たそがれ松のみちくさ日記

ご訪問有り難うございます。小さなことからコツコツと、『身の丈』にあったブログを目指しています♪

全体表示

[ リスト ]

寄り添う

イメージ 1


5月26日、すまコミュニティビジネス大学(すまCB大学)でご一緒だった川崎さんと川崎さんの仲間の方々が、名谷南会館において、「かんたん!オシャレな水引作り」のイベントを開催されました。川崎さんは、一人ひとりにとって、心地の良い社会を理念(私的な解釈は、障がいがあってもなくても皆一緒の社会の実現かな?)に、「Connect GOODness」という任意団体を立ち上げ、今回が初レビューのイベントです。

イメージ 2


すまCB大学で学んだ石井さん、宮崎さんを含め計4人が参加、色んな方面でスタートアップをしているメンバーがいるのは、その大学を主宰した石澤さんの努力のおかげ、改めて石澤さんに感謝です。

会場に行くため、久しぶりに須磨ニュータウンの名谷団地を訪ねました。ご承知の通り、この団地の土砂はベルトコンベアとプッシャバージで運ばれ、ポートアイランドの埋立てに使われました。そして、その後には緑豊かなニュータウンになっています。

しかし、今その団地は、高齢化の波に呑まれ、まさにオールドタウンになっています。既存のマンションに空き家が点在していますが、その一方、残っていた公共公益用地?を不動産業者に売って、新たなマンションが建設されています。

そうした中、今回のイベント参加者の中で、障がい者、高齢者がこの地域で暮らしていけるためにどうすればよいか、まずは出来ることから実践し、そして、その地域のビジョンを持っている方々がいらっしゃいました。

しかし、どのように行政や関係機関にアプローチしたらよいか、わからない…。また、かつては、行政の方も意見を真剣に聞いてもらって、それぞれの妥協点を探した経緯もあるが、今は過去の引継ぎもなく、自分の任期中に、例えば土地を処分して、単に儲かったらええという人が増えて、地域のことを考えていないのではとのご意見もありました。

そうそう、前日の26日の神戸大学名誉教授保田茂先生が主宰するビレッジライフ懇談会は、「北播磨の農業の現状と将来」と題して、加東農林振興事務所長の萬谷信弘さんの講演がありました。最後、萬谷さんが、兵庫県職員として職員募集ポスターから引用され、「(全県)人の「県民の福祉の増進を図る」のが兵庫県の仕事。つまり、人の数、その幸せの数だけ、サポートをする仕事がある」のを紹介され、そして、こんな気持ちでこれからもがんばります!と締められていました。

イメージ 3


このように行政関係者の方も地域住民に寄り添って、地域住民と共にアイデアを出し合い、住みやすい団地にすれば、報道にあった須磨が消滅可能性都市というのが避けられそうな気がします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事