今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

全体表示

[ リスト ]

天狗の湯

イメージ 1

天狗の湯 単純泉かと思われるが未調査かと 泉温37℃ほど アルカリ寄りかと思われる 湧出量不明 

昨年(2011年)明けてまもなくのこと・・・全国放送のTV情報番組でも紹介された野湯だが
温泉部(笑)の仲間より、この湯へ行くスノーシュートレッキングツアーがありますよとの報告を頂いた。
しかしσ(^^)は日程の都合が付かず、同じ仲間のぴかリン姉さんがそれに参加し、レポをUPしていた
・・・非常に羨ましかった。

今回、温泉部活動の一環として(笑)ココへ行くスノーシュートレッキングを立案。

なお、ココへ行くに当たって計画の段階から実行まで
NPO ひがし大雪自然ガイドセンター様より、多大なるご協力を頂きましたことを
この場に記しておきます。
センターの皆様、今回は本当にありがとうございましたm(__)m。
また、3月下旬頃より「伝説の秘湯・・スノーシューで行く足湯ツアー」が開催予定されているとか。
迷いそうな道、道具なしでは腰まで埋まる深い雪、倒木越えあり、渡河あり、入渓しての川の中歩きありだが
それすら楽しめる道行きとロケーション、そしてイイお湯である事は間違いない。
スノーシュー初心者や道具のない方でも、ガイドが同行で用品レンタルもありのツアーであれば安心。
まずは上記ツアーへ参加し、この湯へ訪問される事をオススメします。


今回6名での合同探索、この湯への道行きの経験者はぴかリン姉さんだけだが
そこはそれ、その道のなんとやらな方ばかり(笑)
出発時はチラチラ雪が舞う状況だったが、青空も見えだした。
イメージ 3
忙しさにかまけて今期のスノーシュー鍛錬怠ってたσ(^^)
イメージ 5
皆が道を付けてくれたこんなゆるい登りなのに、汗ダクダク息ゼイゼイ状態σ(^◇^;)

イメージ 2
だが、沢を被う苔と
イメージ 4
ユラユラ上がる湯煙見て、急遽馬力がアップする。

いくつかの小沢を超え、川の中を歩き、出発から1時間程で天狗の湯に無事到着\(^O^)/
イメージ 6
湧出の殆どは湯槽の中よりプクプクしているのだが、湯槽脇の大岩からもジワジワ湧き出していてオモシロイ。
各自、泉温測ったり、写真撮ったり、手湯したり
イメージ 7
足湯したり全身浴したり(笑) おもいおもいにこの湯を楽しむ。

しばらく野湯から遠ざかってたσ(^^) 久々に野湯らしいこの湯を見てフツフツと探索心がまた湧く。
次はドコへ行こうか、アノ湯はどうなんだろう、もう帰路にアレコレ考えるフフフ♪

まだまだいろんなお湯があるんだと、気持ち新たになった温泉。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事