今日もイイお湯でした(^。^)フゥ

TwitterやFacebookでは湯巡り適時更新チゥ。でも・・・再開したほうがいいかしら(^m^;)

共同浴場・地元湯

[ リスト | 詳細 ]

地元の方(主に周辺居住者)が管理運営による地元の方専用の温泉。
一部の温泉は外部者でも有料(寄付あるいは寸志)で入湯可能な所もアリ。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

万字ポンネ湯

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

湯船になみなみと張られた含食塩硫黄泉
万字ポンネ湯 無色澄明 ほとんど無味 硫化水素臭 泉温9.8℃ pH7.7 湧出量83L/min
ナトリウム・カルシウム−塩化物泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)

夕張と岩見沢(旧 栗沢町)の境にある、炭坑で栄えた万字地区には

炭坑の従業員寮跡の施設を利用した、温泉宿の【万字温泉】
万字駅のあった付近に、10名以上利用で開館の日帰り温泉【愛泉桂の湯】
愛泉桂の湯と同じ源泉使用で、一般の人も寄進で受入のジモ湯(共同浴場)の【ポンネ湯】
この3ヵ所の温泉施設があった。

この記述が『あった』という過去形なのは・・・すべて廃業、もしくは無期限の休館だからである。

ココへ至る一本道の道道38号は、大都市や空港に近い夕張側からのアクセスが
岩見沢万字二見ゲート前
積雪や災害により通行止めが多い、山間僻地が故に多くの集客を望むのは難しい。

さらに、この3ヵ所すべて山間や坑口跡にて自然湧出する冷鉱泉をパイプラインで引いているモノで
浴用利用には、燃料等の費用とボイラーや源泉パイプライン等の管理の手間が掛かるのだが
原油価格の高騰や、この集落の過疎化・高齢化による管理・後継者不在がそれに追い打ちをかける。

【愛泉桂の湯】は、2003年頃、廃業。理由は定かではないが管理人死去によるものとのウワサ。

【万字温泉】は、岩見沢市民のための生活・観光ウェブマガジン 『いわみざわマガジン』内の
コラム > 歴史 > リンゴ風呂で有名だった万字温泉にて
開業の経緯や営業時の様子、廃業までのコトがざっと語られている。
その後・・・閉館1〜2年ほどで、施設は荒れて
たぶん2008年頃の撮影の万字温泉
再開困難な廃墟状態(積雪等で屋根が潰れたのもあるが、不心得者が入り込んで荒らされていた模様)
「2009年9月には、廃墟と化していた家屋が完全に取り壊され、跡形もなくなりました。」
このことは札幌の西岡総業株式会社 工事履歴にも、平成21年9月に解体したと記述アリ。
たまたま、この最中に訪問した温泉仲間が居て、状況を撮影。
2009年9月20日頃の万字温泉
重機のバケットで解体している様子が、はっきりと写っている。
2010年4月中旬頃の万字温泉跡地
今は、上記のように建物があった事も解らないような更地になり、完全に廃業。

ジモ湯の【ポンネ湯】は
道路側から見える源泉スタンド 源泉ホースは排水溝へ
源泉スタンドは使用可能で
ポンネ湯入り口
湯殿の建物もあるのだが・・・
2007年頃から、燃料費の捻出が困難なのと湧かす人(管理人)が死去との理由で休館状態。

道央の湯巡り歴の浅いσ(^^)、この万字地区に足を運べるようになった頃にはこのような状況で
源泉スタンドで手湯で触れてはいたのだが、入湯経験が無いコトを悔やんでいた。

だが、2009年も押し迫った年末のこと〜〜〜
σ(^^)のこのMyブログに付いた訪問者履歴から
『万字ポンネ湯復活計画始動!』
この湯を復活させようとして、新管理人に名乗りを上げている方のブログを発見(!o!)オオ!

σ(^^)と縁のある温泉好きな方々には、ソッとと耳打ちして(爆)このブログの情報提供していたが・・・

やはり、『復活する姿を自分の目で見たい!』という気持ちを強く感じ
その後、正式にポンネ湯の管理人になったelsero氏にコンタクトを取る。

なお、この記事を書くのにあたり
イロイロ忙しい中にもかかわらず、elsero氏はじめ、ポンネベツ冷泉管理組合の方々のご厚意で
体験入湯までさせて頂けたコトに感謝し、その旨をココに記します。


さてさて、その肝心なお湯の入湯レポだが〜〜〜

今回、σ(^^)を含めた数人の入湯体験のために準備していてくれたelsero氏と
現在の進行状況等、イロイロアレコレお話しした後
いよいよだぁ〜とドキドキo(^-^)o ワクワクしながら、ポンネ湯看板下のドアを開ける。
玄関にある寄進箱とお願いの書かれた看板 脱衣所の棚とソファ
さらに湯殿のドアを開くと〜〜〜湯気とともに香しいとも言える硫黄臭にふわっと身体が包まれる。
湯船のみのシンプルな湯殿
湯船も、脱衣所も1つしかないので、混浴?と勘違いされそうなのだが
ここは混浴ではなく、時間帯で男女別(12〜15時女性専用、15〜18時男性専用)に分けている。

