コバやんの祇園祭レポート&雑記帳

山町で生まれ育ち、鉾の囃子方のオヤジの祇園祭よもやま話。各書庫で祇園祭についての事柄をご紹介します。

全体表示

[ リスト ]

7月。とくに10日からの1週間は、アッという間に過ぎてしまいます。
11日の函谷鉾、真木立て、屋根飾り。
12日の車掛け、曳き初め、鉾囃子。
13日の郭巨山、山建て。鉾囃子。
14日は郭巨山の特設テントの設営。鉾囃子。
15日は郭巨山の清祓い。ホコ天に備えた設営。鉾囃子。
16日は宵山。郭巨山の管理と函谷鉾囃子に行ったり来たりして日和神楽。
 
そして今日、17日は前祭巡行。
例年なら囃子方の後輩たちが直来を終え、我が家に集まるのですが、
今年は早めに解散。ポッカリ空いた時間にパソコンに向かっています。
 
今年はまず新聞が「チマキの不足(減数)」を人手不足と材料のチマキ笹、イグサ、藁の減少との記事で取り上げ、値上げと「早めのお求めを」と伝えました。
郭巨山は連合会を通じてチマキの納入をお願いしていますが、2割減少を余儀なくしています。
テレビでも取り上げられました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
チマキがネットオークションに上がっているそうです。5割から3倍増しで。
いろいろなご意見があるようですが、
チマキは寄進に対する返礼が始まり、と聞いています。
2〜3倍で“購入”されても祇園祭には反映されません。
「実際に参ったほうがご利益・・・」当たり前のお話です。
また「もらったほうがご利益が・・・」というお話も取り上げられていましたが、以前、鉾から囃子方が投げたチマキは「鉾から投げることで穢れや災いを福に転化する」と言われ、入手方法の困難さから有難がれたことが「もらったほうが・・・」と変化したのだと思います。
社寺のご朱印もネット販売されているそうですが、“購入”は、よく考えての行動をお願いしたいものです。
 
15日には函谷鉾稚児人形嘉多丸君のモデルとなられた一條実良卿の子孫に当たる方が函谷鉾を訪れてくださりました。(詳しくは新聞記事=京都新聞7月16日付け)をご参照ください。
イメージ 5

さて、そんな寸秒も惜しむ時期にやっかいな事が起こりました。
15日の歩行者天国が終わる前の10時を回ったころ。
郭巨山の町会所の東側の細い通路(路地)の会所壁際に外国人(欧米系)が2〜3人座り込んでいたのは丁度神前当番の時間だったコバやんも見かけました。
急に少し騒がしくなったので見に行くと、「外国人が会所の屋根を壊した!」「その外国人は逃げた!」と。よく見ると、会所奥の蔵の前の壁の屋根の軒丸瓦が4枚ほど剥がされて落下しています。目撃者の話では、酔った外国人が仲間の財布を屋根に放り投げたのを取ろうとしてジャンプ、手に掛けた瓦が剥がれ落ちた、とのこと。逃げ去った後なので、警察に連絡しましたが、警察もこの時期忙しい。なかなか来てくれません。宵山、巡行を間近に控え、少しでも休んでおきたいのに・・・。
やっと来てくれた警察に目撃された方が説明、実地検分の間、帰ることもできず・・・。
イメージ 6

イメージ 7
しばらくして「財布がまだ残っているのでは」と、暗がりに明かりを向けると・・・。
財布が残っていました!
刑法の器物損壊は「壊そうとして壊したとき」だそうで、「行為の結果、壊れた」のは器物損壊に当たらない、だそうです。
とにかく、財布を取りに戻るかもしれない、とガードマン(本来、山の警備ですが)に不審者を見かけたら110番。と伝え、やっと家に帰れました。
結果、翌日に警察に出頭があり、当保存会理事長にも謝罪に訪れた、とのことで一件半分落着(補償問題が残ります)。
 
さて、少し眠くなってきましたので、今日の巡行は写真で勘弁してください。
イメージ 8
出発前。上(お稚児さんの横)と下での家族ショット
イメージ 9
御池通で長男、次男と。
イメージ 10
四条新町。コバやんは新町六角から鉾宿帰町までが出番でした。

イメージ 11
函谷鉾が無事帰町。すぐさま郭巨山へ。納庫準備。

イメージ 12
円山収蔵庫から帰って直来を受けます。

イメージ 13
郭巨山が受けた昨年のチマキ。
他町のもあり、チマキだけの姿(分別)にして八坂神社へ納めます。
郭巨山では社務所に志納金を納め、置き場所を伺って納めるのですが
納札所に無造作に置かれる町内があるらしく
今年から17日には全町内、納めないで、とのことで、
別の日に納めることになりました。

昨日まであった郭巨山が今はもうありません。
イメージ 14

イメージ 15
この儚さも魅力の一つですが、楽しいことはほんのひととき。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

イガやんです。17日の天気の良さが際立つ今日この頃です。合羽を被らない美しい山鉾の姿。お日様の光でさらに輝いています。さて、瓦の件、大変でした。予期せぬことが起こるものですね。出頭されて何よりです。

2019/7/19(金) 午後 10:02 [ dld***** ] 返信する

イガやんさん、17日の朝、天気が少し危ぶまれ、四条烏丸に集合してきた山の中にはビニールをかけていた山もありました。回りの山鉾がビニールをかけていないので、すぐに外されましたが。とにかく、降らずに済みましたが、18日朝に少し降り、函谷鉾の鉾仕舞では少し作業が増えました。
何があるかわかりません。今後の賠償問題がどのように決着するか・・・。

2019/7/20(土) 午前 0:59 [ コバやん ] 返信する

顔アイコン

粽の問題10年程前まで想像もつかない状態ですね。子供たちが売り声張り上げて売っていたのに、今は行列です。
『チマキは寄進に対する返礼が始まり』『囃子方が投げたチマキ』
拾った人は、拾った粽とご利益の有る粽と交換してもらう。そうすればネットに掛ける何て無いと思います。

2019/7/20(土) 午後 6:59 webget1945 返信する

TYUSONMOYUさん、チマキは昭和55年ごろまでは普通に鉾から囃子方が投げていましたが、新町通で二階席の女性の目に当たる事故があり、翌年から総量規制(ビニール袋に入れ、名札を入れる)から余計に希少価値が上がり、同57年に群衆に押されて転倒されたご婦人が骨折、訴えられたことから全面禁止となりました。
函谷鉾は特に明治初期にチマキを取ろうとした少年が鉾に轢かれて亡くなる事故があり、「チマキ投げ」はナーバスな問題です。
チマキ投げ、は囃子方と観衆を繋ぐ良きパフォーマンスですが、傷害保険、エリアの特定、注意喚起など復活できないかと検討しましたが、事故が起こった場合、補償はともかく、重過失傷害などの刑事処罰の対象となりかねず、全面禁止で現在に至っています。
ちなみに函谷鉾ではチマキもアルコール類も鉾への持ち込みは全面禁止です。

2019/7/23(火) 午後 11:49 [ コバやん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事