上海ネオバンスキング

上海在住の日本人が思いつきで語るブログ。皆様のコメント大歓迎です。宜しくお願いします。

邦楽ネタ(懐古趣味とは限らない)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

perfume - スパイス

この曲、ドラマの主題歌らしいけど、はっきり言ってツボにはまった♪

トリッキーなメロディーラインが続くAメロから、
ある意味「王道進行」のサビへ。
しかも、サビの前にいちいち「だけど」とかの「溜め」があり、
サビのインパクトを倍増している!

この手法は、桑名正博の「セクシャルバイオレットNo.1」
のサビと同じ手法。サビの前にいちいち、
「you make me feel good」と「溜め」が入り、
サビのフレーズが頭の中でリフレインが止まらなくなる症状(笑)を
引き起こす。

どういうわけか、youtubeでfullバージョンのPVがアップされている。
しかも徳間ジャパンのアカウントで。戦略変更なのだろうか、ようわからん。
あ、明日発売だから、明日になったら削除されるってこと?



いやあ、これははまったはまった。もう20回以上聴いた♪

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

キングオブコントで準優勝だった2700。

評価は思いっきり分かれるだろうが、僕は思いっきり笑った。
ネタの展開、オチは普通だが、配置、「間」が絶妙だった。

キングオブコントでは2回ネタ披露があるが、この曲(ネタ)は
1回目。


このネタには何とPVまである。それがこれ↓


…、はっきり言って悪ノリだが(笑)、目をつぶって聞くといいかもしれない。

開く コメント(0)

これは殆ど個人で有料配信されているという、
ニコニコ動画等でのみ発信されている曲。
ニコニコ動画では、去年の夏にアップ後、
45万アクセスという、驚異的な数字を残している。

作曲は「ささくれP」という、これまたわけのわからん業界人(?)。

曲調は、もろプログレ。
これにめぐっぽいどという、VOCALOIDのボーカルを乗せている。
このアンバランス感も含めて、かつてプログレにはまったものなら、
必ずはまるだろうと思われる。

とにかく、楽曲はこれ↓



これをコピーし、バンドアレンジした動画もすごい↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9892553

ニコニコ動画は会員制なので、ブログに張り付けられないんだよねぇ・・・。


思いっきりインディーズでこういうのを聞くと、
メジャーデビューしてるアーティストって何だろうとかって思うよね。

開く コメント(0)

巡音ルカ - just be friends

いわゆるVOCALOIDもの。

KarenTというレーベルから2009年8月リリース。
といっても、どうもCDではなく、iTuneなどへの配信専門のようだ。

最近はこういった形で楽曲がリリースされるケースも増えている、
ということか。

作曲は「dexie flatline」という聞きなれないアーティスト。
まず、ニコニコ動画でオリジナルPVをアップ。
約1ヶ月後に配信開始。

このKarenTというのも、双方向で音楽を中心にユーザーがある時は楽曲を提供するサイト。


作曲を手掛けたdexie flatlineも活動の中心はニコニコ動画。
彼らの詳細はこちら↓


さてこの曲、ベースは80年代のディスコサウンドテイストだと思う。
歌詞が非常に繊細な感じで、漢字の熟語を短く効果的に使っていると思う。
PVも非常におしゃれな感じである。



これが彼らの中で初のミリオンだとのこと。

時2010年に至り、音楽の発信の仕方もずいぶんと代わったものである。

とにかくPVの美しさが印象に残った。

開く コメント(0)

Mr.Children - GIFT

本日発売のミスチルが歌うNHK北京五輪のテーマ。

北京五輪のテーマソングにしてしまうのはもったいないくらいのネ申曲!


歌詞が素晴らしいので、subtitle付きの動画を選んでみた。
このsubtitleは、台湾人と思しきUP主が耳コピで日本語の歌詞をつけている。
ところどころ間違っているが、歌詞の理解には差し障りはない。

→2011年9月1日:リンクが切れていたので、動画はりなおした。
 はりなおした動画には歌詞はないのであしからず。

特に二番の

降り注ぐ日差しがあって…a
だからこそ日陰もあって…b
その全てが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても
光を感じれるよ

という箇所で、高画質の動画が「セルフエコノミーモード」となってしまった。
正に、a+b=cであり、それこそが今人間を導くべき道しるべとなるべきものなんだと思わざるを得ない。

この歌を、オリンピックの開催される中国13億の人民をはじめ、
地球上のすべての人とシェアしたい。

そうすることで、北京五輪のテーマソングとしての役目を果たしてもらいたい。

開く コメント(3)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事