フィリピン・ネグロス島(主にバコロド)の話

ネグロス島を行き来して35年、これから先15年を目指して?

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全551ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


イメージ 1

 「老後に2,000万円必要か。大騒ぎになったな」。筧家のマネー論議は今夜も良男が口火を切ります。「基本は長く働くこと。厚生年金の加入年齢も上がるかもしれないしね」と幸子。すると恵が「頑張ってね、パパ。でも厚生年金ってそもそもどんな制度なの?」。
 
 筧(かけい)家の家族構成
  筧幸子(48):良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
  筧良男(52):機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
  筧 恵(25):娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
  筧 満(15):息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。
 
 筧良男:厚生年金は主に民間企業に勤める人が加入する年金保険の制度なんだ。日本の公的年金制度は2階建てといわれるけど、厚生年金はその2階部分を指すんだよ。恵もお父さんも、毎月の給料や賞与から厚生年金の保険料が天引きされてるだろ。それが年金の給付などに充てられているんだ。厚生年金の受給者は1階部分に当たる基礎(国民)年金も併せてもらうから、自営業者などの国民年金の受給者よりも一般に年金額が多いとされているよ。

イメージ 2

 筧恵:さすがベテラン会社員。それで、加入年齢の引き上げを検討するってどういうこと?
 
 筧幸子:厚生年金は会社などに入って働き始めると加入するので10代で入る人もいるわね。一方で年齢の上限には決まりがあって、以前は64歳までだったけど、2002年度に69歳まで延びたの。それを70歳以上も可能にするということのようね。長く働いて保険料も長く払うわけだから、もらう年金額も増えるというわけ。
 
 良男:いつまでも働きたいという人にはいいけどな……。
 
 幸子:長生きの人が増えて老後に必要な資金をどう手当てするかに注目が集まっているわ。長く働いたり、もらい始めを遅らせたりして年金額を増やすのも有効な手段よ。
 
 恵:近ごろは「人生100年時代」という言葉を毎日のように耳にするものね。
 
 幸子:そうね。だから年金制度も長生き時代に合わせる必要があるのだけど、そのひとつが厚生年金の加入上限年齢を引き上げようという議論なの。70歳を超えても加入して働ける人は一部なのでしょうけど、保険料を半分負担する企業からは慎重な声も出てきそう。今後に注目したいわね。
 
 恵:確か、厚生年金の加入者は第2号被保険者だったわね。
 
 幸子:昔は会社員向けの厚生年金と、農林漁業者や自営業者らの国民年金は別々に運営されてたの。1985年の年金制度の改革で、国民年金は20〜60歳の居住者全員が加入する制度に変わって、その上に厚生年金が乗っかる形になったのよ。そのとき第1号から第3号という3種類の国民年金の被保険者もできたわ。第2号は厚生年金の加入者であると同時に、国民年金の加入者でもあるのよ。
 
 良男:ふーん、ところで保険料はどう決まるの?
 
 幸子:会社員は厚生年金と国民年金の両方に加入するけど、給料から引かれるのは厚生年金の保険料だけ。とはいっても国民年金を払っていないわけではなくて、国民年金に必要な資金は厚生年金から移転されてるのよ。国民年金の保険料は定額だけど厚生年金は定率。給料や賞与(標準報酬月額や標準賞与額)に決められた料率を掛けて計算した額を、会社と折半して負担するのね。厚生年金の保険料は会社側に納める義務があるので、会社は従業員に払う給料などから本人負担分の保険料を天引きし、会社負担分と合わせて納めているの。

イメージ 3

 恵:料率はどのぐらい?
 
 幸子:以前は年金の給付額を決めて、それに見合った保険料を集めていたけど、高齢化が進んで年金受給者が増えると必要な保険料がかさんで、料率が際限なく上昇しちゃうでしょ。それまでの給付水準を維持するにはなんと、25.9%の料率が必要との試算もあったのよ。
 
 良男:えっ。会社と折半とはいえ、給料の12%以上もの保険料を払う計算じゃないか。
 
 幸子:大変なことよね。そこで「考え方を変えて、保険料率の引き上げを18.3%で打ち止めにして、その範囲内で給付の水準を調整することにした」とニッセイ基礎研究所の中嶋邦夫主任研究員は説明していたわ。それが2004年に導入された「保険料水準固定方式」なの。
 
 良男:私たちの負担は半分の9.15%というわけか。
 
 幸子:毎年少しずつ料率は上がってきて、2017年9月に上限の18.3%に達したので、中嶋さんによると「以降は給料の増減で保険料の金額が変わることはあっても、料率は変わらない」そうよ。
 
