上海ネオバンスキング

上海在住の日本人が思いつきで語るブログ。皆様のコメント大歓迎です。宜しくお願いします。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

これは激しく拡散希望!

「ねずきちのひとりごと」という方のブログから、去年の記事だけど、
中国が中華民族琉球特別自治区設立準備委員会を設立した、という内容が!
これは、香港のアップルデイリー「蘋果報」という、有名な新聞に掲載されたものみたい。
とりあえず、前文コピペするので、ぜひご覧頂きたい。



*********************************************************************************


今年1月17日に、支那の新聞に「中華民族琉球特別自治区援助準備委員会設立公告」なるものが掲載されました。


(冒頭部略)


1 我々は、琉球を回復し、中国千年の繁栄と安定した安全な発展の準備を十分にすることを決意する。

(1)中国は琉球の統治権を回復するにあたり、歴史と法律をもって争うことの出来ない正当性を備えている。

現在「琉球統治権の回復は、東海問題と釣魚台問題を解決する鍵となる」という文言に、琉球群島の属性を探ってみれば、

第一に中国歴代王朝の指導者には中国が琉球群島の主権を日本に渡した事実はまったくない
第二に、日本が現在法によらず中国に代わって琉球二統治権を行使している。この統治権は直ちに回復してよいものである。

それゆえ琉球群島の主権は依然として中国にある。
歴史は充分に琉球群島の主権は中国にあることを証明している。

「カイロ宣言」と「ポツダム宣言」は法律上中国が琉球の主権を具備していることを保障しており、中国は琉球に対して争う点のない主権の法的効力がある。

琉球群島の統治権は、我々は忘れることは出来ない。


(2)中国の琉球群島は戦略的地位として変えがたい重要性を持つ。

琉球群島の地理一は中国において相当の重要性がある。
琉球は東海の東にあり、中国の東大門ともいえるものである。
太平洋への出口でもある。
琉球は、中国が千年の経済発展と社会安定、国家安全の鍵となるところに存在する。

日本とアメリカの両国は琉球群島を利用して、中国を封鎖し中国を防ぐ第一の列島としている。
中国がいったん琉球群島を回復すれば、琉球群島は中国の千年発展の中で国家主権の安全の防波堤となる。

われわれは琉球を捨てることが出来ない。


(3)中国が琉球統治権を回復すれば、戦略的形成は一国の猶予も許さない緊迫性を持つ。

事の発端は日本が作り出し、侵略がその本質にある。
日本は、国は小さいながら野心は大きい。
日本はアジア人民に対し、積み重なる血の負債を負っている。
そして今に至っても謝罪を拒否している。

第二次世界大戦では日本は口先ではカイロ宣言とポツダム宣言の条件を飲んで投降したが、戦争犯罪問題はいまだに終わっていない。

日本は侵略国家としての戦争遂行賠償を行っておらず、いまだに関係条約を履行していない。
「山河は変わっても人の本性は変わらない」のだ。

日本は不法にアメリカ軍から中国に属する琉球群島の統治権を手にし、これほどの長きに渡って、琉球を中国に返そうともしない。

日本は琉球群島をジャンプ台として中国の釣魚台及びその海域を侵略占領し、琉球を基地に狂った妄言で東海中間線を引き、日本は一々中国に東海問題に口出しし、いちいち中国との東海共同開発を要求し、いちいち中国との春暁油田の開発を要求し、これによって中国への侵犯を企てている。

不法占領が釣魚島とこれを含む海域の中国東海の主権に及び、日本はあらゆる極端な手段をとっている。

政治上は積極的にわが国との抗日戦線盟約国であったアメリカに身を預け、日本の戦車にアメリカをくくりつけるようなたくらみで、軍事上は積極的に動いて、武威を振るい、非法な行いを実行している。

日本は、戦略としては侵攻が主であり、あらゆる方向に出撃している。

日本は釣魚島とその海域において、やりたい放題に縦横無尽に突き進み、中国の機器を刻々と作り出している。

これらの言動は、日本がまったくカイロ宣言やポツダム宣言を履行せず、法に沿った道の上を歩まず、自らが敗戦国であることを忘れていていることを示している。
日本に再び軍事大国への道を走る権利はない。

