今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

遠幌加別川支沢ボーリング坑 泉温10℃ 湧出量50L/min(目視) 

北海道立地質研究所の地下資源調査所報告 No.66(1994)
『石狩炭田地域の湧水および旧坑水について』(PDFファイル)
コレによると、ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉 泉温13.3℃ pH8.2 湧出量150L/min(自噴)だが
現状の泉温、湧出量等は多少違う模様。

ココのデータを知ってから3年
遠幌林道ゲート
実際に現場へ至る、この林道ゲート前に立つ事2回。
(初回は狩猟期間でハンターが居る中行く林道をトコトコ歩く勇気が無く、2回目は積雪でゲート前までも行けず)
3回目にして、やっと湧出部を見る事が出来た。

ゲートを越えトコトコと林道を歩くと
苔生したコンクリ橋 苔に被われつつある縁石
北炭清水沢浄水場の取水施設か?
ココの奥には、北炭夕張炭鉱夕張鉱業所第二鉱の鉱区があり
産出した石炭等を運ぶ森林鉄道がこの林道上を走っていたのではないか?話も耳にするので
ただの林道より、なんだかそのような痕跡が多い気がする。

数キロ歩いて行くと、木々の間からなんだか白いモノが見えてきた。
木々の隙間から見える白いモノ 湧泉橋

コレが目的地である『湧泉橋(ゆうせんばし)』で昨年新しく掛け直されたモノだが
湧泉橋
もうココで硫黄臭がプンプン状態なのだが、源泉は・・・
通路にされた湧出部
なんと!湧出部の上に工事の為の通路が造られてしまっている(゜◇゜)ガーン

ココの橋に『湧泉橋』と名を付けておきながら
土が盛られた湧出部
肝心の湧泉に土盛って潰して通路にするなんて・・・なんと言う事をしているのだろうか。
そんなバカみたいな工事をされても・・・
湧出部
土を割りコンコンと湧く、源泉。

泉温が低いので、手湯と汗をかいた顔を洗う程度しかしなかったが
とても良い硫黄臭がして、顔がツルツルになった。

負けてたまるか、ど根性〜という声が聞こえてきそうな温泉。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事