今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

樹林温泉

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

温泉入り口の看板

開拓 ふくろふ乃湯 大人600円 11:00〜20:00(12〜3月:〜19:00)
館内掲示の分析表の泉源は、内湯にて使用で
内湯泉源
施設脇にあるこの源泉塔からのモノは、黄褐色澄明、無味、無臭
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉 pH8.6 泉温24.6℃、湧出量42L/min(地下1200mより動力揚湯)

さらに館内に分析表の掲示はないのだが(汗)・・・露天風呂に使用で
露天泉源
敷地入り口にある泉源は、『北海道地熱・温泉ボーリング井データ集および索引図』に記載のデータより
ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉 泉温25.6℃、pH8.5 湧出量24L/min(地下828mより動力揚湯)の模様。

オフを数回開いているにもかかわらず・・・ブログUPが一番最後カモσ(^◇^)

なお、ココを知ったのは〜〜〜
毎度おなじみ『+ GREEN WING +』の、のんさんからの一報なのは言うまでもないフフフ

話を施設の話に戻して〜〜〜と

木々に囲まれた施設外観は
施設玄関前
まるで隠れ家や別荘のような、こぢんまりとした感。
2つある日替わりの内湯殿も、日帰り専門の施設としては小さめで
洗い場のカラン
カラン付きシャワーが2つ

4〜5人ほど入れるかと思われる内湯船には
内湯槽 内湯の湯口

湯口では熱々の50℃ほどに加温されて注がれているが
内湯の廃湯口 内湯の色
浴槽内は41〜2℃と適温の褐色で塩気のある湯が、蕩々とかけ流されている。

露天風呂へ出てみると〜〜〜ロケーションが圧巻(!o!)オオ!
露天全景 露天全景その2
10人は入れそうな大きな湯船と、目の前には滝がドバドバ
露天全景その3 露天湯の色
ココは内湯よりも色が薄いが、加水ではなく別源泉のため。
内湯同様湯口では
露天湯口
熱々の50℃ほどに加温されて注がれているが、屋外のため少々ぬるめの38〜40℃前後で長湯向き。

もう一方の露天からでは
池側露天 池側露天からの滝
このような、滝の全景と池のある広々とした景色が望める。

この温泉の経営は札幌市内にある『株式会社 桂造園』と言う会社で
マルセイバターサンドで道内外でも超有名な『六花亭』の、札幌市内の路面店の造園もされているそう。
この造園会社の社長が、このロケーションを数年かけてコツコツ造り上げたそうな。


露天があってロケーションが良くって、お湯も2種類楽しめるのでイイ所だとは良く解るが

政令指定都市から比較的近い日帰り専門の施設として、露天の大きさの割に
内湯殿のキャパがちょっと小さいのが・・・非常に惜しいなぁと思う温泉。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事