今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

登別温泉街

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

名湯の宿 パークホテル雅亭 日帰り入浴不可 泉質等は後ほど

登別温泉街にて、独自源泉を2つ(1つは3本の源泉混合泉)を使用する湯宿。
通常では、日帰り入浴は受け付けていないのだが
建設中の新湯殿
現在、のぼりべつインフォメーションプラザ等で好評販売中な、この「湯のくに手形」のクーポン利用でなら
この湯宿で日帰り入浴できると知り、早速、冊子状の湯めぐり手形を購入し訪問してみた。
なお、この「湯のくに手形」は登別温泉街だけでなく、カルルス温泉、新登別温泉でも対象になる施設があるが
実は・・・通常料金で入湯の方が、お安いトコロがあったりするので、ご注意を(笑)
さらに、一冊で複数人数の利用は不可で、子供料金の設定は無いのなどの規定があるので
この「湯のくに手形」の詳しい内容については、上記インフォメーションプラザのリンクか
登別温泉 湯のくに手形 2011 公式HP→ http://www.noboribetsu-spa.jp/yumeguri/
こちらをお読み頂きますよう よろしくどうぞ。

さて肝心の名湯の宿 パークホテル雅亭の浴室についてだが〜
脱衣所は広く窓が大きくとても明るい。
脱衣所全景
洗面台のアメニティも充実しており、鍵付きロッカーもある。
洗面台 鍵付きロッカー

だが浴室はワンフロア下で
湯殿へ向かう階段
この階段を降りるのだが、補助エスカレーターは無いので足の悪い方にはちょっと辛いかもしれない。

洗い場は、シャワー付きカランが16ヶ所ほどあり、ボティソープやシャンプーの備え付けがある。
洗い場 洗い場その2

露天含めた6つの浴槽には、下記5種類の湯が張られている。

●1号乙泉 泉温58.8℃ pH2.3 酸性−含硫黄−アルミニウム−硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
●奥の湯 泉温68.8℃ pH3.5 単純硫黄泉
●12号線 泉温57.2℃ pH6.0 含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫化塩泉(硫化水素型)
☆パーク泉 泉温58.4℃ pH6.1 含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫化塩泉(硫化水素型)
☆子宝泉(子宝湯1号・2号・3号の混合泉) 泉温55.2℃ pH5.9 単純硫黄泉(硫化水素型) 
☆印2つが、ココ独自の源泉になる。


内湯殿で一番大きい石造り風の湯槽な灰色がかった湯の単純硫黄泉は
山向こうの新登別温泉でも多く利用されている、奥の湯を利用かと。
単純硫黄泉の湯槽
湯口 湯縁からの掛け流し
なお全ての湯槽は湯温調整の加水こそ有れ、このように全て掛け流し状態にされている。

この湯宿と隣接する姉妹館 旅亭 花ゆら(日帰り不可)でも使用されている子宝泉。
子宝泉

洗い場前には、ぬるめに設定されたココ独自の源泉のパーク泉。
ぬるめのパーク泉
なおこちらの湯槽は湯口が浴槽内にある。

窓際の浴槽には熱めのパーク泉と12号泉が並ぶ。
パーク泉と12号泉

露天の湯は「硫黄泉」と単純に記載されているが、湯口にクリームがかった成分付きがある事から
登別で非常にポピュラーな、1号乙泉かと。
露天風呂屋根下 奥行きがある
露天湯口 掛け流れていく湯
女性用はぐるりと塀に囲まれているが、意外と閉塞感はあまり無く思った。

階段の件は仕方ないとしても、独自源泉もある事だし
できれば日帰りもやって頂きたいなぁ〜と思う湯宿の温泉。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事