現在日本では、自衛隊はすでに標準の軍事組織の範囲を超えており、世界的にも正常な国家の軍事力に勝っている。
日本は、世界第三の軍事強国である。

日本の軍国主義は復活の勢いで、釣魚島にまた行こうと呼びかけ、与那国島、那覇に派兵増員し、兵力を増強している。

日本はアメリカと韓国、東南アジアの一部の国家、インドを支持し、中国包囲網戦略を実施して、一時の間波風を立て、中国に不動の圧力をかけている。

中国は悪寒と圧迫を感じずにおれようか。

中国はさらに日本外相前原誠司と東海問題回復のための折衝要求にどうして答えられるのか。

形勢は人を圧している。
琉球群島統治権回復を、我らはこれ以上先延ばしにすることは出来ない。


(4)中国は琉球統治権を回復し、時勢に乗って戦術を仕掛ける必要性がある

日本は事の発端となりながら、不法に釣魚台で法を執行し、中国漁船に衝突して、不法に中国公民を拘束し、中国の権利を今に至るまで侵害し賠償と謝罪を拒否している。

中国には何の非もなく、中国の主権と尊厳を損害したことに、中国はこれに耐え忍んでいけるのか。
中国は強力に対応しなければ後顧の憂いが耐えない。

最近中国とロシアは両国における第二次世界大戦の関係声明を発表した。
まさにこの時わが国は時勢に乗って好機を得、主権回復すべきまさにその時なのである。

チャンスを逃してはいけない、失えばもうチャンスはない。
琉球群島を回復するため、我らはもう座して待ってはいられない。


(5)中国は琉球統治権を回復し、国家戦略の主導性を増強することが出来る

中国政府はただ琉球群島統治権回復の宣言と、日本に百万の兵士を送り込むのを待つばかりである。

日本はたくさんの問題に関してすばやく口をつぐみ、あのように猛威を振るうことはないはずだ。 

中国政府はただ日本に対し明確に琉球群島の統治権回復を明確にしさえすれば、日本を主導から動かされる側に移して、中国を動かされる立場から動かす立場に帰ることが出来る。

琉球の主権と統治権はみな中国のものである以上、日本には中国と釣魚島問題について語るどんな資格があるというのか。

中国と東海中間線問題を語る資格があるというのか?
東海共同開発を語る資格があるというのか? 

中国はただ日本に琉球群島の統治権を中国に返還するよう要求すれば、日本は中国と中間線や、釣魚台、春暁油田の問題を語る基礎を失うのだ。

全ての釣魚島東海のいわゆる中間線、東海開発、春暁油田の全てに関して、国家主権の権利協議は自動的に成立しなくなり、自動的に廃止されるのだ。

ましてや、いまだ全国の人々の許可を得ていないものなどできるはずがないではないか。

中国に琉球統治権を回復したそのとき、中国が主導して日本に「日中の琉球群島返還問題に関する協定」の折衝を要求し、これによって、迅速に琉球群島を中国がとりかこんで回復する道をたどるのだ。

琉球群島統治権回復の声を、われわれは叫ばずにはいられない。


(6)中国政府が琉球群島統治権を回復すべき歴史的責任

琉球は中国の領土であり、中国には争うことのない主権がある。

日本は違法に琉球の統治権を振るい、中国は日本が統治権を中国に返還する意思を少しも見ることができない。
どうして我々は日本に無期限にこれを使用させ続けなければいけないことがあろうか。

当初の蒋委員長は十分に琉球統治権に手を付けられなかったことを後悔しているのだ。

彼のことは過去のことであるが、我々はこの後悔をさらに引きずっていけようか。 
中国人民共和国はすでに中国唯一の合法政府であるから、私たちは過去の蒋委員長の後悔を遠くに投げ捨てなければならない。

琉球統治権はすでに日本によって数十年行使されており、わが国は道理に基いて堂々とこれを回復しなければならず、子孫や後の代にこれを引き継いで、歴史を交代し、歴史的責任を果たさなければならない。

琉球統治権回復の責任は、果たさずにはいられないのだ。


(7)中国の千年経済発展と安定安全は、琉球群島の天然の防御性抜きにはありえない

沸き返るような韓国・アメリカの黄海海軍合同演習は、国民の神経を逆なでした。
韓国とアメリカの黄海海軍演習は、中国の国家安全構成に脅威を与え、アメリカの空母をグアム、那覇が航路を黄海に開いたが、これは北京天津地区に迫り、中国の心臓部を脅かし、我が軍の軍事機密を窺った。

