全体表示

[ リスト ]

看護協会から「協会ニュース」の号外が届いた。
保助看法は昭和23年に施行されていらい、60年間ほとんど改正がなかった。
看護婦、助産婦、保健婦が看護師、助産師、保健師と名称が改正になっただけで、基礎教育については全く手つかずであった。
この60年間の医療の進歩の中で、医師、薬剤師、栄養士、心理士など改革がされてきたのに、全く看護師の教育だけが置き去りにされてきたのだ。
やっと他職種協働の土俵に乗れる看護師教育ができるというもの。

准看護師廃止も2000年に成立予定であったが、1999年日本医師会の猛反対によってひっくり返された。
それ以来、基礎教育改革は看護職にとって悲願であった。

7月9日に基礎教育改革が衆参両院で可決された。
文言としては、
保健師助産師看護師法の一部改正
一 受験資格の改正
1,2には保健師・助産師の修業年限が半年から1年に延ばされた。
看護については
3 看護師国家試験の受験資格を有する者として、文部科学大臣の指定した大学(短期大学を除く。)において看護師になるのに必要な学科を修めて卒業したものを明記すること。
それと研究のついての文言が明記された。

3については明記するだけでは実情としてはどうなんでしょうか?
一気に大学化に進行するとは思えないが、基礎教育は大学でするのがよいという基本方針が定まったことは大きな成果だと思う。
協会長の久常先生の手腕は素晴らしいと思う。
あとは准看護師廃止を法制化して欲しいものだ。

この記事に

閉じる コメント(2)

先日ニュースで流れた時、あまりにも短く一瞬だったし、その後関連のニュースも耳にしなかったので、聞き違いかと思ったほどでした。
朗報となって欲しいですね(@^0^@)

2009/7/15(水) 午後 1:11 凛さ 返信する

顔アイコン

私などテレビもないので、今日の号外を見るまで知らなかったです。
ネシアの方が情報が早いですね。
大学化は20年遅れましたよね。
でも我々が目の黒いうちに実現し良かったです。
今演習とその片付けが終わって部屋に戻ってきました。
週なかばで力尽きています。

2009/7/15(水) 午後 6:56 [ koc*i20*740* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事