今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

※注 まずは、「2011年 冬のお楽しみ その1」をご覧頂けたらとm(__)m

芽登温泉 全景
今回の遠征での宿泊先は、足寄町 芽登温泉ホテル
芽登温泉 宿泊受付
ココに一泊することになったのは
本館 楓の間全景 前回の「源泉マニア座談会」掲載の「HO」
σ(^^)の湯巡りでも参考にしたり、巻末の温泉半額or無料クーポンでお世話になっている
北海道の旬な情報、おすすめスポットなどを独自の視点で紹介している 情報誌『HO(ほ)』
この本を発行する「ぶらんとマガジン社」が企画の「秘湯マニア座談会」のご案内を頂いたため。

この座談会には、「HO」2008年1月号Voi.15に掲載の「源泉マニア座談会」にも出席の


このウチ、秘湯好き好きダベさん以外の3名とは
昨年の【ぬかびら源泉郷】の某湯宿でのアヤシイ宴席(謎笑)にて深夜まで温泉話に花を咲かせたり
プチオフ等で会ったり、直電を知っていたりする仲なのだが
残念ながら、ダベさんとは毎回タイミングが合わず、σ(^^)はこの座談会でが初対面期待o(^-^)o ワクワク
だが雑誌の取材だという事もあり、今更ここに来て翌日の座談会の事考えて緊張ドキドキ(O_O)

宿のもりだくさんで美味しい夕食ガッツリ食べて
夕食のお膳
長距離運転の疲れが出てウトウトしたモノの、深夜再びパッチリ目が覚める。
コレじゃダメダメと、ひとけの無い湯殿に抜き足差し足忍び足(ココは深夜でも入湯OKですが)
夜の浴室入口 夜の混浴露天風呂
星が降ってきそうな夜空眺めて、アツアツ単純硫黄泉(弱アルカリ性低張性高温泉)の湯に浸かっても
なんだか眠気がちっともおりてこない小心者なσ(^◇^)
携帯電話は、圏外のこの宿だが
レンタルのPLCアダプターBL-PA310
本館のみで利用可能なモデムをレンタルしていたので、MyノートPC立ち上げ明日のためのおさらいする。

翌朝、何となく寝不足状態なまま
女性用内湯殿 湯女露天
露天風呂でアレコレ考えてるうちボーっとなり、半目開きで湯槽に仰向けにぷかっと浮いてしまい
後から入ってきた方に、お湯で人が倒れてる!.。ooO(゜ペ/)/ビックリされる始末f(^ー^
その方には、考え事してて〜とちゃんと正直に話して、あるあるな笑い話になったけど
・・・自分がその姿見た立場なら、確かにビックリする(苦笑)

そんなドキドキで迎えた座談会では、皆で浸った混浴の大露天風呂で緊張がほろりと解け
座談会の料理全景 芽登温泉名物 ヘルシーな鹿ステーキ
五目釜飯 海鮮鍋
美味しい料理頂きながらの温泉話は、あっという間に時間が経つモノで
道道88号の案内看板
気が付けば、もうお開きの時間となり各々帰路につく。
・・・何処かで、この画像にある『電飾看板は秘湯感損なう』と叫んでいる方をチラホラ見るが
確かに派手だけど、σ(^^)はお客さんが道に迷わず来られるようにしている営業努力と見るけど・・・
ま、人の好みはそれぞれ、σ(^^)はココの湯は好きだし長く続けて貰えたら良いなぁと思うだけ。

面白いお話しで緊張を和ませて頂いた、芽登温泉ホテルの伊東社長
珍しい食材や飲み物を差し入れして頂いた、社長のご長男で設備担当の司さん
ぶらんとマガジン社 イケメンカメラマンY氏、美人ライターHさん、本当に色々とありがとうございました。

なお、この座談会の内容や、σ(^^)を初めとする5人の温泉好きが各々オススメするお湯処は
3月25日(金)発売「HO」5月号 Vol.42
こちらにてお楽しみくださいませませ。


帰路、愛車フフフ号の給油のため帯広市内へ向かう途中の音更町にて
丸美ヶ丘温泉ホテル看板
ついフラフラと(笑)5年ぶりに丸美ヶ丘温泉ホテルへ立ち寄る。
日帰り湯玄関 大きい湯船
この湯にノビノビ浸かりながら、もう一度道東に住みたいなぁ〜〜〜とシミジミ思いを馳せる。

この日もイイお湯でした(^。^)フゥ

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事