もし中国が今後も千年の歴史の長い河の中にあり、東海、黄海に武器を携えたものどもがきて、又は空を飛び回り、波風を立て、砲火が連日聞こえる脅威の状態下にあるなら、中国はどうしてすばらしき国家を建設し、一意専心に発展していけようか。

中国は経済的に十分発展したのか。
経済は経済成果を十分に保ち続けるほど繁栄しているか。
それとも屠殺されるのを待つ超えた羊のようになってはいないだろうか。

もし琉球統治権を回復すれば、中国は琉球を建設し、経営は力を得、日本軍とアメリカ軍を東海から遠ざけ、琉球は中国の安全のための防波堤となるのだ。

もし国家が東海方面で潜在的な脅威に晒されても、中国は短時間で琉球を持って東に敵を葬り、或いは敵を攻撃することが可能である。

中国は決心する時期に来た。
琉球群島は天然の防波堤であり、私たちはこれを無視することは出来ない。

(中略)


台湾は一万年かけても統一せねばならず、琉球は一万年かけても回復しなければならない。

中国統一は大事業であり、台湾はこれを避けることはできない。
国家の安全発展のため、琉球が欠けることがあってはならない。


*******************************************************************************************

だって。この委員会ができたのが、2010年12月。尖閣で中共の工作船が海保の巡視船に突っ込んだ年。
EEZ付近でのガス田開発も堂々とやってる昨今、これはいよいよ民主党では沖縄が守れなくなってきた。
今年あるといわれる衆議院選挙、国防が最重要の争点になるべきだと思う。

ほんとに拡散希望。

開く コメント(3)

今日は、あの阪神淡路大震災から17年目。

当時、1月16日まで、宝塚の友人宅に遊びに行っていて、
16日の夜、当時住んでいた横浜に帰った。
確か、16日は日曜日、17日は月曜日なので、帰らないといけない状況だった。

17日、珍しく、朝6時前に目が覚め、何気なくテレビを付けると、
神戸で地震のニュース。最初のニュースでは、震度4だった。
「へぇ、結構揺れたんだな」程度の思いで、そのまま出勤。

出勤すると、同僚に、「神戸ですごい地震があったみたい、
阪神高速が倒れて、生田神社が屋根だけになってるよ!」と、
とてもあわてた感じで言われたが、「震度4でそこまでなるわけないやろww」
とそこはさらっとかわした。

その後、得意先回りの帰り、ふと、電器屋のテレビを見ると、
何と、同僚が言った通り、横に倒れた阪神高速と、屋根だけになった生田神社の映像が。。。

え?・・・そのまま10秒は固まっていただろうか。

それから関西方面に電話するも、通じず。
これは焦った。

数日後、地震の前日まで泊っていた友人と連絡が取れた。
彼は何と、地震の当日、出張のため、中国に向かっていたとのこと。
交通がマヒしていて、朝自宅を出て、約8時間かけて関空へ。
飛行機が神戸上空に差し掛かった時に、眼下に何か所も火災の煙が見え、
さすがにぐっときたとのことだった。

もう一日帰るのを延ばしていたら、と思うとぞっとした。

約一ヶ月後、再び宝塚の友人宅を訪れ、被災地を回った。
学生時代、関西にいたので、神戸の街はよく歩いたが、
あまりに変わり果てた姿に、愕然とした。

その中で、たまに通っていた焼き鳥屋さんが、倒壊した店の軒先で、
焼き鳥を売っているのを見たが、正直泣きそうになった。

その4年後、被災地の近くに住むことになったが、当時、河原には、
まだ、ブルーシートのテントに住んでいる人が少なからずいた。
国の補償がもうある程度支給された後においてもである。

当時ですらそうなのだ。今回の東日本大震災での国の対応は、
ダメダメと言われた当時阪神淡路大震災とくらべても、まだひどい。
被災地の人の心情を考えると、民主党の無策には怒りしか覚えない。
こんな政党を支持する人間がまだ存在する、ということに対し、
怒りを超えて、悲しさすら覚える。

一日も早く、民主党政権の打倒を願う。

開く コメント(2)

馬英九、勝っちゃったか。
議会も国民党多数だよね。

馬英九はパフォーマンスだけのやつだ、
というイメージが強いけど、結構支持されてんだね。 

ていうか、今回の投票結果は、旧正月の期日とも関係あるかもしれない。

今年の旧正月は1月23日。

で、何の関係があるのかって?