 恵:公務員を対象にした共済年金というのもあったよね。
 
 幸子;2015年10月に公務員や私学教職員の共済年金を厚生年金に一本化する改革が行われたの。「被用者年金の一元化」というものね。400万人以上の人が厚生年金に転換した結果、厚生年金の被保険者数は一気に増えて、4,000万人を超えたのよ。

イメージ 4

 良男:それとは別に、短時間労働者の厚生年金加入も増えていると聞くよ。
 
 幸子:厚生年金の適用基準は、以前は正社員の労働時間の4分の3(所定労働時間が週40時間の場合は30時間)以上だったの。それが2016年10月に週20時間以上、賃金月額8.8万円以上、勤務期間1年以上などに緩和されたの。当初は従業員規模が501人以上の企業が対象だったけど、2017年4月には労使合意があれば500人以下の企業も可能になったのよ。これまでに40万人以上が適用拡大の対象になっているわ。女性は40〜50代、男性は60代のシニアが多いようね。
 
 ※適用一層拡大へ要件見直しも:大和総研研究員 佐々木あぐりさん
 厚生年金の適用拡大の議論は2000年ごろから本格化しました。パートやアルバイト、契約社員や派遣社員など、既存の制度に収まらない働き方が増えたからです。高齢化が進む中で働き手を増やすには、これらの人も取り込む必要がありました。働く側も年金額の増加など様々な給付メリットを受けることができます。
 
 2019年1月現在で43.3万人の短時間労働者が厚生年金に加入しました。国は9月末までにさらに適用を拡大することを検討する見通しです。現在は同じ条件で働いても、従業員が500人以下だったり、一部の特定業種だったり、勤め先によって厚生年金の適用か否かが異なります。保険料の半分を負担する企業側の反対もありそうですが、まずはこれらの要件から見直されるのではないでしょうか。(日経スタイル等より)





 少子高齢化で人生100年時代に向かっている日本。失われた30年で経済成長もせず、デフレからも脱却できないでいる。年金に対してまだまだ厳しい状況が続きそうだ。











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


 経営再建中のマレーシア航空の救済に、同国格安航空会社(LCC)エアアジアの元会長が率いる投資家グループをはじめ4者が名のりを上げた。政府は新規出資を受けて再建を加速させる狙いだ。ただマハティール首相は「解雇はさせない」などの条件もつけており、抜本的な立て直しが実現するかは不透明だ。

イメージ 1
マレーシア航空は新たな出資で再建を果たせるか=ロイター
 
 マハティール首相は現地メディアに明らかにした。同首相は「(提案者の)多くがマレーシア企業」だとし、「すべてを検討する」と語った。
 
 このうちエアアジア元会長のパハミン・ラジャブ氏らによる提案は株式の49%取得を目指す。同氏はマレーシア航空の資産査定を始めると首相に報告した。提案にはエアアジアは関与していないとされる。また6月にマレーシア航空との戦略提携で合意したシンガポール航空は出資には消極的な姿勢を示している。
 
 マレーシア航空は2014年の2件の墜落事故で経営難に陥り、同年、完全国有化された。政府投資ファンドのカザナ・ナショナルが60億リンギ(約1,570億円)を投じ、6千人解雇などのリストラに乗り出したが、再建は難航していた。
 
 マハティール氏は3月、同社の売却や解散も視野にいれていると明かした。政府は前政権から引き継いだ1兆リンギの債務解消を急いでいる。政府には、2015〜2017年の3年間の赤字額は合計で24億リンギに上り、赤字脱却のメドが立たないマレーシア航空を支え続ける余裕はない。
 
 しかし同氏は「(全株を保有する)株式の過半数を手放してもいい」とする一方で「政府の発言権は維持する」と述べた。社名を変えず、解雇をしないことを買収条件に挙げた。同社は政府傘下で繰り返し再建に失敗してきた経緯があり、アナリストからは「国の意向に左右されず、ゼロから立て直す必要がある」との声も出ている。(日経新聞等より)





 既存航空会社(FSC)のマレーシア航空、同じマレーシアにはアジア最大の格安航空会社(LCC)に育ったエアアジアもあり苦戦している。航空機事故を起こしたマレーシア航空は、LCCの価格に対抗できるサービスを見出さない限りは難しいと思われる。SFCとLCC。共存共栄を目指して、頑張って欲しいものだ。











開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)


 次世代風力発電機「垂直軸型マグナス式風力発電機」を開発する株式会社チャレナジー(本社:東京都墨田区)は、「今年3月末に、既存株主であるTHK、新規株主となる第一生命保険、小橋工業、スカパーJSATを引受先として、第三者割当増資による資金調達を実施した。資金調達総額は、チャレナジーとして過去最大額となる約5億円」と発表した。
 
