、
それが、見事なまでに「カイゼン」されていくさまは、
正に「マンガ」的だったねぇ。

「北城尚子」の「ハイテンションキャラ」も、
ちょっと現実感に欠ける感じだったような気がする・・・。

内山理名は結構いい女優だと思うので、
今後は、もっといい役をやって欲しいと思った。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事