中国には200万人ほど台湾人が住んでるんだけど、
その彼らが、選挙に投票しようと思えば、台湾に帰らないと出来ないんだよね。
日本人だと、在外投票ができるけど、それはほら、大使館とかあるから。
台湾は中国にしてみりゃ外国じゃないから大使館がない。
だから、在外投票というのはないんだよね。

中国に来てる台湾人は、元々大陸にいた、いわゆる「外省人」も多く、
そうでなくても、中国で商売してるわけだから、
どうしても、中国を刺激しない馬英九の支持が多いってことになる。

で、投票日が14日、旧正月が23日から、ってことで、旧正月の帰省がてら、
投票にいったひとも多いみたい。

得票差が80万なので、ある程度の影響はあったと見てもいいかもね。

更に、今年に入ってすぐに、中国の「銀聯カード」という、
中国のビザカードみたいなやつが、台湾でも使えるようになった、
ていうか、中国がこの時期を狙ってそうしたんだろうけど、
これもひょっとして、無視できない効果を生んだのかな。

馬英九、勝ちはしたけど、得票数も議席数も減らしての薄氷の勝利だったので、
台湾国民も、目の前の経済のためには、中国を刺激しない政権を選んだけど、
本音は中国とは距離はおきたいんだよ、というメッセージだったのかもしれない。

開く コメント(4)

クリスマスの約束2011

これ、5〜6年くらい前に番組の存在を知ってから、ずっと見てるけど、
今年は2009年と同じ企画で「大メドレー」合唱会。
正直、メンツとか、企画内容とか、マンネリなんじゃないの?とも思った。
でも、見終わった後、2009年ほどの感動こそなかったけど、
爽快感というか、すっきり感は十分味わえた。本当にすがすがしいライブだった。


「大人の事情」で音声のみね♪

これはこれでよかった。

とにかく、アレンジ、演奏、PAを含めて、クオリティが抜群に高い。
正に、TBSと小田和正の渾身の企画だ、というのが、びしびし伝わってきた。
それに呼応するように、実際に歌っている歌手も、気合いが入っているのが感じられた。

ここ1〜2年だろうか、フジテレビの音楽番組は、この企画をパクッているとしか思えない。
Music Fair、僕たちの音楽、果てはFNS歌謡祭に至るまで、コラボ企画が目白押し。
特に、今年のFNS歌謡祭などは、「大メドレー」までパクッていた。

しかし、そのクオリティは、「クリ約」の足元にも及ばないんじゃないかな。
それどころかむしろ「やっつけ感」満載なんだけど。

ま、「クリ約」は確かに企画・メンツがマンネリ化してる感はあるけど、
圧倒的なクオリティでカバーしきっている感じ。

特に、山本潤子は明らかに去年までよりも、声の張りが復活してグレードアップしていた。
すごいなとおもったよ。還暦過ぎた人の声じゃないよね。

来年も楽しみにしたい。マンネリでもいい、小田和正には寿命をかけて頑張ってほしい。

開く コメント(5)

金正日死亡、キター!

17日に死んでから51時間も経った19日昼の死亡発表。
後継の事、結構焦ったんだろうね。

金王朝はこれでおしまいだね。

だって、金正日が金日成の跡継ぎに十何年かけたのに、
今度の正恩は歳が若すぎる上に、カリスマ性もなく、
経験もなく、これで、誰が心からついてくる?

金正日がまともな政治で国民を立派にリードしたなら、
後継者正恩の言うことも聞こう、というものやろうけど、
誰もが心の中ではむちゃくちゃや、と思ってた、
金正日が死んだんだよ?

そんな国民を苦しめるだけ、金王朝の継続だけが、
唯一の目的だった彼のやり方を、誰が心のそこから支持する?

ないね。

こりゃ一気に金王朝の崩壊、体制変換だ。
しかも数カ月以内に。


中国のテレビでも、後継者については、あまり深く触れられてなかった。

これは、中国がポスト金正日の北朝鮮に傀儡政権を樹立しようとしてる、
てこと?

いずれにせよ、ビンラディン、カダフィときて、2011年のオオトリに金正日の死。

来年、中東、北アフリカ、アジアが火種になることを暗示してるね。

そして世界大戦? →誰が得するんだよ!

開く コメント(4)

全115ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事