ここから本文です

書庫霧島中央新聞

 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2c/cd/kobayashi_27_28/folder/911405/img_911405_31374670_0?1205877576
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/2c/cd/kobayashi_27_28/folder/911405/img_911405_27587313_1?1195429346

==小林、西諸と出身者をつなぐ月刊・霧島中央新聞==
  我らの大薗良一君が社主の新聞 平成11年6月発刊  
9年目に突入しました
  良ちゃんは、「こばやし おもしろ発見塾」の塾長に就任
  記事の内容は、自分の足で取材した物ばかり。
  宮日「きりしま版」には無い本当の地の新聞。

==是非とも購読に付き合って!!===
  半年¥2280  年間¥4560(しごろ 親の総取り)
  申し込み: 
   郵便振替口座 01750−3−78313 霧島中央新聞
        TEL FAX 0984−23−9960
  お便りは 886−0008
       小林市本町40番地 小林郵便局私書箱26号
       霧島中央新聞社  まで
記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

このページへのコメントは、↑の文字をクリックください


第1回霧島中央新聞読者の会は約35名の参加でした

焼肉、焼きそばを中心にビール、焼酎、ワインなどで読者交流会は、盛り上がりました

5時過ぎから同級生が集まり、設営や火起こし

生ビールを窪薗さんから差し入れがあり サーバーのセットと注ぎ方の講習会(?)

開会が待てません・・・・あちこちで 味見が始まりました・・・・



6時に、世話人代表の森山貴弘君の開会挨拶

社主大薗良一君の挨拶(詳しい資料は、後日掲載)

乾杯は川野八郎先輩

こんな感じでした
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

なかなか いい感じでしょう??

途中、読者の皆さんの紹介とコメントを頂きました
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


こんな いい肉は 最後の方にちょっとだけ・・・・
イメージ 9

焼おにぎりも好評でした、野菜やおにぎりは同級生女性陣が準備してくれました 感謝

イメージ 10

梨の差し入れは富満君 飲み物の差し入れは多くの方からでした 感謝

又、欠席の方からも多くの差し入れがありました 感謝です

今回都合の悪く欠席された皆さん次回は是非ご参加くださいね




たぶん(?)9時過ぎに、富満君が締めの挨拶 さきちゃんの「がんばろう!!」三唱で閉会でした

  片付けもみんなで協力。 お疲れさんでした

初めての方も多く、新しい出会いがあったり、普段御無沙汰の方々と話も弾み

「第1回霧島中央新聞読者の会」は、

  地域おこしなどをテーマに各界各層の人達が繋がる場を提供出来たのではないかなぁと思います


タクシーが待てずに6人で仲町まで歩くこと約30分

スナック(霧新読者)で、反省会 だいぶん飲みました・・・ ホントにお疲れさんでした

イメージ 11




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/08/3f/tacky777tacky/folder/892891/img_892891_16759445_36?1204389808.gif
今日のブログいかがでしたか?
https://local.blogmura.com/img/local88_31_lightred_2.gif
にほんブログ村 地域生活(宮崎県)ブログへ(文字をクリック)
↑↑☆★☆↑応援をお願いします↑↑↑

ここから訪問された方は是非♥♥♥表玄関♥♥♥もご覧ください
http://blogs.yahoo.co.jp/kobayashi_27_28/folder/891467.html

この記事に

このページへのコメントは、↑の文字をクイックください
                 
イメージ 1
↑は100号発行記念の交流会の模様
                 今回は、野外での焼肉大会です

 下記ののようなハガキを発送します
 全員(特に身内みたいな関係者)には届かないと思いますので、出欠の連絡をお願いします
        『ハガキが こんち はらかかんごっね(笑)』


第1回霧島中央新聞読者の会開催のお知らせ

世話人 森山貴弘 吉村真一


残暑の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

日頃は霧島中央新聞をお引き立ていただき、ありがたく御礼申し上げます。

さて、下記のように『霧島中央新聞読者の会』を計画致しました。


発行以来10年を過ぎ第123号を迎えています。地元の新聞を応援し、

編集責任者大薗良一君を囲んでの叱咤激励や読者同士の交流を目的とする楽しい催しです。

是非ご参加ください。読者でない方も大歓迎です。

日 時 8月22日(土) 18:00〜
場 所 ヤマダ電機西隣(碕山宅 白黒色の駐車場)
会 費 ¥1500/人(焼肉&花火大会)
お願い 飲み物を持参ください

準備の都合ため、8月20日までに出欠を連絡ください

連絡先 吉村真一 0984-23-3300
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/08/3f/tacky777tacky/folder/863742/img_863742_19216175_1?1196691718.gif

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/08/3f/tacky777tacky/folder/892891/img_892891_16759445_36?1204389808.gif
ビール、焼酎、ジュースなどは、できるだけ各自持参

           シジミのみそ汁、おにぎり、お肉等は準備しま〜す



今日のブログいかがでしたか?
https://local.blogmura.com/img/local88_31_lightred_2.gif
にほんブログ村 地域生活(宮崎県)ブログへ(文字をクリック)
↑↑☆★☆↑応援をお願いします↑↑↑
        

ここから訪問された方はTOPも是非ご覧ください♥WelCome 表玄関へ♥
http://blogs.yahoo.co.jp/kobayashi_27_28/folder/891467.html