 チャレナジーは今回の資金調達により、現在沖縄県石垣島で実証実験中である定格出力10kW機の改良、本年中にフィリピンで予定されている量産機の建設、2020年の量産販売開始に向けたサプライチェーンの構築等に充当する。
 
 また、今回の出資は事業連携の強化も目的としており、THK株式会社とは風車の中心部を担う軸受の製造に加え、量産体制の構築に向けた製造方法やコストダウンの検討を更に加速させる。スカパーJSAT会社とは、衛星通信との組み合わせにより災害時でも電力と通信を継続使用できる防災システムとして国内外で共同での販路拡大を目指す。第一生命保険においては、今回の投資はESG投資の中でも社会的課題を解決すると同時に金銭的リターンを目指すインパクト投資だけでなく、同社物件への量産機の導入も共同で検討していく。
 
 <垂直軸型マグナス風力発電機について>

イメージ 1

 プロペラの代わりに、回転する円柱が風を受けたときに発生する「マグナス力」を用いて風車を回すことで発電する垂直軸型の風力発電機である。円柱の回転数を制御することで風車の暴走を抑えることができるため、平時のみならず、台風のような強風時でも安定して発電し続けることができる。また、垂直軸型にすることで、あらゆる風向に対応できる。さらに、一般的な風力発電機と比較して低回転のため、騒音やバードストライクなど環境影響の低減も期待できる。
 
 「マグナス力」とは回転する円柱または球が一様流中(風や水の流れの中)に置かれたときに、その流れの方向に対して垂直の方向に力が働くことを「マグナス効果」といい、こうして生み出される力(揚力)がマグナス力である。野球のカーブボールやゴルフのスライスといった現象も同じ原理によるものである。
 
 既存の風力発電機でも、「台風でも壊れない」ものはあるが、チャレナジーが開発する「垂直軸型マグナス風力発電機」のように、「台風でも発電できる」可能性を秘めた技術は見当たらない。大型の台風一つのエネルギーは、日本の総発電量の約50年分に相当するという国土交通省の試算がある。チャレンジャーはこの莫大なエネルギーを電力に変える風力発電機の実用化を目指している。
 
 チャレナジーにとって、フィリピンは、今後の経済成長が見込まれる一方、日本と同様、7,000以上の島で構成される島国であり、且つ毎年台風が襲来することから、チャレナジー風力発電機の普及による社会課題の解決が期待できる重要市場と位置付け、2015年より現地進出を模索してきた。2017年10月には、フィリピン国家電力公社(Napocor社、本社:フィリピン・マニラ首都圏)と、フィリピンにおける「垂直軸型マグナス風力発電機」の普及に向けた共同実証の実施に関する合意書を締結した。
 

 2018年10月には、Natures Renewable Energy Development Corporation(NAREDCO社、本社:リサール州カインタ市)との間で合併会社の設立に合意した。この合弁会社の設立を通じて、NAREDCO社のフィリピンにおける再生可能エネルギー分野の専門知識や販売ネットワークを共有し、チャレナジーの「垂直軸型マグナス式風力発電機」の販売力をより強化し、積極的な事業展開を実施して行く方針。NAREDCO社は、フィリピンにおいて大規模太陽光発電やバイオマス発電のプロジェクトを通じた豊富な経験とノウハウを有している民間企業である。

 
 そして、今年1月21日、フィリピンでの事業展開を加速させるべく、JETRO・マニラ事務所内のビジネスサポートセンターに仮オフィスを設置した。初めての海外拠点設立であり、今後は、昨年合意した合弁企業の設立を経て、現地進出を加速させて行く方針と表明されている。(チャレナジー等より





 台風等にも強い「垂直軸型マグナス風力発電機」。フィリピンにあった発電機かも知れないですね











開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)


 フィリピンのドミンゲス財務相は、米ワシントンで開かれた世界銀行主催の「フィリピン・デー・フォーラム」で、2019年中にもフィリピンが上位中所得国の仲間入りが可能だとの見方を示している。実現すれば、目標の2022年から大幅な前倒しとなる。
 
 ドミンゲス氏は「フィリピンの発展は世銀に負うところが大きい」とこれまでの支援に謝意を示しつつ、ドゥテルテ政権下の大規模インフラ開発計画「ビルド・ビルド・ビルド」で景気浮揚を図るなどして、世界有数の高い経済成長を続けていると実績を強調した。年内に上位中所得国入りを果たすと自信を示した。
 