お湯は、ボイラーで加熱しただけの源泉を
湯口のホース
ホースで湯船に注ぎ、かけ流し状態にて使用。
せっかく暖めた源泉が冷めないようになのか、ホースは湯船の中に入っている。

シャワーカランなどは一切無いので、髪や身体を洗うとすれば湯船の湯を汲んで使う。

湯船は内側が緑色の塗装でコーティングされているので
緑色コーティングの湯船
緑色の湯のようだが、無色澄明。
ほとんど無味との知覚データがあるが、良い塩梅の塩味でなかなか美味い。

コレで温泉タマゴ作ったら旨いのでは?『ポンネ温玉』と言って売るのは?などと
浴後にelsero氏を交えた入湯体験者で、話が盛り上がったのは言うまでもない。

硫黄で角質が取れた肌は、石けんを使ってゴシゴシ洗わなくともツルツル〜♪
食塩泉の効果で、ポカポカ良く暖まるとてもイイお湯。

GW明け頃より11月頃まで以前同様、日曜のみの開館。
以前よりたくさんの人に、このイイお湯を味わって欲しいと思うが・・・


ココは地元の方が大切に守っている、ジモ湯(共同浴場)。

今年(2010年)に新管理人が就任し、浴場での入浴が再度出来るようにはなったものの
ココは会員(主に地元の方だが)が利用・管理の共同浴場公衆浴場営業許可が無い温泉。
料金徴収し入浴者を受け入れする、シャワーもカランもあるような一般的な温泉施設ではない。

また一時閉鎖に伴い、源泉パイプと浴室以外の施設が撤去、老朽化、故障等で使用不可となり
2010年9月初旬現在、やっとトイレ、仮設プレハブのお休み処、水道は完備されたが施設の充実はこれから。

さらに、以前のような一般入浴の受入は、保健所の指導により現在不可となっており
何度も言うようだが、会員のみが利用出来る施設となっている。

よって【ポンネ湯が再開したか!】と訪問しても、残念ながら現段階では入湯は難しい。
だが、浴室見学でも良いので、訪問したいとお考えの方は
『万字ポンネ湯復活計画始動!』管理人elsero氏とコンタクトを取り、相談されるコトをオススメする。

しかしながら、
一般入浴受入への道も、関係各位のご尽力で徐々にではあるが進行中
σ(^^)が絶対だとは言えないが・・・誰でも、このイイお湯に浸かれる日が来る可能性がある。

過去、通っていたジモ湯が、打つ手もなく目の前で閉鎖になった経験があるσ(^^)は、切に願う。

今はゆっくり見守っていきたい、静かな炭坑跡の湯。

弁景温泉

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

弁景温泉共同浴場 
この浴場に至る歩道前に、弁景温泉の由来等について書かれた看板がある
それによると
五三度及至六八度、良質無色透明、無臭の単純泉 湧出している千二百リットル余りの湯とのこと


壮瞥町弁景地区には、複数の温泉湧出があるのだが
地区内にあるのは、すべてこのような会員制の入浴施設のみ。

なおココの混合泉は5kmほど離れた「久保内ふれあいセンター」へも
引湯利用されているので、お湯自体は全身で味わうことが可能。


・・・出来れば源泉近くのお湯に入りたいなぁ〜〜と、思うのはσ(^◇^;)


外観から見ても大事に守られている感のある、共同浴場。

留真温泉

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

留真温泉 五右衛門風呂 無料 照明がないので日没後は不可かと
無色透明 無味 無臭 単純硫黄泉 泉温29.5℃ pH9.8 湧出量314L/min(自噴)

廃業・休業湯「留真温泉」: http://blogs.yahoo.co.jp/koban2_2002/14920310.html
泉温が低い源泉のため、ボイラー燃料の高騰により冬期休業→無期限の休業。
施設の老朽化もあって、3セクの力ではどうにもならないため
地元の浦幌町が新築等を視野に入れた計画をしているが
なかなか、難しい問題があるため・・・温泉再開への道程は遠い(T.T)

泉質的に色々素晴らしい効果があるようなのだが・・・

現在、旧露天風呂に設置の源泉蛇口から無料で1日80Lまで汲み出しは出来るのだが
出来れば、源泉すぐに浸かりたいと思うのは・・・σ(^^)だけではないかと。


実は・・・ココの建物の裏手に、ログハウス風の東屋のような建物が3つあり
この中の1つに、留真温泉の源泉を引いた五右衛門風呂がある事はあまり知られていない。

北海道開発局 都市・住宅・公園>まちづくりメールニュース>18.4.28(109号)
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_jigyou/sinko/mn109.pdf (PDFファイル)