この記事に

イメージ 1 小野湖舞台に方言劇 発見塾が発表会 2008年02月23日



小林市の地域おこしグループ「小林おもしろ発見塾」(大薗良一塾長、38人)の発表会は23日、

須木総合ふるさとセンターであった。

方言を交えた劇「小野湖物語」を上演し、観客から大きな拍手を浴びた。

50年前の綾南ダム建設によってできた須木地区の小野湖が舞台。

水没した小野地区に住んでいた老人の「もう一度集落を見たい」という願いを孫娘たちがかなえる内容。

大薗塾長が元住民に当時の集落の様子を聞くなどして脚本を書き上げた。
イメージ 2


松ケ迫さん、柳田さん、清水さんら塾生の皆さんの頑張りや良ちゃんの脚本、演出の「小野湖物語」を
是非見に行きたかったのですが、当日は、急用のため見に行けませんでした、
                            残念で、残念で・・・・(涙)
「霧新100号の会」以来で、お世話になった皆さんに、お会いしたかったのですが・・・
        次回は、客員俳優(?)村人,如舞台に上がらして欲しいなぁ〜 ムリ??


https://local.blogmura.com/miyazaki/img/miyazaki88_31.gif(下の文字をクリック)]
ブログランキング:にほんブログ村 ←元気の出るクリック、応援よろしくね♪

  ここから訪問された方はTOPもご覧ください 
♥WelCome 表玄関へ♥ http://blogs.yahoo.co.jp/kobayashi_27_28

【ご訪問ありがとうございます。是非、また遊びにいらしてくださいね(*^_^*)】


この記事に

霧新100号記念「しみじみの里」創刊号販売


イメージ 1

「偉大なる田舎」を目指そう

    霧島は 霧にかくれて 赤とんぼ (俳人 種田山頭火作)

 種田山頭火の句が示す風景は80年経った今でも朝な夕なに眼前に姿を見せてくれます

 「偉大なる田舎」を磨き上げて新しい価値を創り出す地域づくりのため

   「しみじみの里」を発刊しました。是非購入下さい
 内容  ]∈棔嵬邵攘残錙廖      〆遏々眈勝‥
    ◆/卓へ山野草(西諸の山野草) 作 夷守 仁
     走る 谷口浩美講演録
    ぁ仝塀婬・前篇         原作 大薗 初二
    ァ,△辰海了裕─淵ラー挿絵)  作・文 三島敦子
    Α\晶点描・30篇
    А〔_茵Δ掘爾廖爾舛磴鵝    〆遏,△い風子
           (A4版の116ページ)

 購入先:霧島中央新聞社 
         〒886−0004 宮崎県小林市堤3135−3 
       
       FAX 0984−22−7424
       メール rixouma@ybb.ne.jp
       TEL 0984−23−9960
       価 格 ¥1000−(送料¥100)合計¥1100  です
(表紙写真)撮影 鶴丸俊郎氏(レストラン ふじや}
えびの高原から小1時間でたどり着く大浪池では、12月の寒が入る頃になると、結氷が見られる。
氷が解けて散乱して厚さ1mmほどになった時、このような光の芸術が出現する
この氷のスペクトルは、大浪池に入水して竜になったという「お浪伝説」のお浪かも・・・・




https://local.blogmura.com/miyazaki/img/miyazaki88_31.gif(下の文字をクリック)]
ブログランキング:にほんブログ村 ←応援よろしくね♪

  ここから訪問された方はTOPもご覧ください 
♥WelCome 表玄関へ♥ http://blogs.yahoo.co.jp/kobayashi_27_28

コメントの記入方法

この記事に

実行委員会解散式

盛会「霧島中央新聞100号を祝う会」実行委員会解散式


 大薗ご夫婦、久保先生ご夫婦、実行委員の同級生、おもしろ発見塾のみなさん 総24名で

 感謝や反省や慰労を込めて、解散式を10月31日に開催しました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 19時丁度に第1回目の乾杯、遅れてくる人が来るたびに乾杯、4回ぐらいの乾杯でみんなが揃い、
 
 久保実行委員長の挨拶、会計担当の吉村君が会計報告。

イメージ 4

イメージ 5

 収益ン十万円を、奥様にプレゼント。

イメージ 6

 歌と踊りで 盛り上がって、

イメージ 7

 そうそう 山形県在住の同級生の志田さんからの日本酒『300年の掟やぶり』を
  2升とも飲み干しました
 

イメージ 8

 今回の企画は、6月のミニ同窓会で「みんなで お祝いすいがぁ!!」となり実現しました。
 頑張っている良ちゃんの素晴らしい人柄にみんなが惚れて、元気な実行委員会を立ち上げる事が
 出来ました。同級生とおもしろ発見塾のみなさんとも息がピッタリで楽しく祝う会を終了できます。
 ご協力、本当に有難うございました。

 あっちゃんも、しーぷちゃんも ありがとう!!

 霧島中央新聞も200号に向ってスタートしました。これからも地域おこしの新聞として
 良ちゃんはまた頑張っていくでしょう、僕らの夢を乗せて・・・・・
 こらからも、みんなで少しでもバックアップして行きましょうね!!
 

 

https://local.blogmura.com/miyazaki/img/miyazaki88_31.gif(下の文字をクリック)]
ブログランキング:にほんブログ村 ←応援よろしくね♪

この記事に

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事