今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

登別温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

施設外観
旅荘 いずみヴィラ 大人390円 無休 11:00〜21:00 
住友3号源泉 無色澄明 無味 無臭 ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
泉温55.7℃ pH6.9 ラドン(Rn)0.051マッヘ単位/kg 湧出量不明(動力揚湯)

あるお湯の確認するため(謎笑)に立ち寄った宿の温泉。

3年ほど前に石狩で「えりの湯」「番屋の宿」を運営する会社に変わった宿らしいのだが
施設はとても綺麗で明るい。
駐車場がかなり広く、登別周辺に宿泊の団体旅行の
大型観光バスのガイドや運転手御用達の宿の模様。

脱衣棚
脱衣所は、広くはないが大変キレイ。脱衣棚にはカゴが15個
画像を撮り忘れたが、鍵付きロッカー(無料)もある。
洗面台
明るい洗面台には、アメニティは無いがドライヤーやコップが備え付けられている。
温泉分析表と、浴槽ごとの泉温を書いた注意書きが壁に掲示されているのだが
浴槽ごとの泉温 ロッカーで隠れた部分
鍵付きロッカーで、加水の旨の表記と保健所確認シールの貼られた部分が隠れているのは・・・意図的?


洗い場 シャワー付きカラン
壁一面が洗い場で、手動混栓だが出の良いカラン付きシャワーが8ヶ所
シャンプー・ボディソープの備え付けアリ。
別ブースのシャワー
腰の悪い方用なのか?立ったままで使用可能なシャワー付きカランが浴槽脇に別ブースでアリ。
ココの温泉は無色澄明無味無臭なので、断定は出来ないのだが
カラン口に白い成分付きが見られるので温泉水使用かと思われる。

タイル張りの内湯浴槽は、2つともザブサブ湯縁から掛け流しで
床へ流れるお湯
内湯大浴槽 内湯小浴槽
大きい方が41〜2℃、小さい方は若干高めの43℃ぐらいに流量で調整されている。

露天は、湯槽上に屋根付きで山側にあるため眺めはあまり良くはないが、山の緑が少し望める。
露天からの眺め
内湯と同じ形の湯口からの掛け流しで同じ風呂の作りだが、湯槽の一部を切って湯を流している。
また、内湯に比べ冷やされるためだろうか、浴槽縁や湯口回りに白い成分付きが見られる。
湯口 露天浴槽
こちらは42℃に調整されている。
歩行湯
その湯流れを利用した玉砂利をひいた2mほどの歩行湯もある。


内湯、露天とも源泉加水により湯温調整されているとのことで、飲泉は不可となっている。
少し堅めの湯触りで、湯上がりに肌がキュキュサッパリする、イイお湯。

登別と言っても硫黄の香りだけじゃないよ!と感じたサッパリする温泉。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事