ココの記載によると、この建物は町民有志で結成された「留真温泉ボランティア」が運営するもので
五右衛門風呂が3つ設置された東屋にて(浴槽個々は個室で脱衣室とすのこ状の洗い場がある)
湯船に設置された蛇口から留真温泉の源泉を注ぎ、薪で湧かして入湯出来るo(@O@;)o おぉ!すごい・・・

ココに最近入湯した温泉仲間の☆さんから情報を頂き、早速行ってみたのだが・・・

σ(^^)が来た時間が悪かったのか、管理人の方はおらず(T.T)
無料とはいえ、火を焚く関係から無断使用も憚られたので
見学と源泉を手湯にて確認だけで・・・全身では未入湯( ・_;)( ;_;)( ;_;)(>0<)ワーン

このまま帰宅では・・・ちょっと悔しいので(爆)
旧露天から、ポリタン3つで源泉を頂戴し自宅浴槽にて沸かし
現場で入湯したときよりかなり落ちるが・・・硫黄のプンと香るつるスベ感を久しぶりに味わう。

帰宅後、☆さんに再度確認を取ったところ、常時管理の方が居るワケではないとのコト。
入湯するなら、居そうな時を狙う【運】任せか(爆)
十勝メールドットコム [ 浦幌町めーる ]内
留真温泉ボランティア発足 「やれることから少しずつ」:http://www.tokachimail.com/urahoro/040826index.html
情報が閉館前で且つちょっと古いので、現在代替わりしている可能性もあるのだが
こちらの記事にある「留真温泉ボランティア」の代表の方に連絡か
浦幌町役場公式HP:http://www.urahoro.jp/index.html
この中の【浦幌町の組織とその仕事】に記載のある
「産業課 商工労働観光係」にメールあるいは電話で連絡・確認を取った方がイイかと。

薪のはぜる音を聞きながら五右衛門風呂に浸かって、つるつるスベスベなりたかった温泉。

摩周温泉

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

イメージ 9

摩周温泉共同浴場 泉の湯 9:00〜21:30(火曜休) 大人200円 男女別内湯1 シャワー付きカランあり
2号・6号源泉混合 無色透明 無味 無臭 ナトリウム-塩化物泉
泉温77.6℃ pH8.2 湧出量不明(動力揚湯)

JR摩周駅付近には、公衆浴場的な温泉が2ヶ所ある。しかも200円で利用が出来る。
500円で湯上がりに500mlペットのジュース2本飲める(^▽^ケケケ
ここは、正面が何となくガソリンスタンドのような造りの建物の温泉施設。

番台式の受付で湯銭を支払い、脱衣後ガラス戸を開け浴室内へ。

温泉銭湯なのでシャンプーや石けん類等の余計なモノのないシンプルな洗い場には
20ヶ所以上のカランが並ぶが、シャワーが付いているのは壁ぎわに並ぶ6ヶ所のみ。

L字になっている浴槽には、透明で熱いお湯がトウトウと掛け流されている。
塩素臭がするとのレポを見たことがあるが、σ(^^)の来訪時には感じず、循環等のアヤシイ孔はない。
なお浴槽脇に水道水らしい蛇口も付いているので、自分好みに加水することも可能。
(塩素臭の原因はこの加水の水のせい?!)
食塩泉で湯温が高いのですぐに体が温まり、σ(^^)は長湯出来そうにない(;^_^A アセアセ…

キリッと熱いお湯で、サッパリ汗を流すのに向く温泉。

和琴温泉群

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10

イメージ 10

和琴共同浴場 24h 無料 混浴内湯1 無色透明・無味・無臭 単純泉かと pH6

弟子屈の和琴半島はいたるところに温泉が湧いており、その半島東側に共同浴場の小屋がある。

湖岸ぎりぎりに立つ小屋の中には、コンクリ床の脱衣所と浴槽が1つ、
底にはすのこが敷かれた浴槽の中は、直接湖底になっており
ここよりコンコンと透明なお湯が沸きあがっている。

このお湯が・・・とても熱い!......\( ><)シぎょぇぇぇ
湖水の温度や水面高さで日によってかなり変動があるらしいが、この時は50℃近いお湯。
浴槽横に排水口がありここから湖へ湯を流すのだが、これを開けてしまうと
新しいお湯が浴槽下から沸き、さらに熱くなる。

自然冷却か、湯もみしか冷ます方法が無い(´ヘ`;)ハァ
壁に立てかけてある草津の湯もみ板のような板で湯もみ、20分ほど格闘したが大して変わらず。
覚悟を決めて、大量かけ湯の瞬間入湯で肩まで浸かる。

地熱の熱さを体感できるお湯

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事