 世界銀行によれば、フィリピンは現在、1人当たり国民総所得(GNI)が996米ドル(約1万700円)〜3,895米ドルとされる下位中所得国に分類されている。現政権は2022年に上位中所得国(3,896〜1万2,055米ドル)、2040年に高所得国(1万2,056米ドル以上)入りを目標に掲げてきた。
 
 フィリピンは2018年に国内総生産(GDP)成長率6.2%を達成。国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は2018年9月に、「2019年のGDP成長率が4.4%以上なら、1人当たりGNIは4,000米ドルを超える」と予測している。(NNA等より)





 国が経済成長して国民総所得が増えるのは良いが、物価上昇を抑える政策をもっとやって欲しいものだ。数字だけ上がるのでは、貧困層の生活が大変なので、政府は合わせて対策を考えて欲しいものだ。











開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


 夏の夜は暑く、寝付けないことが多い。ストレスによる自律神経の乱れが要因となるほか、眠りに必要な体温を下げることができない。寝る前に簡単な運動をしてリラックスすると心地良い睡眠につながる。

イメージ 1
寝苦しい夜は、簡単な運動でリラックスするといい。(モデルは早稲田大学スポーツ科学学術院非常勤講師・渡辺久美、以下同)
 
 夏の夜になかなか眠れないのは、体温が下がりにくいことが関係する。人は体の内部の温度が下がることで眠りにつきやすくなるという特性があるが、気温が高いと体温も高い状態が続き寝付けない。
 
 また、自律神経の乱れも眠れない要因の一つだ。本来、活動時に働く交感神経と安静時に働く副交感神経が適切にバランスをとり、覚醒と睡眠がスムーズに行われる。ところが、ストレスが長時間続くと、夜になっても交感神経が高ぶったままとなり、眠りにつくことが難しくなる。
 
 そこで効果的なのが眠る前の簡単なストレッチだ。軽い運動によって血行が良くなり、その後の体の熱の発散が効率的に進む。さらに、背中や首、脚や尻の筋肉の緊張状態を解きほぐすことで、自律神経の働きが安定する。
 
 まずは、体のこわばりをほぐそう。寝転んで意識的に全身の力を抜く。続いて「緊張」と「脱力」を繰り返す。肩をギュッと引き上げると同時に脚を伸ばして踵(かかと)を押し出す。5秒程度力を入れてストンと脱力する。3回程度繰り返す。次は「両膝かかえ」。両膝を抱えて15秒程度リラックスし、腰の緊張をほぐす。

イメージ 2

イメージ 3

 次に自律神経のバランスを整える。まずは「起き上がり小法師運動」。両膝の裏に手を添え、ゴロンゴロンと起き上がり小法師のように、前後に5回程度体を揺らす。次は両脚を抱えて左右に体をゆらす「背中ほぐし」。心地よさを実感しながら行うといい。

イメージ 4

 また、筋肉の緊張が解けにくい尻を弛緩(しかん)する「お尻ほぐし」もお勧め。まずは両膝を立て片足をもう一方の膝に掛ける。足首あたりが掛かるようにする。そのまま15秒程度深呼吸を繰り返す。物足りない場合は、立てている脚の太腿に手を添えて引き寄せてもよい。力まずリラックスし、呼吸に集中する。

イメージ 5

 パソコンやスマートフォンの操作が多い人は、目、首、肩にも緊張が残っている場合がある。頭の後ろに軽く手を添え、息を吐きながら、ゆっくりと軽く頭を斜めに持ち上げてみよう。楽に呼吸ができる程度で行い、無理に引き上げないように注意する。

イメージ 6

 最後は、「腹式呼吸」。両脚をやや大きく開き、下腹部に手を添えて目を閉じる。5秒程度かけて、大きく息を吸いながら下腹部を膨らませる。そして8秒程度かけて息を吐く。これを10回程度繰り返す。リラックスできてくると途中で眠くなることもある。そうなれば、その機を逃さずに、そのまま眠ればいい。

イメージ 7

 寝る直前までスマホをみるのは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を妨げるので避けた方がいい。そして、朝には太陽光を浴びるように心がける。朝日には体内時計を整える働きがあり、朝日を浴びた約16時間後にメラトニンの分泌が増える。まずは、日々の生活習慣を見直し、心地よい眠りで活発な日々をすごしていただきたい。(日経新聞等より)





 私の場合は、すぐに眠りについてしまうため、この自律神経を整えるストレッチをしたことが無いが、寝苦しい時はこれを試してみれば如何と思います。(笑)











開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全551ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事